何となく展開が早くなった気がするのは、気のせいなんだろうか。
細かい報告があまりなくて、イギリス・ロシアの介入中心の史料が多く、反復する部分も多かったので、楽できたせいかも知れないなぁ・・・。(笑)

< 2008年8月のエントリー >
イギリスとロシアの介入とそれに対する応答ってのは、中間部の山場じゃないかなぁ、と。
まぁ、日数的に結構交渉続くんですが。(笑)

日清戦争開戦まで(六十八)

属邦問題に関する、大鳥と朝鮮政府の往復文書が中心のエントリー。
何で「いや、独立自主の国だよ。」って即答できないのかが不思議。(笑)


日清戦争開戦まで(六十九)

情報不足のため、割とワンダーランドな元山は置いておいて、清国内の動きがメインですね。
特に、在清イギリス公使から談判開始条件の話があったのは重要。
5月12日のエントリーの条件で1回日本側はオッケー出してるわけですが、日本が朝鮮自主国論を唱えるのを止めること及び撤兵という、二つの追加条件が。
小村は、撤兵に対しては「撤兵は今後の談判を促進しねーし、朝鮮変乱の再発の憂慮もあんだろ」と回答。


日清戦争開戦まで(七十)

いよいよ本格的なロシアの介入。
ヒトロヴォの勧告と、それに対する拒否の意向を在ロシア西公使へ伝える電信についてのエントリー。
この、ヒトロヴォの勧告から結構事態が激しく動き始めます。


日清戦争開戦まで(七十一)

ヒトロヴォの勧告に対する拒否意向について、在イギリス青木公使に伝えられると共に、イギリスによる介入の話も出てきます。
今度は、属邦問題に言及すんな、と。
これに対して陸奥は、色々矛盾してるけど、明確に説明してくれんなら受けるよと返事。


日清戦争開戦まで(七十二)

朝鮮政府が自主国である事を確証した旨の電信が、大鳥から出されます。
もう一つの史料は、ワンダーランドな元山からの報告。


日清戦争開戦まで(七十三)

清国軍南下説について、朝鮮政府とのやり取りの史料が2件。
後は、聶士成の布告について「マジだって」という、袁世凱の回答について。


日清戦争開戦まで(七十四)

ヒトロヴォの勧告に対する拒否意向とイギリスの介入の報告と、それに付随しての大鳥公使への訓令が行われます。
過激な事すんなよ、と。


日清戦争開戦まで(七十五)

これまたヒトロヴォの勧告に対する拒否意向とイギリスの介入について、今度は北京の小村への電信がメイン。
イギリス公使にはちゃんと説明してくれれば受理するよって言っといて、と。
もう一つ、李鴻章が朝鮮政府に「日本の言う事聞くなよ」という電信を送ったっつう話も面白い。


日清戦争開戦まで(七十六)

ロシアの勧告に対する拒否が閣議決定されています。
後は、朝鮮の独立・属邦問題に関する史料となっています。


日清戦争開戦まで(七十七)

天津の荒川領事から、李鴻章とカシニーを中心とした報告についてのエントリー。
特別触れておくような事は特に無い気も・・・。


日清戦争開戦まで(七十八)

小村経由でイギリス公使から、仲裁条件に関して「朝鮮の独立」じゃなくて「朝鮮の保全」だという話が。
つうか、1回OK出した条件に更に追加て。(笑)
もう一つの史料は、ロシアの勧告に対する正式拒否について、在ロシア青木公使への電報。


日清戦争開戦まで(七十九)

ロシアの勧告に対する正式拒否について、在ロンドン青木公使・在京城大鳥公使・在北京小村臨時代理公使・在上海大越領事への電報。
中身は在ロシア青木公使へのものとほぼ同じ。


日清戦争開戦まで(八十)

陸奥の方針に対して、不満げな大鳥公使。
つうか、「諸外国の介入に逆らう強い方針を採る事を心から望む」ってなぁ・・・。


んー、全体とおして見たら、日付は兎も角、話自体はあんまり進んでないのかもなぁ・・・。(笑)


AD

連載80回目です。
史料の日付的には、ようやく半分折り返したかどうか。
ってことは、160回とか行っちゃうんだろうか・・・。
なんか、気が遠くなってきた。(笑)
まぁ、憂えててもどうにかなるわけじゃないんで、先に進みましょう。

史料は、アジア歴史資料センター『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/2 明治27年6月20日から1894〔明治27〕年7月12日(レファレンスコード:B03050308200)』の19画像目。
ちょっと電文番号が読みづらいんだけど、多分359号じゃないかな。
ってことで、京城の大鳥公使から陸奥への、1894年(明治27年)7月2日発『電受第359号』。

Mutsu,
Tokio.

