前回は大鳥から陸奥への1894年(明治27年)6月28日付『機密第110号』から、問題を独立属邦と内政改革の二種類に区別し、以下の順序に従って決行したいという所まで見ました。

今日はその続き。
アジア歴史資料センターの『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/2 明治27年6月20日から1894〔明治27〕年7月12日(レファレンスコード:B03050308200)』の31画像目、左から2行目から。

(甲) 独立属邦の問題

第一着
本月6日、東京駐在清国公使より貴大臣閣下に送呈したる公文寫を朝鮮政府に送り、同政府は保護属邦の4字を認むるや否を慥むる事(但し是は本日別紙丁号の通り照会を遂げたり)。
最初は、独立属邦問題について。
まずは、在日本清国公使汪鳳藻から陸奥に送られた公文の写しを朝鮮政府に送り、朝鮮政府が「保護属邦」の4字を認めるかどうかを確かめる。
ただし、この件については、既に本日6月28日に別紙丁号のとおりに紹介済み、と。

この、汪鳳藻から陸奥に送られた公文の写しってのは、昨年の2月12日のエントリーで見た清国の出兵知照の公文の事かな?
いや、別紙丁号見た方が早いか。
ってことで、ちょっと後回し。

兎も角、まずは「保護属邦」とか清国が言ってるけど、どうなんよ?という確認を行うわけですね。

んじゃ、続き。

第二着
朝鮮政府は、若し我国は自主独立にして清国の属邦にあらずと返答したる時は、我は「朝鮮政府に向ては」今清兵は保護属邦と称して貴境に入りしは、是れ貴国の独立権を侵害せり。
之を退去せしめて日朝條約の明文を全ふるは貴政府の義務なれば、早く之を逐出す可し。
若し貴国政府の力にて之を能せざるときは、我兵力を以て貴国を助け、之を逐払ふべしと相迫り、「清国公使に向ては」貴国は保護属邦を名義として朝鮮に派兵せられたる事は、我政府の飽迄不同意を唱ふる所なり。
我政府は初めより朝鮮の独立を認めたれば、其独立を保護する義務あり。
且つ、朝鮮政府も亦貴国の属邦にあらざる旨を明言せり。
左すれば、貴国の兵は不正の名義を以て派来したる者に付、速に引払はるべし。
若し躊躇せらるるに於ては、余儀なく我兵力を以て之を引払はしむ可き旨通知す可し。
又、若し朝鮮政府は清国の属邦に相違なき旨返答したる時は、我は一応督弁に面会して其利害を説明して、公文を撤回せしむべし。
彼若し我説に服せざるときは、公然朝鮮政府に向て彼が修好條規第一款に背き、且つ訂約已来17年間我を欺きたる罪を責め、兵力を以て之に迫り、彼をして謝罪の実を挙げしめ、我に満足なる補償を取るべし。
又、若し朝鮮政府は我国は古来清国の属邦と称せらるるも、内治外交は自主に任ずる約束なれば、自主の邦国たるに相違なしと返答したる時は、我は朝鮮政府に向て、内乱を鎮定したるは内治に属せり。
然るに清国は、保護属邦の名義を借りて其兵を前派したる者は、是れ内治に干渉するなり。
属邦の実を挙げんとする者なりと云ふ理由を執り、其他は第一項の手続に従て韓廷及清使に迫るべし。
朝鮮政府の返答が、朝鮮は自主独立で清国の属邦ではないという返答をすれば、朝鮮政府に向かっては、今回清兵は保護属邦と称して朝鮮国境内に入ったのは朝鮮の独立権を侵害しており、これを退去させて日朝条約の明文を守るのは朝鮮政府の義務だから、早く追い払え。
自力でできねーのなら、日本の兵力で朝鮮を助けるから追い払え、と。

一方で、清国政府に対しては、清国が保護属邦を名義として朝鮮に派兵した事について、日本政府は飽くまで不同意。
日本政府は朝鮮の独立を最初から認めており、その独立を保護する義務がある。
しかも朝鮮政府も清国の属邦ではないと明言している。
そうであれば、清国兵は不正の名義で来たという事であるから、速やかに引き払え。
もし撤兵を躊躇するなら、仕方なく日本の兵力によって引き払わせるという旨を通知する、と。

