さて、前回は陸奥から荒川領事への電報、1894年(明治27年)6月17日発『電送第209号』一本のみで終わりました。
当然、北京にいる小村へも電信が送られる事になります。

ってことで、今日もアジア歴史資料センターの『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/4 明治27年6月9日から〔明治27年6月21日〕(レファレンスコード:B03030205000)』の25画像目→24画像目の、1894年(明治27年)6月17日発『電送第210号』から見ていきましょう。
では早速。

Komura,
Peking.

Referring to my telegram of 六月十六日, you are instructed to send verbal note to 総理衙門 as follows:
Japanese Government being desirous that not only present disturbance in Corea be speedily and effectively suppressed, but also in the hope that in future peace and order of Corea be placed on firm and lasting basis so as to prevent frequent recurrences of disturbances tending to endanger the amicable relations of Japan, China and Corea the Japanese Minister for Foreign Affairs has proposed to Chinese Government through Chinese Minister at Tokio on the 16th instant that Japan will act conjointly with China to effect following objects.
1st: to suppress the present revolt and to restore peace and order as speedily as possible,
2nd: to appoint a joint commission from two Governments for the purpose of investigating the means of reforming Corean administration and finance,
3rd: to organize an efficient Corean army for her self-preservation.
It is believed that Chinese Minister has already communicated the above to his Government, and Japanese Government are very anxious that the Chinese Government would, without any delay, answer in acquiescence to proposal through Chinese Minister.

Mutsu.
6月16日の私の電信に関して、次のとおり総理衙門に口上書送れ、と。
日本政府は、朝鮮の現在の騒擾が速やかにそして効果的に鎮圧される事を望んでいるだけでなく、将来の朝鮮の平和と秩序も望み、日本と清国と朝鮮の友好的な関係を脅かす傾向のある騒擾の頻繁な再発を避け、安定した恒久的な基礎を立てるため、日本が清国と共同して次の目的を達成する事を、日本の外務大臣は今月16日に東京で清国公使を通じて中国政府へ提案した。
1.できるだけ速やかに 現在の反乱を鎮圧し、平和と秩序を回復する。
2.朝鮮の行財政を改革するための調査を目的にした、日清両国政府による共同委員を任命する。
3.自衛のために有効な朝鮮軍を組織する。
清国公使が既に上記を貴政府に伝えたと信じている。
そして日本政府は、清国政府が遅滞なく清国公使を通じて提案に同意する事を強く要望する、と。

前回は、荒川経由での李鴻章への回答督促でしたが、今度は小村経由での清国政府への回答督促って感じですね。

で、次も英文・・・。
今度は、『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/4 明治27年6月9日から〔明治27年6月21日〕(レファレンスコード:B03030205000)』の26画像目→25画像目。
陸奥から釜山の室田領事への、1894年(明治27年)6月17日発『電送第211号』。

Murota,
Fusan.

Telegraph line between 京城 and 平壌 interrupted since 六月十六日.
Forward immediately the following telegram to Otori by Chikugogawa Maru which and Kisokawa Maru will ply regularly between 仁川 and 釜山 during the interruption by order of 参謀本部.
Necessary instructions telegraphed to that vessel by 参謀本部.
Inform of this nosse and through him 大鳥.
The following to 大鳥.
The following is strictly confidential.
I had long interview with Chinese Minister 六月十六日 with a view to arrive at some understanding with China for the preservation of peace and order in Corea in future, even if present disturbance be suppressed.
I proposed to Chinese Government a scheme important points as follows: Japan will act conjointly with China,
1st: to suppress revolt and restore order,
2nd: to appoint joint commission from both countries to reform administration and finance,
3rd: to organize efficient army for self-protection.
In spite of the above proposal you may at any time aid Corea to suppress the revolts if occasion presents itself.
Investigate the cause of telegraphic interruption.
Strongly demand Corean Government to repair 平壌 line within a certain time and also 釜山 line as soon as possible.

Mutsu.
6月16日以来、京城・平壌間の電信線は不通。
不通の間参謀本部の命令によって、仁川・釜山間を定期的に往復させている筑後川丸か木曽川丸のいづれかで、至急以下の電報を大鳥に転送すること。
必要な指示は、参謀本部でその船に電報を打った。
これを仁川の能勢領事経由で大鳥に通知すること。
下記の事項は大鳥へ、か?

で、次の事項は極秘として、4月15日のエントリーの1894年(明治27年)6月16日付『電送第205号』と全く同内容の文が続いています。
その後に、電信不通の原因を調査すること。
特定の期間内に平壌線について、また、同様に釜山線についても出来るだけ早く修理するよう、朝鮮政府に強く要求すること、と。

つうか、相変わらず使え無ぇ電信線だなぁ。(笑)
この不通による連絡遅れって、結構重要な場面で頻出だったりします。
モノによっては、その後の歴史が変わったかもしれないものまであるわけで。
まぁ、だから電信がその後の交渉事として大きな割合を占める事になるわけですが。

続いて、『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/4 明治27年6月9日から〔明治27年6月21日〕(レファレンスコード:B03030205000)』の25画像目から。
同様に陸奥から釜山の室田領事への、1894年(明治27年)6月17日発『電送第213号』。

Murota,
Fusan.

Write to Nosse to telegraph from 仁川 to 京城, sent telegram to 大鳥.

Mutsu.
仁川から京城に電報送るために、能勢への電信に大鳥に電信送れって書いとけ、と。
仁川の能勢領事経由で大鳥に通知だから、その辺は分かってんじゃないのかなぁ?(笑)
まぁ、書いとく方が良いのは当然だけどね。

つうか、相変わらず英文キビシイ・・・。
_| ̄|○


今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)


AD