Received your long telegram 七月一日.
As Motono 福島 will be sent to inform my opinion on the pending question, earnestly I hope you will take strong policy against intervention foreign countries.

Otori
貴下の7月1日の長文電報を受け取った。
懸案となっている私の意見を知らせるため、本野参事官と福島中佐が派遣されるだろう。
諸外国の介入に逆らう強い方針を採る事を心から望む、と。

この時、本野と福島が持って行った意見については、杉村濬の『在韓苦心録(B03030197800の38画像目)』に記述があります。
ちょっと引用。

今日の形勢は、日清の衝突は免るべからざれば、1日も早く戦端を開くは我に利あり。
而して、開戦の口実は朝鮮の自主問題を除ては他に之れなきのみならず、自主問題は公明正大にして、各国に対し我義挙を示すに足れり。
清国は広大にして、近年陸海軍を備へたる形あるも、其裏面を窺へば極めて不整備にして恐るるに足らず云々。
もう日清の戦争は免れないんだから、1日も早く戦端を開くのは日本にとって有利だ。
で、その開戦口実は朝鮮の自主問題以外に無いだけでなく、自主問題は公明正大であり、各国に対して日本の義挙を示すのに充分だ。
清国は広大であり、近年陸海軍を表面上備えたように見えるけど、その裏面を見れば極めて不整備であり、恐れるに足りない、と。

つうか、義挙て・・・。_| ̄|○
いや、それ以前に「諸外国の介入に逆らう強い方針」って、「各国に対し我義挙を示すに」足りてないんじゃん、と。(笑)

そもそも、諸外国が朝鮮に対する清国の宗主権を暗黙のうちに認めている中で、「公明正大」とか「義挙」とか言われてもねぇ・・・。

ってことで、先に進みます。
次の史料から、7月3日の史料に入って行きます。

まずは、『駐韓日本公使館記録2』から。
8月13日のエントリーで、聶が出した布告について「マジだって」という返事が袁世凱から来ていました。
その続きの話になります。

ってことで、大鳥から袁世凱への1894年(明治27年)7月3日付けの書翰より。

大日本特命全権公使 大鳥圭介

大清総理交渉通商事宜爲照会事照得所有貴国聶軍門在牙山地方所貼告示曽経於我暦本年六月二十六日照会貴総理核示真偽等因旋准貴暦五月二十八日照覆該門開茲於本月二十八日准聶軍門咨覆査此項告示実係本軍門所出等因本公使准此閲悉査朝鮮国本係自主之邦而無所隷属乃我国認之於始而在朝鮮国無以自主之邦居之此匪独約章之所明載即就朝鮮政府訂約以来曽経辨理交渉事務而論亦為顕然可見也而今貴国聶軍門告示中竟有我中朝愛恤属国不忍坐視不救或保護藩属等名字様此則
貴国直以朝鮮国視同藩属而置我認為独立自主之約于度外即徴之於朝鮮與国辨理交渉実在情形亦為違礙不軽故
聶軍門告示内所開属邦藩属等各字様本公使不徒断以為不是併以此為違背公例之挙特此声明相応備文照会
貴総理請煩査照可也須至照会者
5月26日のエントリーで「これマジ?」って聞いたら、8月13日のエントリー「マジ」って返事来てたけど、朝鮮って元々自主国でどっかに隷属してないし、日本も自主国なのを認めてきて、朝鮮も自認してる。
これは、約章に明記してるだけでなく、朝鮮政府と締約して以降度々辨理交渉事務を経て異論もなかった事からハッキリしてる。

しかし、今回の聶軍門の告示の中に、「我中朝愛恤属国不忍坐視不救」とか「保護藩属」とかの字があったっつうのは、清国が朝鮮を藩属と同一視し、日本が自主独立国と認めて約した事を無視し、朝鮮の同盟関係に徴しても実際の状況に違反する所は少なくない。

