最近、やっててつまんねーのはアレか?
朝鮮政府の話がほとんど無いからか?(笑)
いや、昨今の竹島問題関係見ても何とも思わなくなったように、単に飽きただけなんだろうか。

ってことで、残念ながら今日最初の史料も朝鮮政府関係ありません。
アジア歴史資料センターの『日清戦役ノ際清国上海及韓国仁川港二於ケル各国居留地局外中立ノ儀二付交渉一件/1.上海港局外中立ノ件(レファレンスコード:B07091143500)』の3画像目から。
上海の大越総領事から陸奥への、1894年(明治27年)6月29日付『機密第38号』。

日清両国開戦の場合には当港外国居留地を局外中立と見做さんとの議に付申進

別信にも申進置候通り、当港に於ては日清両国の危機は旦夕に逼れり、否既に開戦せり等風説頗る盛にして、両国の平和は到底維持すべからざる事殆ど一般の信ずる処に有之候。
然るに、昨日筆頭領事に出会候処、同氏の説にては、若し愈開戦の場合に至らば、先年清仏戦争の時の如く、当港外国人居留地を以て局外中立国と見做す事最も好都合なるべく、就ては其際領事会議を開き、其議決によりて北京公使へ電請し、清国政府の承諾を得べしとの事に有之。
右は在留本邦人保護の為めには得策と存候得共、多少軍略上にも関係を有する儀に付、別紙甲号の通り電請に及び候処、同乙号通り御回答相成、了承致候。
右御回訓の通り、領事に於て当港外国人居留地を局外中立となすの権なきのみならず、清国政府及外国公使に於て右■の相談を整ふるも、之を承諾すると否とは本邦の自由に可有之候■、本件は港内水面及び支那街等とは全く関係なく、単に外国居留地のみに関するものにして、居留人民の安全を目的とする一の「フィクション」に過ぎざる義に可有之候。
元来、我居留民は、皆純然たる商人の■に有之候得■、清国官民に於て或は暴力を以て我に加ふるの虞なきにもあらず、■つては若し当港を局外中立地と致し候時は此等の恐れも有之■義と存候に付、予め貴■相伺ひ候次第に有之候■、別紙の通り御回訓相成候に付ては、今後若し本件に付領事会議相開候得共、小官は事に託し出席せざるの考に有之候。
右、御承知相成度付、■申進候也。
別紙甲号が、7月7日のエントリーの1894年(明治27年)6月28日付『電受第321号』、乙号が前回の1894年(明治27年)6月29日発『電送第262号』ですね。

■の部分で話が変わってくる可能性も大きいですが、取りあえずやっておきます。

上海ではもう日清は激突するだろうという見方で一致しており、大越が上海の筆頭領事に会った時に、筆頭領事はもしいよいよ開戦となったら、先頃の清仏戦争の時のように上海外国人居留地を局外中立国とみなすのが最も好都合であり、ついてはその時には領事会議を開いて、その決議を北京公使に電請して清国政府の承諾を得ようって事を言ってた、と。

これは、上海在住日本人の保護のためには得策だと思ったけど、多少は軍略にも関わってくるので別紙甲号のとおり陸奥に聞いてみたけど、乙号のとおり返事があったので了解した。

回答のとおり、領事には上海港の外国人居留地を局外中立とする権限が無いだけでなく、清国政府や外国公使の間でそのような取り決めが為されても、それを承諾するかどうかは日本の自由だけど、今回の一件は港内や中国人街とは関係なしに、単に外国人居留地だけに関するもので、居留人民の安全を目的とした一種の「フィクション」だ、と。
つうか、「フィクション」は、そのままの意味で受け取って良いんだろうか?

で、元々日本人居留民は純然とした商人だけど、清国の官民から日本人に対して暴力を加えてくる恐れがあるかもしれないので、上海港を局外中立地にすればそういう恐れもなくなるんじゃないかと思って陸奥に聞いたけど、回答もらったんで、今後は領事会議が開かれても出席しないつもり、と。
つうか、出席しないっつうのは、情報集めた方が良い外交官としてはどうなんだろう?(笑)

さて、続いての史料はアジア歴史資料センターの『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/1 明治27年6月8日から1894〔明治27〕年6月30日(レファレンスコード:B03050308100)』の48画像目。
陸奥から大鳥への、1894年(明治27年)6月29日発『電送第264号』より。

Otori,
Seoul

19 Have you received my telegram 17 sent through 在釜山総領事館.

Mutsu
7月7日のエントリーの1894年(明治27年)6月28日発『電送第259号』を、釜山総領事館にも送れ、と。

さて、続いては栗野政務局長が6月29日に携帯していったという、陸奥から大鳥への内信について。
同じく、『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/1 明治27年6月8日から1894〔明治27〕年6月30日(レファレンスコード:B03050308100)』の48画像目から。

