さて、今回も前回に引き続いて混成旅団参謀の長岡外史から川上操六への文書を見ていくことにします。

アジア歴史資料センターさんが、どういう意図で切り分けたか分かりませんが、『明治27年自6月至9月 「明治27年 「秘密 日清朝事件 第5師団混成旅団報告綴」/川上中将閣下に上る私報(2)(レファレンスコード:C06060161100)』の左2行から『明治27年自6月至9月 「明治27年 「秘密 日清朝事件 第5師団混成旅団報告綴」/川上中将閣下に上る私報(3)(レファレンスコード:C06060161200)』へと続きます。
んでは早速。

○ 京城内の行軍
昨26日は、竜山幕営の一個大隊并に山砲中隊の整々堂々南大門を入り、京城内に行軍せしめたり。
本日は、外交武官とも協議し、成し得る丈けの騎馬隊(副官砲兵隊馬を以て)を編成し、京城内に入れんとする予定に有之候処、公使■不承諾を申し越したり。
我々の信ずる処に依れば、此の如き示威行軍を行ふときは益々世凱を困蹙せしめ、清兵の入京を余義なくせしめ、韓廷の決心を堅ふし、其内閣の更迭を速ならしめ、一挙数得の事と相考へ候得共、外交は六ヶ敷もの。
公使は断然承諾を拒みたり。
昨日26日は、龍山に幕営している一個大隊と、山砲中隊が正々堂々南大門から入って京城内を行軍・・・って・・・。
勝手に示威運動してんじゃねぇ!( `H´)y-~~
アホかっ!

で、本日、つまり6月27日には外交武官とも協議して、できるだけの騎馬隊を編成して京城に入れる予定だったけど、大鳥は不承諾。
当たり前だろ!( `H´)y-~~

で、長岡等はこのような示威行軍を行えば、益々袁世凱を困らせて清国軍の入京を余儀なくさせ、韓廷の決心を堅くしてその内閣の更迭を加速させ、一挙数得だと考えたけど、外交っつうのは難しいもんで、大鳥は断然承諾を拒んだ、と。
しかもそんな浅はかな考えかよ!
外交は六ヶ敷もの」じゃねぇ!
立派なのは髭だけかっ!( `H´)y-~~
と、大鳥も思ったんじゃないかなぁ・・・。(笑)

つうか、清国兵が入京すると、何か得になるのかなぁ?

○ 遷都(水源府)の事は、威力を以ても拒み得べき予定に有之候得共、彼れ野戦を知らざる清兵、其水源府附近に固着し、出でて京城に入ることを試みざるときは困りものに御坐候。
是れ月日を費やすと、又我旅団を二分せざるを得ざればなり(漢城守備并に義州街道に備ふる為めに)。
水原遷都の件については武力を使っても拒む予定だけど、野戦を知らない清国兵が水原附近から動かず、京城に入京することと試みない場合には困った事になる。
これは、月日を費やすことと、旅団を二分しなければならないからだ、と。

ああ、前回も言ってたとおり、「拙速を貴び、巧久を厭ふ」んだから、相手側に籠城っつうか待たれるのは嫌で、攻めて来てくれた方が良いのか。
兵力分散も免れるし。
その辺で「得」なんですね。
まぁ、そもそもどうやって開戦するんだよっていう、根本的な対外的問題があるんですがね。(笑)

○ 旅団の工兵隊、通信術卒業者少く、3通信を備ふれば、勤務の交代を為さしむること能はず。
建築卒は僅に5、6名に過ぎず、然れ共建築の義は如何様にもせらるべく奉存候。
他日器機着の上は、直に京釜間に架設着手の見込に御坐候。

○ 右件々少暇を得て句卒記述し、閣下に上る乱筆御用捨奉願上候。
最後に電信関係で、工兵隊に通信術卒業者も建築卒業者も少ない。
まぁ、建築はなんとかなると思うし、後日器機が届けばすぐに京釜線架設に着手する見込みだけど、通信技師の方は足りんよ、と。

現地軍の参謀だから仕方ないのかも知れませんが、全体的に少なくとも2月4日のエントリーの大島への訓示くらいは守るように努力せいや。(笑)

さて、続いては『駐韓日本公使館記録2』から見ていくことにします。
仁川の能勢領事から大鳥への、1894年(明治27年)6月30日付『機密諸第9号』より。

目下清国軍艦の当地方に派遣せられ居るものは、仁川に鎮遠、平遠、揚威、超勇、探江、飛虎の6隻にして、其牙山にあるものは済遠、廣丙の2隻とす。
而して、平山八重山艦長の意見に拠れば、本港碇泊の清国軍艦は、各国軍艦の外域に位置を占めて、当時他に向て其錨地を移さざるものの如しとの事に有之候。
猶、目下在港各国軍艦は、英国アーチャー、仏国アンコンスタン、独イルチス、米ボルチモーア、露コレイツの5隻にして、英国軍艦は猶2隻両3日中に入港可致旨、アーチャー艦長より伊藤武蔵艦長へ直話致候趣に有之候。
米国軍艦より水兵入京の件、爾後独探問中に有之候処、陸路入京は困難に付水路に由る事となり。
夫れが爲め、スチームランチ1隻の備付なりしを俄かに2隻に増し、被服食料品等必要品は一切艦船又はボートに搭載し、スチームランチをして曳き往かしむる由にて、右艀船は堀久に於て何時にても調達する事に相成居候に付、米国駐在公使より電申次第出発の準備相整ひ居候趣聞込むに付、不取敢此段申進候也。
まぁ、清国の軍艦は兎も角として、諸外国の軍艦も結構来てんのね。
中でもアメリカ軍艦ボルチモアからは、水兵が京城入りの話が出ており、陸路で京城入りは難しいので水路によるらしい、と。

んー、アメリカの入京は、何が目的なのかしらん。


ってところで、ちょっと早めですが今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一) 日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二) 日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三) 日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四) 日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五) 日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六) 日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七) 日清戦争開戦まで(三十七)
日清戦争開戦まで(八) 日清戦争開戦まで(三十八)
日清戦争開戦まで(九) 日清戦争開戦まで(三十九)
日清戦争開戦まで(十) 日清戦争開戦まで(四十)
日清戦争開戦まで(十一) 日清戦争開戦まで(四十一)
日清戦争開戦まで(十二) 日清戦争開戦まで(四十二)
日清戦争開戦まで(十三) 日清戦争開戦まで(四十三)
日清戦争開戦まで(十四) 日清戦争開戦まで(四十四)
日清戦争開戦まで(十五) 日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六) 日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七) 日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八) 日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九) 日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十) 日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十) 日清戦争開戦まで(六十)



AD