聶軍門の告示中属邦・藩属などの文字について、大鳥は絶えずそりゃ違うだろうと言ってたし、公的事実に違背してる、と。

8月13日のエントリーで「7月7日のエントリーの1894年(明治27年)6月28日発『電送第259号』には、「It does not seem politic at present to attempt expulsion by force of Chinese soldiers at 牙山.」という言葉がありましたが、「Demand withdrawal of words 属国 in proclamation of 聶.」という話もあったわけで、その上で先ほども書いた、次回やる予定の陸奥の訓令もあって、大鳥がこれ以降どう対処していくのか、ちょっと楽しみ。(笑)」と書きました。

で、8月15日のエントリーのエントリーで陸奥の訓令があったわけです。
ってか、そん時「属邦問題は提議せず」って書いたけど、「So in the meanwhile limit your action to strong protests」だから抗議はするのか・・・。
んで、今回のような照会になってるんでしょうね。

ってことで、属邦問題に言及しないのは日清談判の時ですね・・・。
ちょっと読み間違えた。
後でこっそり8月15日のエントリーを修正しとこう。(笑)


ってところで、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四) 日清戦争開戦まで(七十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五) 日清戦争開戦まで(七十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六) 日清戦争開戦まで(七十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七) 日清戦争開戦まで(七十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八) 日清戦争開戦まで(七十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九) 日清戦争開戦まで(七十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)



AD

さて。
前回在ロシアの西公使に宛て、ヒトロヴォに出した日本政府の回答要旨が伝えられ、それにロシアからの勧告と勅裁受ける前の意見を添付して、イギリス公使以外の在欧米各国公使館に転送される事になってました。

勿論、青木公使にも同様の電文が送られます。
アジア歴史資料センター『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』の40画像目。
陸奥から、ロンドンの青木公使と京城の大鳥公使への、1894年(明治27年)7月2日発『電送第278号、電送第279号』より。

Aoki,
London

Otori,
Seoul

The following is the substance of my answer to 在日本露国公使 七月二日.

In note of Russian Minister it is stated that Corean Government had officially informed foreign representatives in 京城 that insurrection had already been suppressed but according to the latest information, Japanese Government are constrained to say that the Corean announcement was unhappily premature.
If this last information should be verified as Japanese Government have no doubt it will be, it would not only appear that inciting causes of disturbance had not been extirpated but that actual revolt itself which led to dispatch of Japanese soldiers yet remained to be dealt with.
Again if the causes of the revolts be not now entirely removed they must remain to be a constant source of disquiet and trouble.
Japan's action is absolutely free of any motive of territorial aggrandizement, and it will moreover under all circumstance be limited to real necessities of the actual situation.
Accordingly the undersigned does not hesitate to declare to Russian Minister that Japanese soldiers will be withdrawn the moment when Japanese Government are satisfied that peace and tranquillity have been restored and there is no fear of disturbance in future.

Mutsu
要するに、前回の西公使への『電送第277号』から、在欧米公使館に転送しろ云々が抜けただけの電文。

大鳥公使への『電送第279号』については、電文冒頭に「(24)」と番号を加えるだけで、他に変更点もないですね。
ってことで、中身については省略。

ってか、8月15日のエントリーの1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』が「22」だった筈だけど、「23」はどこに行ったんだろ?

と思ってたら、『駐韓日本公使館記録』の方で見つけたんで、一応テキストにしておくことにします。
陸奥から大鳥への、1894年(明治27年)7月1日発電信より。

From 大臣

(23) Received your telegram 15.
You are to follow instructions mentioned in my long telegram of early morning 七月一日.
「telegram 15」ってのは、8月11日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電受第342号』で、属邦問題に関連して朝鮮政府が江華島条約の第一条を確証したってヤツでした。
それを受け取った、と。

で、7月1日早朝の私の長文電報、つまり8月15日のエントリーの1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』で言及した指示に従え。

平たく言うと、「現状、属邦論に言及すんな」って話。
まぁ、わざわざ返信しなくても、それこそ1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』で分かると思うんだけど。(笑)

さて、これでロシアへの対応に関する電信が送られたのは、在露西公使、在英青木公使、在朝鮮大鳥公使、その他各欧米公使って事になるわけですが、勿論在清小村臨時代理公使へも送られる事になります。
42→41画像目。
1894年(明治27年)7月2日発『電送第280号』。

Komura,
Peking.

The following is the substance of my answer to 在日本露国公使 七月二日.

