大分きな臭くなってきました。
今日も、どんどん先に進んでいきたいと思います。
アジア歴史資料センターの『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/5 明治27年6月8日から明治27年6月24日(レファレンスコード:B03030205100)』から。
1画像目。
陸奥から大鳥公使への1894年(明治27年)6月21日『半公信』。

過日来電信にて御往復致候事は茲に相略し、目下の情形左に概陳致候。
去15日の閣議に於て、第一、朝鮮今回の事変に付ては、速かに其乱民を鎮圧する事。
但、我政府は成るべく清国政府と戮力して鎮圧に従事する事。
第二、右乱民平定の上は、朝鮮国内政を改良せしむる為め、日清両国より常設委員若干名を朝鮮に置き、先づ大略以下の事項を目的として其取調に従事せしむる事。
即、財政を調査する事、中央政府及地方官吏を陶汰する事、必要なる警備兵を設置せしめ国内の安寧を保持する事。
尤之を実行するには、日清両国互に相協同する事必要なりと雖ども、万一清国政府に於て我提議に同意せざる場合を仮定し、左の二件即ち清国政府と商議を開きたる後は、其結局を見るまでは目下韓地に派遣の兵を撤回せざる事。
若し清国政府に於て我意見に賛同せざるときは、帝国政府の独力を以て朝鮮政府をして前述の政治の改革を為さしむる事を努むる事に廟議決定相成候に付、翌16日本大臣は清国公使に面晤し、段々協議に及び、尚同夜荒川在天津領事にも電通して之を李鴻章に告げ、汪鳳藻を経て何分の答覆を為さしむる事を申込ましめ、又翌17日為念前記の綱目を公文に認め清国公使に照会致置、又同日小村在北京代理公使に電通して前記の綱目を口上書に認め、総理衙門王大臣に差出し、本邦駐箚清国公使をして右に対する答覆を為さしむる様訓令せられ度旨を為申入置候処、19日に至り、一方には小村より「総理衙門王大臣に面談せしに、我提議は拒絶すべき様已に李鴻章に訓令せり」との話有之たる旨電報有之候に拘はらず、其夜清国公使之来談する所にては、我より提議せし朝鮮内政改良の一事に就而之を一辺に擱置して何たる明答を為さず、只だ東学党の乱は已に平ぎたりとて専ら我兵の小部分を留めて其余を撤回する事を迫り、且つ若し我にて此請求を容れざる場合には、清国にても重兵を派遣するに至るべしとの事に付、本大臣は之に対し、我政府は我提議に対する清国政府の確答を承知する事必要に付、先づ第一に其明答を与へられ度旨を反覆論述致置候。
然るに、本日荒川及在同地神尾陸軍少佐より到達之電報に拠れば、天津より更に5,000有余の兵を朝鮮に派遣する筈の由。
又、本日清国公使来省。
我提議に対し、第一に付而東学党已に平定したれば、最早両国戮力して鎮定するの必要無之、又第二に付ては、日本にては朝鮮を認て独立国と見做し居れば、其政治を改良する事は内政に干預するものと謂はざるを得ず、又日本より同国江派遣の兵は、天津條約の旨意に依り撤回之商議に及びたしとの申入有之。
此申入たるや、直言すれば我提議を拒絶したるものに異なるなけれども、本大臣は公文を以て申入れられたしと申聞て別に確答せず。
乍併、廟議は至急撤兵之談には到底同意せざる積に候。
又、荒川神尾よりの電報に因りても、最早清国政府の意の在るところを察するに余りあれば、今となりては到底両国の衝突は免れざる所なるべしと相信候。
就ては、弥よ衝突を生候場合には、已に電信にても申進候通、是非朝鮮国王及同政府を始終我が味方に取置候事必要に候。
之を成功するには、或は甘言を以て之を利誘し、或は厳談を以て之を威嚇する等、総て閣下の御胸算に任せ候。

杉村書記官より済物浦発の書簡披閲致候。
大体同意之事に候。
但、其第三條に云ふ所は、我政府は之を撤兵以前より着手せんと欲したるものなれば、今日に至りては殆ど其望は無之哉と存候。
右のみ草々敬具

逐て去16日清国公使との応接筆記一冊為御参考封入致置候。
ちょっと外務属という役職がどういったものか良く分かりませんが、山田さんって方が持って行ったものですね。
順当にいけば6月25日頃には大鳥に届くのかな?
まぁ、さすがに着日時が何時かは分からないんですけども。(笑)

