さて、今日も英文電報を。
今日最初は、アジア歴史資料センターの『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』から。
1画像目の・・・って、これ英文じゃ無ぇ・・・。(´Д`;)
幸い、4画像目に訳文があるので、そっちを見ていきましょう。

在日本ロシア公使ヒトロヴォから陸奥への、1894年(明治27年)6月30日付文書より。

朝鮮政府は、同国の内乱既に鎮定したる旨を公然同国駐箚の各国使臣に告げ、又清兵并日本兵を撤回せしむる事に付、該使臣等の援助を請へり。
因て、本官の君主たる皇帝陛下の政府は本官に命じ、日本帝国政府に向て朝鮮の請求を容れられん事を勧告し、且つ日本が清国政府と同時に在朝鮮の兵を撤回することに付故障を加へらるるに於ては、重大なる責に任ずべきことを忠告致候。
前陳の事を外務大臣閣下に申通すると共に、重ねて茲に敬意を表す。
日本に対しては、2月13日のエントリーの1894年(明治27年)6月18日付『第15号』で鎮圧通知されてたわけですが、諸外国に対しては、いつ通知したのかな?

とりあえず、朝鮮政府から内乱鎮定の旨が朝鮮駐箚の各国使臣に告げられ、清国兵と日本兵を撤兵させる事について、各国使臣の援助を要請した。
この時点で割と駄目駄目感が・・・。(笑)

兎も角、それによって、ロシア皇帝はヒトロヴォに命じて、日本政府に向かって朝鮮の請求を受け入れる事を勧告し、かつ日本が清国政府と同時に在朝鮮の兵を撤兵することに異議を申し立てるような事があれば、重大な責任を負うべきである事を忠告する、と。

つうか、朝鮮の撤兵請求の受諾勧告だけなら兎も角、何で同時撤兵に異議を申し立てただけで責任負わなきゃならんのだ?
5月2日のエントリーから始まるヒトロヴォとの対談や、 7月18日のエントリーの1894年(明治27年)6月29日付『機密第8号』、7月23日のエントリーの1894年(明治27年)6月29日発『電受第344号』とかの経緯、全部無視かよ。

喧嘩売られてますな、これ。
そりゃ陸奥も、この勧告拒否の関係について、『蹇蹇録(B03030023500の3画像目)』で「嗚呼、余は今に於ても当時の事情を追想するも、猶ほ悚然膚に粟するの感なき能はざるなり。」とか言うっつの。

折角、「清国兵と日本兵を撤兵させる」って、朝鮮から援軍依頼で来たのに撤兵要求には応えないんか?って、面白いシチュエーションなのに。(笑)

さて、これを受けての取りあえずの動き。
同じく『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』から。
5画像目の英文と6~7画像目の訳文を続けて見ていきます。
陸奥から西への、1894年(明治27年)6月30日発『電送第268号』。

Nissi, Petersburg

在日本露公使 brought me the following official despatch 六月三十日.

"Corean Government having officially informed foreign representatives in 京城 that insurrection has been suppressed already and having asked to assist them to effect the withdrawal of Chinese and Japanese troops, the undersigned has received command from His Majesty the Emperor to support the request of Corean Government by calling special attention of Japanese Government that they would assume a serious responsibility if they should put an obstacle to the simultaneous withdrawal of both Chinese and Japanese troops."

Reply to the above will be sent after cabinet decision and Imperial Sanction.
Main points of reply would likely be 1st insurrection has not yet been entirely suppressed.
2nd actual causes of insurrection still exist as proved by its recurrence a few days ago and it is naturally to be concluded that Russian Government was under misapprehension on this point.
3rd Japan's mission in Corea is entirely friendly and peaceful.
伊藤 and I are at one that Japan should never obey to the dictate of Russia.
Pending my informing you of exact reply to Russia, if there is necessity you may express in above sense as your own opinion.