In note of Russian Minister it is stated that Corean Government had officially informed foreign representatives in 京城 that insurrection had already been suppressed but according to the latest information, Japanese Government are constrained to say that the Corean announcement was unhappily premature.
If this last information should be verified as Japanese Government have no doubt it will be, it would not only appear that inciting causes of disturbance had not been extirpated but that actual revolt itself which led to dispatch of Japanese soldiers yet remained to be dealt with.
Again if the causes of the revolts be not now entirely removed they must remain to be a constant source of disquiet and trouble.
Japan's action is absolutely free of any motive of territorial aggrandizement, and it will moreover under all circumstance be limited to real necessities of the actual situation.
Accordingly the undersigned does not hesitate to declare to Russian Minister that Japanese soldiers will be withdrawn the moment when Japanese Government are satisfied that peace and tranquillity have been restored and there is no fear of disturbance in future.
Inform 在天津領事 and 在芝罘領事 dispatch of Russian Minister and this reply.

Mutsu
前出の『電送第278号、電送第279号』と違う点は、最後の一文が加わった事だけですね。

ロシア公使の公文とこの回答を在天津領事と在芝罘領事に通知しろ、と。
西公使が在各国公使館に送れって言われたのと同じパターンで、小村に在清各領事に送れって形ですね。

で、在天津領事と在芝罘領事だと、在上海領事が抜けてる事になります。
実は、在上海の大越領事に対しては、何故か別途電信が送られてるんですね。
ってことで、43→42画像目。
1894年(明治27年)7月2日発『電送第281号』。

Okoshi
Shanghai

在日本露公使 brought me the following official dispatch 六月三十日.

"Corean Government having officially informed foreign representatives in 京城 that insurrection has been suppressed already and having asked to assist them to effect the withdrawal of Chinese and Japanese troops.
The undersigned has received command from His Majesty the Emperor to support the request of Corean Government by calling special attention of Japanese Government that they would assume a serious responsibility if they should put an obstacle to the simultaneous withdrawal of both Chinese and Japanese troops."

The following is the substance of my answer to 在日本露国公使 七月二日.
In note of Russian Minister it is stated that Corean Government had officially informed foreign representatives in 京城 that insurrection had already been suppressed but according to the latest information, Japanese Government are constrained to say that the Corean announcement was unhappily premature.
If this last information should be verified as Japanese Government have no doubt it will be, it would not only appear that inciting causes of disturbance had not been extirpated but that actual revolt itself which led to dispatch of Japanese soldiers yet remained to be dealt with.
Again if the causes of the revolts be not now entirely removed they must remain to be a constant source of disquiet and trouble.
Japan's action is absolutely free of any motive of territorial aggrandizement, and it will moreover under all circumstance be limited to real necessities of the actual situation.
Accordingly the undersigned does not hesitate to declare to Russian Minister that Japanese soldiers will be withdrawn the moment when Japanese Government are satisfied that peace and tranquillity have been restored and there is no fear of disturbance in future.

Mutsu
前段部は、8月6日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日付けのヒトロヴォの公文。
後段部は、今日のエントリーの冒頭1894年(明治27年)7月2日発『電送第278号、電送第279号』と同じですね。

つうか、そうなると他の公使や領事に送られたのと、何で別にする必要があったのか分からないんですが・・・。(笑)
そんなに勅裁前の意見を書いちゃ駄目な理由が、上海にだけはあったのかな?
良く分からん。


ってところで、今日はほとんど内容がダブってる史料のテキスト起こしに終始しちゃいましたが、取りあえずここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四) 日清戦争開戦まで(七十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五) 日清戦争開戦まで(七十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六) 日清戦争開戦まで(七十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七) 日清戦争開戦まで(七十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八) 日清戦争開戦まで(七十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)



AD

ある事情で多少消耗してますが、頑張って先に進みたいと思います。

今日は、アジア歴史資料センター『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』の27画像目から見ていきます。
小村から陸奥への、1894年(明治27年)7月2日発『電受第352号』より。

Mutsu
Tokio

British Minister says he has never used the word independence.
What he means is integrity which does not necessarily imply independence.

Komura
イギリス公使は、自分は「独立」という単語を一度も使ったことが無く、その意味は必ずしも「独立」という意味を含むものではない「保全」であると言っている、かな?

