7月18日のエントリーで取り上げた、西公使から陸奥への1894年(明治27年)6月29日付『機密第8号』について、「「過刻電信を以て申進置候」って事は、これからやる英文電信の方に出てくるのかな?」なんて書きましたが、ここで出てることになります。

アジア歴史資料センターの『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』から。
8画像目。
ロシアの西公使から陸奥への、1894年(明治27年)6月29日発『電受第344号』より。

Mutsu,
Tokio.

I declared 六月二十九日 to Russian Government contents of your last telegram regarding Corean question.
Russian Government consent to the object of our demands but do not approve.
Keeping troops because presence of both troops might cause serious collision between Japan and China and draw in also other Powers, therefore Russian Government recommend to withdraw our troops together with that of China and to settle this question diplomatically.
I explained them however that our troops should have been withdrawn long ago if we were sure that no more revolt will take place and our object can be attained after withdrawal of force, but present situation does not permit to do so.

在露公使
で、9~10画像目がこの電信の和訳になってますので、そちらを参考にして進めていきましょう。

西は、6月29日に朝鮮問題に関する陸奥の最後の電信の趣旨をロシア政府に宣言した、と。

陸奥の最後の電信ってのは、5月26日のエントリーの1894年(明治27年)6月26日発『電送第246号』の事かな?
恐らく、その文中の「閣下は、前記の旨意に基づき露国政府へ宣言すべし。」を受けての宣言を思われ。

で、7月18日のエントリーの1894年(明治27年)6月29日付『機密第8号』でも見たように、ロシアは日本の要求の主意には同意。
ただ、日本兵を朝鮮に長く留まらせるのは、日清両国間に激烈な衝突を来たし、他の国々もそれに引き入れられる恐れがあるため、日本兵の駐韓が長期に渉るのは賛成しない。
ってことでロシア政府は、清国兵と共に日本兵を撤兵して、外交手段によってこの問題を結局させる事を忠告した、と。

西公使はこれに対して、韓国の変乱に再発の憂いが無く、且つ撤兵後に日本の計画する目的を達成しうる確実な見込みが付けば、すぐにでも撤兵できるけど、朝鮮の現在の情勢って、到底日本が撤兵させられるような状態じゃないしぃ~、と。

続いて史料は、アジア歴史資料センターの『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/1 明治27年6月8日から1894〔明治27〕年6月30日(レファレンスコード:B03050308100)』から。
55画像目を境に、英文電報とその訳文が載っており、どっちも重要っぽいので両方テキストに起こしておこうと思ったんですが・・・。

あああ。
訳文の方、7月14日のエントリーでもうやってるうぅぅぅぅ!
電信番号違うから、気付かなかったぁぁぁ!
しかも、触れておくべき事、触れて無ぇ!
_| ̄|○

気を取り直して、取りあえず英文電信の方をテキストにしておきます。
55→54→53→52画像目。
大鳥から陸奥への、1894年(明治27年)6月29日発『電受第327号』。

Mutsu,
Tokio

(12) 加藤 arrived morning 六月二十八日 and I have been reported fully your instructions; being firmly convinced that no effectual reform could be made unless China trampled down and Corea put under our influence as stated in my telegram 11 六月二十六日 and in order to carry out the Japanese Government.
I have 六月二十八日 sent official letter to the Corean Government appending copy of a letter from 在日本清国公使 to you and demanding explanations in a day whether they recognize suzerainty of China as mentioned in that letter; if they answer that they do not recognize it I shall press 袁世凱 on the one hand to withdraw Chinese soldiers immediately on the ground that the presence of those soldiers under the pretext of protecting dependent state is prejudicial to independence of Corea and also Corean Government on the other hand to drive out Chinese soldiers and if unable to do so in their power we have to take the matter into our hand.
If they answer that they recognize we shall immediately besiege royal palace and demand explanation and apology of their grave violation of article I 江華 treaty; if Corean Government prefer an equivocal course of reply that though they have been said to be a dependet state of China they have an autonomic right in respect to the internal affairs and foreign intercourse, I shall also resort to the same measure to be taken in the first case; in any case it is most necessary on our part to give assurance of our legitimate intention to other treaty powers in order to keep them in a neutral position, and such assurance you and I will give utmost; on the occasion of the audience 六月二十六日,
I have mentioned to the King administrative reform of this country and I going to present officially Corean Government our proposal at the earliest opportunity.
Use such means as you think the best to notify this telegram to 小村 and give him necessary instruction.
What measures will Japanese fleet take at this moment.
Remit at once 10,000 Yen.
Telegraph immediately your instructions.

Otori
まぁ、それこそ7月14日のエントリーでやった話。

触れておくべき事ってのは、「If they answer that they recognize we shall immediately besiege royal palace and demand explanation and apology of their grave violation of article I 江華 treaty」の部分。
訳文だと「若し又朝鮮政府に於て其属邦たることを認むると返答せば、我兵を以て直ちに王室を圍み、江華島條約第一條を破りたるものとして彼より辨明と謝辞を求むべし。」の部分。

以前、「囲む」「besige」を占拠・占領と読む不思議な人と話した事がありますが、一番最初にそれ系統の話が出てきたのがこの時、という事になります。
朝鮮が清国の属国だと言ったら、日本兵で王宮を囲んで、江華島条約の第1条を破ったとして弁明と謝罪を求める、と。

6月23日のエントリーの1894年(明治27年)6月28日付『機密第110号』の中では、「又、若し朝鮮政府は清国の属邦に相違なき旨返答したる時は、我は一応督弁に面会して其利害を説明して、公文を撤回せしむべし。彼若し我説に服せざるときは、公然朝鮮政府に向て彼が修好條規第一款に背き、且つ訂約已来17年間我を欺きたる罪を責め、兵力を以て之に迫り、彼をして謝罪の実を挙げしめ、我に満足なる補償を取るべし。」と表現されていた、全く解決になって無ぇ話でした。(笑)

多分、この1894年(明治27年)6月29日発『電受第327号』での「besiege royal palace」も占拠・占領計画の証拠なんだろうなぁ、不思議な人にとっては。(笑)

これで29日の史料は終わって30日の史料に入っていくんですが、順番無視して、先にこの1894年(明治27年)6月29日発『電受第327号』に対する返事から見ていきましょう。
58画像目。
1894年(明治27年)6月30日発『電送第266号』。

Otori
Seoul

20 I approve(received) your (teregram 12) demanding explanation from Corean Government but before resorting to violent measure wait for further instruction.
「貴下の朝鮮政府からの説明要求について賛成するが、しかし」が、単に「貴下の電信12号を受け取った」に変わってます。
で、暴力的手段に訴える前にさらなる訓令を待て、と。


長くなりましたが、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一)   日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二)   日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三)   日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一)  日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二)  日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三)  日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四)  日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五)  日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六)  日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七)  日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八)  日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九)  日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)



AD