今日は前置き無しで早速。

前回の最後の史料で、「別紙の通り今朝発電に及びたる次第」とされていた、その別紙に該当する電文から見ていきたいと思います。
アジア歴史資料センターの『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第二巻/1 甲午〔明治27年〕5月初9日から明治27年7月9日(レファレンスコード:B03030206100)』から。
1画像目。
上海の大越総領事から陸奥への、1894年(明治27年)7月6日発『電受第374号』。

Mutsu
Tokio

3. It is reported that Council of Ministers in Peking has decided to counsel the Emperor of China to resist by force our demand and recalled Special Envoy on the way to 京城.

Okoshi
北京の廟議では、日本の要求を武力により拒否するよう、清国皇帝に勧める事を決定し、京城に向かっている特使が呼び戻されたという報道がある、と。

んー、前回の話を見てたので「reported」を報道と訳せたけど、そういう知識皆無なんだからソースが何かを書かないと駄目じゃないんかな?

さて、続いては『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/2 明治27年6月20日から1894〔明治27〕年7月12日(レファレンスコード:B03050308200)』から見ていきたいと思います。
39画像目。
9月12日のエントリーで、京城からとんぼ返りするらしい栗野から陸奥への電信になります。
1894年(明治27年)7月6日発『電受第378号』。

Mutsu
Tokio

大鳥 manner of negotiations would not attain speedy result, while keeping foolhardiness for indefinite period is not only very difficult but will cause several disadvantages, Under these circumstances it seems to be highly recommendable that Japanese Government should send immediately special ambassador with extraordinary powers to effect our object.
I shall leave here immediately by 近江丸.

Kurino
大鳥の交渉方法では、迅速な成果は得られないだろう。
向こう見ずさを無期限に保持するのは非常に難しいだけでなく、様々な不都合を引き起こすだろう。
これらの状況下で、日本政府が、我々の目的を達成する驚くべき力を持つ特別大使を早急に送るべきであることを、非常に推薦する。
私は直ぐに近江丸で出発するつもりだ、と。

具体的な話が何も無いんで良く分からん。
憶測するなら、栗野の持って行ったのは内政改革に関する3つの文書なわけで、「keeping foolhardiness for indefinite period」とか見ると、抜本的改革したい大鳥と、7月16日のエントリーの内信程度の条件で良いって栗野の話とぶつかったって雰囲気なんだけど。
まぁ、憶測はヤバイので忘れよう。(笑)

兎も角、交渉について、大鳥じゃ駄目だから別の大使を特派した方が良くね?って話。(多分)

続いては、『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第二巻/1 甲午〔明治27年〕5月初9日から明治27年7月9日(レファレンスコード:B03030206100)』に戻って16画像目右側。
小村から陸奥への、1894年(明治27年)7月6日発『電受第380号』より。

Mutsu
Tokio

Weber left here for 京城.
He said that Russian Minister could not leave 天津 for the present as he was still in communication with 李鴻章.

Komura
ウェベルは当地を出発して京城に向かった。
彼は、ロシア公使がまだ李鴻章と連絡しているため、当面は天津を発つ事ができないと述べた、と。

結局、ウェベルって何しに行ったんだっけ?(笑)
3月4日のエントリーとか見ると、カシニーの離任に併せて新任公使がくるまでの代理として北京に向かい、結局カシニー残留で無駄足になったって事かな?

次。
同じく16画像目の、今度は右側。
青木から陸奥への、1894年(明治27年)7月6日発『電受第381号』。

Mutsu
Tokio

Most of influential English papers publish leading articles in conformity with my view that 天津 treaty conveys also on Japan right to protect and demand reforms and preserve the integrity of Corea.
Public opinion is worked to interest British Government in our favor.
Minister for foreign Affairs is anxiously waiting for your acceptance of French.

在英公使
最も影響力の大きいイギリスの新聞は、天津条約は、日本にも同様に改革を保護及び要求し、並びに朝鮮の保全に正当な権利を与えていると、我々の見解と適合する社説を載せている。
世論は、当方を受益者としてイギリス政府に関係させる役に立つ。
外務大臣は、フランスの支持を受けることを切望している、かな?

読みづれぇ・・・。

天津条約云々ってのは、その締結理念そのものと、やっぱり第2款が関係してんじゃねーかなぁ。


ってところで、ちょっと早めですが今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四) 日清戦争開戦まで(七十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五) 日清戦争開戦まで(七十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六) 日清戦争開戦まで(七十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七) 日清戦争開戦まで(七十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八) 日清戦争開戦まで(七十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九) 日清戦争開戦まで(七十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)   日清戦争開戦まで(八十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一) 日清戦争開戦まで(八十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二) 日清戦争開戦まで(八十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三) 日清戦争開戦まで(八十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四) 日清戦争開戦まで(八十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五) 日清戦争開戦まで(八十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六) 日清戦争開戦まで(八十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七) 日清戦争開戦まで(八十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)



AD