8月18日のエントリーの1894年(明治27年)7月1日発『電送第271号』に対して、早速返事が来た形かな?
ってことで、「朝鮮の独立と変乱予防を基礎として、属邦論に言及しなければ、清国政府はそれ受理する意向がある」ではなく、「朝鮮の領土保全と変乱予防を基礎として、属邦論に言及しなければ、清国政府はそれ受理する意向がある」だ、と。

結局、5月12日のエントリーの1894年(明治27年)6月25日発『電受第311号』での、「もし朝鮮の領土保全と騒乱防止を基本にした申し入れがなされれば、王大臣は提案を考慮するだろうと申し入れてきた。」に、更に「属邦とか独立とか言わなければ」っていう追加の条件が付いただけか。

つうか、6月2日のエントリーの1894年(明治27年)6月27日発『電送第257号』で、「清国が1回拒否ったにも係わらず、朝鮮の領土保全の相互尊重と騒擾防止を基本にした申し入れがされるんなら良いよ」って、向こう提示条件で1回OK出してるのに、更に追加条件って。(笑)

続いて、同じく『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』より。
35→34画像目が英文、36→37→38→39画像目が訳文になっています。
陸奥から在ロシアの西公使への、1894年(明治27年)7月2日発『電送第277号』から。

在露公使

The following is the substance of my answer to 在日本露国公使 七月二日.

In note of Russian Minister it is stated that Corean Government had officially informed foreign representatives in 京城 that insurrection had already been suppressed but according to the latest information, Japanese Government are constrained to say that the Corean announcement was unhappily premature.
If this last information should be verified as Japanese Government have no doubt it will be, it would not only appear that inciting causes of disturbance had not been extirpated but that actual revolt itself which led to dispatch of Japanese soldiers yet remained to be dealt with.
Again if the causes of the revolts be not now entirely removed they must remain to be a constant source of disquiet and trouble.
Japan's action is absolutely free of any motive of territorial aggrandizement, and it will moreover under all circumstance be limited to real necessities of the actual situation.
Accordingly the undersigned does not hesitate to declare to Russian Minister that Japanese soldiers will be withdrawn the moment when Japanese Government are satisfied that peace and tranquillity have been restored and there is no fear of disturbance in future.
Inform all Legations Europe and America except 在英公使, first 57 words of my telegram 六月三十日 adding this telegram.

Mutsu


本日露国公使へ與へたる本大臣回答の要点左の如し。

露国公使の書翰中、朝鮮国政府は公然京城駐箚外国代表者に告るに、変乱已に鎮定に帰したりとの事を以てしたる旨を記載せり。
然れども最近の報告に拠れば、日本政府に於ては不幸にも朝鮮政府の申立未だ大早計なりと云はさるを得ず。
若し前記の報告にして、日本政府の確信せる如く果して事実なるに於ては、変乱の近因未だ除かれざるのみならず、日本軍隊を簡派するに至らしめたる変乱も尚之が処分を要するものの如し。
若し今にして変乱の原因全く取除かれざるに於ては、将来常に不穏及困難の種子を存すべし。
日本国の所為は、決して土地侵略の意に出でたるに非らず。
而して、該処置たるや如何なる事情に於ても現在の形勢に応ずる実際の必要に限らるべし。
故に本大臣は、日本政府に於て平和克復し、将来決して変乱の虞なしと認め次第撤兵すべしと宣言するに躊躇せざるものなり。

6月30日本大臣発電報中、左の電文を本電文に附記して在英公使を除き其他の在欧米各公使館へ通知せらるべし。

在日本露国公使は、6月30日左の公文を齎し本大臣へ交付せり。

朝鮮政府は、同国の内乱既に鎮定したる旨を公然同国駐箚の各国使臣に告げ、又清兵竝日本兵を撤回せしむることに付、該使臣等の援助を請へり。
因て本官の君主たる皇帝陛下の政府は本官に命じ、日本帝国政府に向て朝鮮の請求を容れられん事を勧告し、且つ日本が清国政府と同時に在朝鮮の兵を撤回することに故障を加へらるるに於ては、重大なる責に任ずべきことを忠告致候。
前陳の事を外務大臣閣下に申通すると共に、重ねて茲に敬意を表す。
 露暦
  1894年6月30日
右に対する回答は、閣議決定 勅裁を得たる上之を送るべしと雖ども、其の要点は概ね左の如くなるべし。
第一.韓国の騒乱未だ全く鎮定に至らず。
第二.騒乱の起る原因は猶未だ鎮滅に至らず。而して其証拠には、数日前にも現に騷乱再発せり。故に露国政府は此点に就ては誤解したるものと言はざるを得ず。
第三.朝鮮に於ける日本の目的は、親交平和の外他意あるに非らず。
伊藤伯と本大臣は同意見にして、則ち日本は決して露国の差図に従はざるへしとす。
8月20日のエントリーの閣議決定でも同様の話を見たわけですが、一応今回の分も見ていきましょう。

