今日も『駐韓日本公使館記録2』から見ていきたいと思います。
これも、前回までの『公信第405号』と同様に、在京城二等領事内田定槌から大鳥へのもので、内容的にも荻原警部の復命書になってるものです。

そんでは早速、1894年(明治27年)7月11日付『公信第21号』より。

清兵動静視察の為め、去る6日を以て水原地方へ出張致候当館荻原警部の一行は、一昨9日を以て帰館し、別紙の通り復命書を差出候。
右復命書の要領は、清兵が水原を経て入京する準備は已に一通り相整居候得共、果して入京すべきや否や、又た入京するとすれば何時頃水原を通過するものなるや判然せざるに付、更らに時日を俟って之を確むる為め、同行者の内日本人1名及韓人1名を同地に止め置き、一応帰館したる趣に御座候。
右復命書相添此段及具報候。
敬具
10月27日のエントリーで、7月4日に全州等から帰ってきてた荻原警部ですが、その2日後の7月6日にはもう水原地方へ。
ハードだなぁ・・・。(笑)

で、7月9日に帰ってきて別紙のとおり復命書を提出した。
復命書の概要は、清国兵が水原経由で京城入りする準備は、既に一通り済んでるけど、マジで京城入りするのかどうかや、もし入京するとしたら何時頃に水原を通過するのかハッキリしなかったため、更に何日か待って確認するため、同行者のうち日本人1名と朝鮮人1名を水原地方に止めて、一応帰ってきたってことらしい、と。

で、続いてその別紙復命書について。

清兵動静視察として水源地方に出張を命ぜられ、7月6日京城出発。
同日水原に着したり。
同地にて探偵するに、一も確実なる事実を得ず。
依て翌7日、進で振威縣に至り偵察をなしたり。
同縣庁には、薪糧米馬料等の用意はなし居るも、之れは余程以前より準備致置きたるものにして、清兵の入京は何時か確かならざる由なりしが、8日朝に至り、清人1名韓人旗手2人と共に振威に来りたるに、同縣官は其旅舎を訪問したり。
其際の談話によれば、本月6日聶大人全州に赴きたり。
多分今明日中には是非天安迄帰来るべし。
左すれば、直ちに兵を率ひ入京の都合なれば、飮食物の用意をなすべしと縣官に頼みたりとの事を探聞せり。
途中、清兵は成歡駅にある如き風説ありしに付同行の韓人を同地に遣したるに、同駅には清人1名のみにて、総て公州に集りたる兵は天安迄帰り来りしものなりと復命せり。
其他旅人等より聞取る処によるも、天安に屯し居るは事実にして、其員数は2,000名以内ならんとの事なり。
右の如くなれば、到底4、5日を過ぎざれば入京の事実も確かならざるものと察し、8日振威を発し水源に1泊せり。
同地にても、余程以前より村々に命じ飮食物等の用意は調ひ居るとの事なり。
9日水源を発し、途中果川にても偵察をなせしに、矢張水源振威等と同じく夫々用意は致し居るも、未だ日時は確定し居らざる趣なり。
帰京の際、同行の日本人1名、朝鮮人1名は水源に止め置き、清兵入京に付確実なる事実を得ば、急報すべき旨を命じ置きたり。
清国兵の動向調査を命じられ、7月6日に京城出発し、その日のうちに水原到着。
水原で探ってみたけど、一つも確実な情報無し。

ってことで、翌7日には振威縣まで行って偵察。
振威縣には薪や食糧や馬の餌の用意はしてるけど、これはかなり前から準備してあったもので、清兵の京城入りがいつになるかは確かじゃないって話だったけど、7月8日の朝になって清国人1名と朝鮮人2名が一緒に振威に来たわけです。

で、振威縣官は彼らの宿泊場所を訪問。
その時の話では、7月6日に聶が全州に向かった。
多分、今日か明日には天安まで帰ってくるだろう。
そうなれば、直ちに兵を率いて京城入りするんで、飲食物の用意しといてよ、と縣官に頼んだという事を聞いた。

途中、清兵が成歡駅に居るっつう噂を聞いたので、同行してた朝鮮人を成歡駅に派遣すると、成歡駅には清国人が1人いるだけで、公州に集まった兵は天安まで帰ってったとの報告。
他に、旅人なんかから聞いた話からしても、清国軍は天安に駐屯しているのは事実であり、その数は2,000名以内だろうという事だ、と。