割と力押し。(笑)

で、朝鮮政府が清国の属邦だよと認めちゃったら、一応外務督弁に面会して利害を説明して、公文を撤回させる。
その説明にも納得しなかったら、公然と朝鮮政府に向けて日朝修好條規の第一款に背き、締結から17年間日本を欺いた罪を責め、兵力で朝鮮に迫って謝罪させ、日本が満足できる補償をとる、と。

ちょ、全然問題解決になって無ぇぞ、それ。(笑)

最後に、もし朝鮮政府が、昔から清国の属邦と称されてるけど、内治外交は自主に任せる約束なので、独立国であることに相違ないと返答すれば、朝鮮政府に向かって内乱を鎮定するのは内治に属する事だ。
それなのに、清国は保護属邦の名義を借りて派兵しており、これは内治に干渉し、属邦の実効を挙げようとするものだという理由により、その他の手続きは清国の属邦ではないという返事をした場合と同様にして、朝鮮政府と清国公使に迫る、と。

要するに、清国が政略的に清韓関係を曖昧にしてきた部分を突く、って事でしょうね。

続いては内政改革問題。

(乙) 内政改革の問題

第一着
国王に奏上する事(去26日、既に奏上を遂げたり)。
まずは、内政改革について高宗に上奏する事。
で、これはもう26日に奏上した、と。
6月18日のエントリーで言ってた、「別紙甲号」の話ですね。

んじゃ、次。

第二着
改革案を政府に提出し、政府は我勧告を容れて改革を実行するや否決答を促す可し。
改革案を朝鮮政府に提出し、朝鮮政府は日本の勧告を受け入れて改革を実行するのかどうか、返答を促す。

第三着
朝鮮政府若し勧告に応ぜざるときは、條理の許す限りは恐嚇手段を執り、其実行を促す可し。
もし朝鮮政府が勧告に応じなければ、条理のゆるす限りは恐嚇手段に訴え、その実行を促す、と。
やっぱり力ずくかよ!(笑)

つうか、そんなんで「改革」になるかよ。( ´H`)y-~~
何考えてんだ、大鳥。
いや、「奴らには無理」ってのが前提なのかも知れないけどさ。(笑)

右甲乙両問題を決行するが為め、本官は前陳の手続に依るべき考案に有之候得共、実行の際には充分注意相加へ可申、又当地駐在の各使臣へも、予め我趣意を表明して異論を招かざる様に取計可申と存候。
且つ、本件に付き電信不通の為め、明日特に八重山艦にて二口翻訳官補を佐世保に派し電稟に及び候得共、猶ほ為念茲に委細及具申候也。

追て当地の形勢は漸く危険に相迫り候に付、居留民老幼婦女母をば仁川又は本邦へ避難せしむ可き考に有之候。
別紙乙、丙両号は、送第84号を以て発送済。
ってことで、独立属邦と内政改革の問題について決行するため、大鳥は前述の手続きに拠る考えだけど、実行の際には充分注意するし、朝鮮駐在の各国使臣へも予めその趣意を表明して異論を招かないようにしたいと思う。
かつ、この件については、電信不通のため29日に二口翻訳官補を佐世保に派遣して電稟するけど、一応念のために詳細を具申しておくね、と。

この重要かつ急ぐ話の時に、また電信不通かよ。(笑)
使えねー。

で、追伸として、朝鮮の形勢が危険になってきたので、居留民中の老幼婦女を仁川か日本本国へ避難させるべきと考えている。
前回、「乙と丙が無いっぽい」と言ってましたが、送第84号で発送済、と。
いや、その「送第84号」とやらが見あたらないんですが・・・。


長くなりましたが、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一)  日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二)  日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三)
日清戦争開戦まで(二十四)
日清戦争開戦まで(二十五)
日清戦争開戦まで(二十六)
日清戦争開戦まで(二十七)
日清戦争開戦まで(二十八)
日清戦争開戦まで(二十九)
日清戦争開戦まで(三十)


AD