今日、ロシア公使に与えた陸奥の回答の要点。
ロシア公使の書翰中に、朝鮮が公然各国公使等に変乱は既に鎮定されたって言ったって事だけど、最近の報告によると、日本政府としては朝鮮政府の申し立ては大早計だと言わざるを得ない、と。

もし前記の報告が、日本政府が確信するように事実とすれば、変乱の近因が取り除かれていないだけでなく、日本軍を派兵することになった変乱自体も、尚その処分を要するだろう。
もし今のうちに変乱の原因を全く取り除かないのならば、将来常に不穏や困難の種を残すだろう。

日本が今回出兵した理由は、決して土地侵略の意図によるものではない。
その処置は、どのような事情においても、現在の形勢に応じる実際の必要に限られるだろう。
従って、陸奥は日本政府は平和が回復され、将来も決して変乱の恐れが無いと認め次第撤兵すると宣言するのに躊躇しない、と。

で、西公使に対して、8月6日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電送第268号』を今回の電文に付記して、在イギリス青木公使と最初の57字を除いて、その他の在欧米各公使館へ通知しろ、と。
つうか、最初の57字ってどこからどこまでだ?(笑)

ってところで、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四) 日清戦争開戦まで(七十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五) 日清戦争開戦まで(七十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六) 日清戦争開戦まで(七十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七) 日清戦争開戦まで(七十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)




今日は前置きなしで。
アジア歴史資料センター『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第二巻/2 明治27年6月28日から1894〔明治27〕年7月15日(レファレンスコード:B03030206200)』の13~15画像目。
天津の荒川領事から陸奥への、1894年(明治27年)7月2日付『機密第9号』。
長いので、分割しながら。

李鴻章并に露国公使挙動及び雑件報告

李鴻章竝に欧米人等の動静上注意致居候処、去月19日以来李伯は出師の準備相急ぎ候如く相見へ、且つ内々探偵頼置候者共よりも、現状内報致し来候。
然るに、去月25、6日頃より模様忽ち一変し、準備済の軍隊も空しく命令を待つに止まり出発の模様無之に付、精々探索を遂げ候処、李の主戦意見北京政府の拒絶する所と相成り、暫時李は断然日本に敵対するの止を得ざる理由を貫撤せしむる方に尽力致居る旨聞及候。
約5,000人の追加派兵については、3月5日のエントリーを始めとして何度も話が出てきました。

また、その派兵の留保については、6月13日のエントリーで「和すべくは和し、戦を避けよ」という軍機大臣からの書翰や、「各国公使が出兵を以て不可と為す故に、貴大臣出兵の事には同意し難し」という書翰について、天津の神尾少佐から大鳥公使への報告が見られました。

で、それ以降李鴻章は、断然日本と敵対するのがやむを得ない理由を貫徹させる事に尽力している、と。
李鴻章、もう戦る方向でしか考えて無いのね。(笑)

其間露国公使伯爵カシニーは、去月25日急に当地出発を見合せ候に付、同人の挙動に注目致居候処、当港税務司にして李鴻章の外政顧問と目せられ居るデトリング氏并に盛海関等と会合すること頻繁なりと伝聞し、又同公使は露国政府へ電報を発し、其返電次第出発すべしとの事実は露国公使館附武官の口外するところなれば、愈不審に存居候処、内密に報ずるものありたり。
云く、実際李鴻章の内■を受け、デトリングと内議の上日清間の仲裁を取るの意を決したるを以て本国政府へ請訓せり。
愈同政府に於て許可するに及ばば、同公使は再び北京に帰りウエバー代理公使は京城に復任すべし云々。
依て、其真偽は知るに由なきも、事実上疑ふべき点不少候に付、不取敢別紙甲号の通り電報及置候。
今日迄同公使は出発の模様相見へ不申候。
2月19日のエントリーから帰る話が出ており、その後ずっと天津に居座ってるカシニーですが、天津税務司のデトリングと内議して、日清間の仲裁をする意を決してロシア本国へ請訓。
もしロシア政府が許可すれば、カシニーは北京に帰り、ウェベル代理公使は朝鮮に帰任するだろう、という内報があったようで。