Mutsu


在露西公使への電信訳 27年6月30日発

在日本露国公使は、6月30日左の公文を齎し本大臣へ交付せり。

朝鮮政府は同国の内乱既に鎮定したる旨を公然同国駐箚の各国使臣に告げ、又清兵并日本兵を撤回せしむることに付、該使臣等の援助を請へり。
因て本官の君主たる皇帝陛下の政府は本官に命じ、日本帝国政府に向て朝鮮の請求を容れられんことを勧告し、且つ日本が清国政府と同時に在朝鮮の兵を撤回することに付故障を加へらるるに於ては、重大なる責に任ずべきことを忠告致候。
前陳の事を外務大臣閣下に申通すると共に、重ねて茲に敬意を表す。
露暦
1894年6月30日

右に対する回答は、閣議決定勅裁を得たる上之を送るべしと雖ども、其要点は概ね左の如くなるべし。

第一.韓国騒乱未だ全く鎮定に至らず
第二.騒乱の起る原因は猶未だ鎮滅に至らず。而して其証拠には、数日前にも現に騒乱再発せり。故に露国政府は此点に就ては誤解したるものと云はざるを得ず
第三.朝鮮に於ける日本の目的は親交平和の外他意あるに非ず

伊藤伯と本大臣は同意見にして、則ち日本は決して露国の差図に従はざるべしとす。
露国へ対し確定の回答を閣下へ電報する迄に、若し必要の場合もあらば、閣下自己の説として以上の事を発言されても苦しからず。
前半部は、今回の冒頭でやったヒトロヴォからの公文の話。

で、これに対する回答は、閣議決定が勅裁を得てから送るだろうけど、その要点は以下の通り。
まずは、韓国の騒乱はまだ全然鎮定していない。
で、騒乱の起きる原因もまだ存在しており、その証拠に数日前にも実際に騒乱が再発した。
だから、ロシア政府はこの点については誤解したものと言わざるを得ない、と。

んー、騒乱再発の話は見てないんだけど、ハッタリなんだろうか?(笑)

3点目は、これまでも繰り返し述べられてきた、朝鮮での日本の目的は親交平和のほかに他意があるわけではない。

つうか、「日本が清国政府と同時に在朝鮮の兵を撤回することに付故障を加へらるるに於ては、重大なる責に任ずべきことを忠告」されてますのでそれには触れず、それ以前の問題に対して事実誤認がある、って形を取ったんじゃないかなぁ。
こちらから積極的に、ロシアの軍事介入の口実を与えるわけにはいかないでしょうし。

で、伊東博文も陸奥宗光と同意見であり、日本は決してロシアの指図には従わないだろう、と。
もし、ロシアに対する確定した回答を電報するまでに必要になったら、西個人の説として3点について発言しても良い、と。

陸奥は『蹇蹇録(B03030023500の3画像目)』の中で、「当時の事態已に大に局面を変化推進し、仮令清国が朝鮮より其軍隊を撤去することありとするも、我は何の為す所もなくして我軍を撤去するを難しとするの事情あり」と述べていますが、「大に局面を変化」したターニングポイントは、やっぱり所謂「第一次絶交書」と呼ばれる、3月6日のエントリーの1894年(明治27年)6月22日付『親展送第42号』と、5月8日のエントリーのヒトロヴォとの対談の中で、「清国が撤兵したら日本も撤兵すんの?」って言われた後の、「清国が日清協同で朝鮮改革の完結を担当することに同意した場合か、それを拒否するなら日本単独で朝鮮の独立を維持し、施政改良しようとするのを邪魔しない保証を与えろ」って言った時だろうなぁ・・・。


ってところで、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一) 日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二) 日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三) 日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四) 日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五) 日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六) 日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七) 日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八) 日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九) 日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十) 日清戦争開戦まで(四十)
日清戦争開戦まで(十一) 日清戦争開戦まで(四十一)
日清戦争開戦まで(十二) 日清戦争開戦まで(四十二)
日清戦争開戦まで(十三) 日清戦争開戦まで(四十三)
日清戦争開戦まで(十四) 日清戦争開戦まで(四十四)
日清戦争開戦まで(十五) 日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六) 日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七) 日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八) 日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九) 日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十) 日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十) 日清戦争開戦まで(六十)



AD