今般栗野政務局長を特派し、齎送致候訓令中に列載し朝鮮政府江勧告すべき事項に付ては、単に口頭にて彼の約束を取置候のみにては他日其成を責るべき場合相生候に当りて、又斯る約束は致せし事ありとか無しとか水掛け論に日を費し、例之朝鮮風の■手段の為め、含糊に帰するの懸念有之候に付、已に訓令中にも申述置候通是非公文を以て御照会相成、而して彼にて如何なる事情を申立候とも夫等には御聞入なく、必ず公文にての回答、即ち我政府の勧告を容るべしとの約束を取附被置候様致度。

尤、其内にも第1項の官司の職守を明かにし、地方官吏の情弊を矯正するといふ一事に付ては、我に向て必ず之を実行する事を約束せしむるの外、差向き評判宜からざる人物を免黜遷転せしむる事にて満足可致置。

又、第2項の外国交渉の事宜を重じ職守其人を擇ぶといふ一事に付ては、訓令中の理由書に記載せし通、君側に出入する権閥の旁議当局者の意見を左右し、其極遂に動もすれば其人を換へ、後任者は前任者の責に任せず、新任者と旧任者とは其言語に差違を生じ、徒らに両国交渉の事件を淹滞し、責任の帰する所なしといふが如き悪風有之候に付、将来言行一致の行動をなす事を得る実力家、即ち所謂勢道と申す如き人物を外国交渉の当局者に任命せらるる事と致度所存に付、其御含にて御談示相成度。

又、裁判・会計・兵制・警察・幣制に関する各項に至ては、今といふて今実行し得らるべき事にも無之候へ共、差向き必ず改良すべしといふ明約を取附置候而已にて満足可致置。

但し、交通の便を起すといふ1項に付ては、電信の事も鉄道の事も確乎たる約束と共に早々着手為致候事最も必要に有之。
電信の事は新たに架設するとも、又は現今の京釜線を買上るとも、何れに致せ純然たる朝鮮政府の所有、即ち他の干渉を受けざる線路を設けしむるか、又は我政府にて代りて架設し若くは買上る場合には、之を我政府の監督の下に置く事■ほ、今日清国政府の京釜線に於けるが如くするか、何れにても宜敷。
又鉄道の事は、是非京城釜山仁川間に布設せしむる様致度。
若し此等工事の為め資金を要するとの事なれば、我政府にて其周旋致遣候ても差支無之候に付、兎に角速かに実行為致候様御談じ附け相成度、右御心得迄に内信を以て申上置候。
尚、其他は栗野の口述に譲り候。
草々敬具
6月4日のエントリーから始まっている、閣議決定に基づく内政改革の要求項目を列記した、1894年(明治27年)6月27日『親展送第76号』の補足みたいなもんですね。

まず、何を置いても口約束じゃなく公文で約束を取り付ける事、と。
単に口約束の場合には、後日やるって言ったべ!?などと責めるような事が起きれば、「いや、そんな約束はしてないnida!<#`Д´>」などと水掛け論に日を費やし、いつものように有耶無耶な状態になる懸念もあるので、公文で照会してその回答も公文で出させろ、と。

で、内政改革要求のうち、1つめの官司の職守云々については、将来的に実行する約束をさせる他、差し当たって評判の良くない人物を罷免・左遷させる程度で良い。
裁判・会計・兵制・警察・幣制についても、すぐにどうこう言う問題ではないので、必ず改良するって約束すればOK、と。

ま、内心は『蹇蹇録』の記述「朝鮮の如き国柄が果して善く満足なる改革を為し遂ぐべきや否やを疑えり」のように、全く期待はしてないと思いますが。(笑)

で、外国交渉の事宜云々について。
訓令の理由の中でも言ってるけど、権閥の横やりが外交当局者の意見を左右し、遂には交代させられて、後任者は前任者の言ってた事と違う事言ったり、いたずらに交渉を引き延ばし、発言に対する責任もないというような悪風があるので、将来言行一致の行動ができる実力家、所謂勢道と呼ばれるような人物を外交交渉の当局者に任命することにしたいと思うので、その辺ヨロ、と。

つうか、高宗自体が言を左右にするだろ、とかツッコんじゃ駄目?(笑)
ま、誰がなっても同じ事で、結局自分らの都合のみで言う事変わるとは思うんですが。

で、「今後の話で約束すればおk」という上記項目とは違って、交通の便を起こすって1項については、電信についても鉄道についても、確乎たる約束と共に、早急に着手する事が大事。

電信については、新しく架設するにしても、現在の京釜線を買い上げるにしても、どっちにしろ他国の干渉を受けない純粋な朝鮮政府の所有か、日本政府が代わって架設・買い上げする場合には、日本政府の監督下に置くか、今の清国政府の京釜線のようにするか、どっちにしてもヨロ、と。
あぁ、やっぱり朝鮮政府単独所有であれば、それはそれで良いわけね。
つうか、京釜線って清国の所有だったのか?

鉄道については、仁川・京城・釜山間で敷設するようにしたい。
もし、この工事の資金が必要なら、日本政府が周旋しても差し支えないので、とにかく速やかに実行するように談判して欲しい、と。

もしこれが受諾されてれば、どうなってたかなぁ・・・。


と、答えの出ない疑問を抱きつつ、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一)  日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二)  日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三)  日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四)  日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五)  日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六)  日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七)  日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八)  日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九)  日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)



AD