ってことなんで、4~5日くらい経たないと入京の事実も確定しないだろうと思い、7月8日に振威縣を出発して水原1泊。
水原でも、かなり前から村々に命じて飲食物等の用意は終わってるって事だ、と。

で、7月9日水原出発。
途中、果川でも偵察したけど、やっぱり水原や振威等と同様にそれぞれ用意はしてるけど、まだ日時は確定していない様子だ、と。

ってことで、帰ってくる時に日本人1名と朝鮮人1名は水原に残し、清国兵の入京について確実な事実を得たら急報するように命じておいた。

清国軍が水原経由で入京って話は、5月30日のエントリーの混成旅団報告あたりからずっと言われてる事ですね、
この辺、威海衛あたりの出兵軍備と同様で、準備は整ってるけど実際の行動はまだ、みたいな。
まぁ、実際に行動したら、イコール戦争の火種なわけですが。

さて。
次からはアジ歴の史料から、英文史料を見ていきたいと思います。
まずは、『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/2 明治27年6月20日から1894〔明治27〕年7月12日(レファレンスコード:B03050308200)』から。
49画像目左側が英文、49画像目右側から50画像目が訳文になっている、大鳥から陸奥への1894年(明治27年)7月11日付『電受第401号』より。

Mutsu,
Tokio

(22) Under my strong pressure Corean Government have been compelled to accept my draft for administrative reform and three committees have been appointed.
I have met them 七月十日 and presented my detailed draft, but I believe the conference with those committees will not lead to effectual reform because Corean Government really are not disposed for any reform, and because Chinese party is gaining greater power in the court.

Otori


電信訳文

本使より厳しく迫りたる所あるが為め、朝鮮政府は無拠本使より提出したる国政改善案を受納し、委員3名を任命したり。
本使は、昨10日該委員と会し、該案の明細書を提出せり。
然れども、本使に於ては該委員との会議よりして有効の改善を遂ぐるに至らざるべしと信ず。
何となれば、朝鮮政府に於ては実際何等改善を為さんと欲する意なく、且つ支那党が宮中に於て益々勢力を加ふるが故なり。
大鳥が厳しく迫ったので、朝鮮政府はやむを得ず大鳥が提出した国政改善案を受け取り、3名の委員を任命した。

で、大鳥は7月10日に3名の委員と会い、国政改善案の明細書を提出。
この明細書ってのは、10月6日のエントリー10月8日のエントリーでやった、1894年(明治27年)7月9日付『機密第121号 本70号』の別紙丙号の事でしょうね。

だけど、大鳥は3名の委員との会議によって、有効な改革を遂げる事は出来ないと信じている。
なぜなら、朝鮮政府では実際何も改善をしようという意欲は無く、しかも支那党が宮中で益々勢力を増してるからだ、と。

能力的な問題もあるよね、ってツッコんじゃ駄目?(笑)


ってところで、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(五十一) 日清戦争開戦まで(百一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(五十二) 日清戦争開戦まで(百二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(五十三) 日清戦争開戦まで(百三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(五十四) 日清戦争開戦まで(百四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(五十五) 日清戦争開戦まで(百五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(五十六) 日清戦争開戦まで(百六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(六十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(七十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(七十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(七十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(七十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(七十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(七十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(八十)
日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(八十一)
日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(八十二)
日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(八十三)
日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(八十四)
日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(八十五)
日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(八十六)
日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(八十七)
日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(八十八)
日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(八十九)
日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(九十)
日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(九十一)
日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(九十二)
日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(九十三)
日清戦争開戦まで(四十四) 日清戦争開戦まで(九十四)
日清戦争開戦まで(四十五) 日清戦争開戦まで(九十五)
日清戦争開戦まで(四十六) 日清戦争開戦まで(九十六)
日清戦争開戦まで(四十七) 日清戦争開戦まで(九十七)
日清戦争開戦まで(四十八) 日清戦争開戦まで(九十八)
日清戦争開戦まで(四十九) 日清戦争開戦まで(九十九)
日清戦争開戦まで(五十)   日清戦争開戦まで(百)


AD