で、これまで電信で往復してた事は省略して、現在の情勢について概略を書いとくね、と。
まず、4月5日のエントリーで取り上げた閣議決定について記されています。
東学党の乱に対する清国との共同鎮圧と、朝鮮の内政改革の件ですね。
で、万一清国が同意しない場合を想定して、清国と協議を始めたらそれが終結するまでは撤兵しない事と、拒否された場合には日本単独で朝鮮政府に改革させるよう努める事を決定した、と。

6月16日には4月9日のエントリー4月10日のエントリー4月11日のエントリーで見たように、在日本清国公使汪鳳藻と対談。
次いで、4月6日のエントリーで見た荒川領事への電信と、翌17日の誤りだと思うんですが、2月7日のエントリーでの汪鳳藻を経ての回答要求。

で、6月17日の2月11日のエントリーで見た清国公使への公文での照会。
2月8日のエントリーでの小村への口上書提出指示。

6月19日には、2月11日のエントリーでの李鴻章の指示による提議拒絶の電信。

で、2月26日のエントリーで見たように汪鳳藻との対談があったのも19日のようで。
その時にもツッコんだんですが、やはりその段階では内政改革の話はハッキリした答えを出さなかったんですねぇ。
ってことで、単に東学党の乱が已に平定されたから、少数の日本兵を残して他は撤兵しろと迫る。
さらに、要求を受け入れない場合、追加で兵を派遣する、と。
やっぱり最後通牒ですな。(笑)

陸奥はそれに対して、日本政府は日本の提議に対する清国政府の確答が必要なので、まず第一にそのハッキリした答えが欲しいと述べるわけです。
で、まだ日本が撤兵について何等の回答もしてないのに、本日、つまり6月21日に天津の荒川領事と神尾少佐から、天津から5,000人余りの追加兵が朝鮮に派遣されるはずだという電報が届いた、と。
他の電信にも出てくる話なんですが、その元になっている荒川の電報は、残念ですがまだ見つけられていません。

ただ、神尾少佐の電信については、『明治27年自5月31日至6月21日 「着電綴(一)」/6月20日 神尾発 参謀本部宛 盛字軍衛汝貴部下朝鮮に行く 明日頃より乗船始む(レファレンスコード:C06060743900)』で見ることができます。
取りあえず、テキストに起こしておきます。

盛字軍統領衛汝貴、部下の歩兵・砲兵十二営中より4,000を選び、朝鮮に行く。
多分明日頃より乗舩を始むべしと。
又、北塘の呉育仁も部下の五営中より1,500を選び、平壌に続行する為め用意中なりと。
猶ほ、実見の上報告すべし。
ってことで、6月20日発21日着の神尾の電信によれば、計5,500人が追加兵として準備中なんですね。

まぁそういうこともあって、いよいよ衝突が生じた場合には、已に電信で述べたとおり、是非高宗と朝鮮政府を終始味方にしておくことが必要だ。
それを成功させるためには、甘言によって誘引したり厳しい口調で威嚇するなど、総て大鳥に任せる、と。
已に電信で述べたとおりってのは、前回の1894年(明治27年)6月21日発『電送第230号』かな?

次の、「杉村書記官より済物浦発の書簡」ってのがどの文書か不明ですが、恐らく『対韓政策関係雑纂/在韓苦心録 松本記録/1 前編 1(レファレンスコード:B03030197800)』の16画像目左側から始まる話だろうなぁ。
まぁ、当該文書見つけるまでは留保付きとしておきますが、陸奥はその文書に概ね同意。
ただ、第3条は日本政府はそれを撤兵前に着手しようと欲したけども、今ではその望みは殆ど無いと思われる、と。

在韓苦心録を参考にすれば、第3条は事件後の内政改革要求に関する件になっています。
で、考え方としては、2月15日のエントリーでも述べたように天津条約の「一.両国均允朝鮮国王教練兵士足以自護治安又由朝鮮国王選傭他外国武弁一人或数人委以教演之事嗣後日中両国勿派員在朝鮮教練」を拡充、と。

まぁ、日清間の朝鮮に関する条約・協約には、この先例が適用されると思うのが普通だと思うんだけど。


ちょっと長くなりましたが、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)
日清戦争開戦まで(二)
日清戦争開戦まで(三)
日清戦争開戦まで(四)
日清戦争開戦まで(五)
日清戦争開戦まで(六)
日清戦争開戦まで(七)
日清戦争開戦まで(八)
日清戦争開戦まで(九)
日清戦争開戦まで(十)
日清戦争開戦まで(十一)
日清戦争開戦まで(十二)
日清戦争開戦まで(十三)
日清戦争開戦まで(十四)
日清戦争開戦まで(十五)
日清戦争開戦まで(十六)
日清戦争開戦まで(十七)


AD