あっという間にお盆休みも終わり・・・。
何つうか、夏休みのある身分に戻りたい時期ですね。(笑)

さて、前回は史料1つしか紹介できませんでしたので、引き続いて英文史料を見ていきたいと思います。
今日も、アジア歴史資料センターの『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』から。
22→21画像目が英文で、23→24画像目が訳文になっています。

内容的に前回の1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』や8月8日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電送第269号』とほぼ同じなので、今回は訳文の方だけ取り上げてみたいと思います。
んでは、陸奥から北京の小村への、1894年(明治27年)7月1日発『電送第271号』より。

小村臨時代理公使へ電信訳

在日本露公使は、6月30日左の公文を齎らし来り、本大臣に交付せり。

(此処へ露公使の公文入る)1号を見よ

右に対する回答は閣議決定勅裁を経たる上にて送附せらるべし。
併し、右回答は多分露国の申入を拒む方ならん。
何となれば、日本は決して露国の指図に従ふべからざるものなればなり。
在英国日本公使は、6月29日附を以て左の通り電報せり。

英国外務大臣より本使に告げて曰く、在清英公使の報告に依れば朝鮮問題に付き日本を強制するの目的を以て、李鴻章より露国の斡旋を乞へりと。
斯る有様に立到りたる上は一大紛議を生ぜざるを保せず、其場合には英国にても拱手傍観すること能はずと。
英国外務大臣は、帝国政府より清国及朝鮮政府に向て提議せし要求の件を、閣下より通知せらるる様本使に請求せり。

在日本英国代理公使は、在清英国公使よりの申入に依り本官に告げて曰く、若し日本の提議にして独立及び擾乱の予防を基礎となし、属邦論は之を度外に置くときは、清国政府に於て之を受理するの意嚮なりといへり。
本大臣之に答て曰く、御申入の次第は彼是矛盾致し居り其意を了解するを得ず。
併し、若し御申込の次第にして苟も分明に説明せらるるに於ては、本大臣は欣然之を受理すべしと。
貴官は本電信の趣を内密に在清国英国公使に申含めらるべし。
ってことで、「属邦論は之を度外に置くときは、清国政府に於て之を受理するの意嚮なりといへり。」までは、前回の1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』とほぼ同じ。

で、更に在日本英国代理公使に対して、言ってる事色々矛盾してるし、意味わかんねぇけど、もしその申し込みについてハッキリ説明してくれれば、陸奥は喜んで受理するだろうと答えた、と。
この辺まで、8月8日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電送第269号』とほぼ同じ。

最後に、小村に対して、この電信の趣旨を内密に在清国イギリス大使に申し含めろ、と。

続いて、陸奥からイギリスの青木公使に対する電信。
同じく25画像目。
1894年(明治27年)7月1日発『電送第274号』より。

在英公使

You can inform Minister for Foreign Affairs about Russia as it is no more necessary to conceal after my long telegram of morning 七月一日.

Mutsu
ロシアに関してこれ以上秘密にする必要が無いので、7月1日朝の陸奥の長文電報に倣って、外務大臣に知らせてもよい、かな?

8月8日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電受第345号』で、ロシア公使~に関する全てを省略するなら、貴下の最後の電報は役に立たないだろうと青木が電信を寄越してましたが、それに対する返事と考えて良いのかな?

つうか、何でヒトロヴォとの対談については秘密なんだろ?

続いては、同じく25画像目が英文で、26画像目が訳文になっている、小村から陸奥への1894年(明治27年)7月1日発『電受第347号』。

Mutsu
Tokio

French Minister received report from Tientsin to the effect that fifteen 営 or about 7,500 of Chinese soldiers are to be despatched immediately and they will be landed at 平壌 in 平安道.
French Minister deprecates war but says French interest in Corea is only the protection of missionaries.

Komura


電信訳文

在清仏国公使は、天津より左の如き報知を得たり。
凡そ15営即ち7,500の清兵は、直に派遣せらるべし。
而して右清兵は、平安道の平壌に上陸すべし。
同公使は開戦を非とせり。
且つ曰く、朝鮮に於ける仏国の利害は、只宣教師を保護する事而已なりと。
在清国のフランス公使は、天津から次のような知らせを受けた。
約15営・7,500名の清兵が至急派遣され、その清兵は、平安道の平壌に上陸するだろう、と。

フランス公使は開戦を非としており、かつ朝鮮におけるフランスの利害は、ただ宣教師を保護することだけだと言ってる。

いやね、「開戦を非とせり」とか言われても、ロシアやイギリスが調停している最中、「乱が収まった」と自分でも言ってる地域に派兵する話なわけでね。
やる気以外の何があるんだ、と。
日本じゃなく、清国に向かって言えや。(笑)

今日最後の史料は、アジア歴史資料センターの『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/2 明治27年6月20日から1894〔明治27〕年7月12日(レファレンスコード:B03050308200)』から。
17画像目。
大鳥から陸奥への、1894年(明治27年)7月1日発『電受第356号』より。

Mutsu
Tokio

Secretly have been informed that 李鴻章 telegraphed to Corean Government to the effect that foreign powers disprove Japan's action in Corea; that she has fallen into dilemma; that China will make Japan withdraw her soldiers and therefore Corean Government should never listen to any proposal from 大鳥.
The above telegram being circulated in order to cheat Corean Government, Hope you will not agree to such proposal as to withdraw Japanese Chinese soldiers simultaneously.
袁 answered me officially morning 七月一日 that the proclamation of 聶 is genuine.


電信訳文

内密の手段を以て聞得たる所に依れば、李鴻章は左の如き電報を朝鮮政府へ送れりと云ふ。

諸外国は、今般朝鮮に於ける日本の行為を非難す。
日本は進退谷まれり。
清国は、日本をして其兵を撤回せしむべければ、朝鮮政府は大鳥より如何なる提議ありとも是に耳を傾くること勿れと。

右の電信は、全く朝鮮を欺かんが為めに流伝せられたるもの故、閣下は我兵を支那兵と同時に朝鮮より撤回せざらんことを望む。
袁世凱は、7月1日午前、公文を以て聶提督の宣言は実なりと答えたり。
内密の手段で聞き得た情報によれば、李鴻章は、諸外国は今回の朝鮮での日本の行為を非難し、日本は進退窮まっている。
清国は日本に撤兵させるだろうから、朝鮮政府は大鳥からどんな提議があっても、それに耳を貸すな、という電報を朝鮮政府に送ったという。

この電報は、全く朝鮮を欺くために流されたものであるため、陸奥には日本兵を清国兵と同時撤兵しないことを望む。
袁世凱は、7月1日の午前、公文により聶提督の宣言は事実だと答えた、と。

元々、昨年の4月18日のエントリーの1894年(明治27年)6月17日付『機密第96号 陸兵を撤回せしむ可き最後の処置に付伺』でも述べていたように、「清国ツヨス!袁世凱カッコヨス!」ってなるから駄目と言ってた大鳥ですが、ここでまた李鴻章から似たような話が出てきて、同様に同時撤兵はするな、と。

どっちがより朝鮮人の事大根性を捉えるか、みたいな。(笑)


ってことで、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一) 日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二) 日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三) 日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四) 日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五) 日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六) 日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七) 日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八) 日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九) 日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十) 日清戦争開戦まで(四十) 日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一) 日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二) 日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三) 日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(十四) 日清戦争開戦まで(四十四) 日清戦争開戦まで(七十四)
日清戦争開戦まで(十五) 日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六) 日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七) 日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八) 日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九) 日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十) 日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十) 日清戦争開戦まで(六十)



AD