ま、日本に言ってきたのは、「仲裁」じゃ無い気がしますが・・・。(笑)

ってことで、カシニーに関する話の真偽は不明だけど、事実上疑うべき点が少ないため、取りあえず別紙甲号の通り電報したけど、今日迄カシニーが出発する様子は無い、と。
別紙甲号については、17画像目の上段のものになるんですが、これは8月4日のエントリーで見た1894年(明治27年)6月30日発『電受第333号』ですね。

んじゃ、続き。

李鴻章の挙動は去月30日より又々一変し、軍備を急ぎ、大に計画する所あるよし。
元より同伯の軍備上に関する件には秘密を厳守せしめ候次第なれば、何人も実事を知るもの少なし。
昨日来、2、3の外国人来て内報する処に依れば、清国政府も李の主戦意見に同意したる如くに相見申候。
で、一時増派中止してたわけですが、6月30日からまたもや一変し、軍備を急ぎ、大に計画する所があるらしい。
元々李鴻章の軍事に関する件は、秘密を厳守しているので本当の所を知る者は少ないが、7月1日から何人かの外国人が来て内報するところによれば、清国政府も李鴻章の主戦意見に同意したように見える、と。

つうか、ロシアとイギリスの仲裁の最中・・・。(笑)

日本政府より提出せる3ヶ条の協議案は、幾百弗を投じて探索するも更に知れざる由なり。
僅に3ヶ条の要求ありと申し居るものあり。
現に露国・仏国武官等の如きは、金銭を投ずる莫大なるも、実際のヶ条は知らざるなれば、李鴻章も深く秘し居ること明なり。
日本から提出した3ヶ条の協議案、つまり、東学党の乱の協同鎮圧と、両国委員等による内政調査と、朝鮮の国力に合った陸軍創設って協議案については、僅かに3ヶ条の要求があると言ってる者がいる程度で、知られていない模様。

現にロシアやフランスの武官等は、莫大な金銭を投入してるのに、実際の協議案は知らないので、李鴻章も極秘にしていることは明らかだ、と。

んー、2月18日のエントリーで、日本領事にすら「同公使よりは、両国委員撰任行政改革等の箇條はなかりし。」って言ってるわけで、秘密にしてるわけじゃなくて、マジに李鴻章自身が詳しく知らないって可能性は無いのかしら。(笑)

然れども、李が兵力を以て日本の行為に対し敵対する決心は、充分に相顕はれ候。
目下準備済にして出師命令を待ち居る兵は、小站八営并に北塘貳営にして、其司令官は小站は衛汝貴、北塘は呉育仁と申すものなるよしなり。
依て、一営500人とせば10営にて5,000人なれども、此後の模様に依れば多少増加するも知る可からず。
本月1日以来の内報に依れば、李鴻章は大兵を満州に集むるの計画を為し居るとの事なり。
并に、今後朝鮮に出兵するに於ては大同江より上陸せしむべき筈の由、窃に探知せるを以て、本日其旨第1号の通り電報致置候。
しかし、李鴻章が兵力によって日本の行為に対して敵対する決心は、充分に現れている。
現在待機中の兵は5,000人だが、今後の状況によっては多少増加するかもしれない。

7月1日以降の内報によれば、李鴻章は大軍を満州に集める計画をしているとの事であり、併せて今後朝鮮に出兵する際には、大同江から上陸させる筈という事を密かに探知したので、今日その旨を第1号のとおり電報しておいた、と。

この第1号については、最後に回して次に進みます。

外国人等竝に普通清国人等の伝ふる所に依れば、日清間の事情大に切迫し来り、5、6日間には開戦に及ぶべしと、何となく穏ならざる風聞に有之候。
現に、本日日本郵船会社代理店主フィリッポー氏来館。
云く、或る清国官吏より窃に聞く所に依れば、事情旦夕に迫り居候に付、本月6日着津すべき玄海丸は、大沽炮台より発炮の恐れありと。
果して右様の場合なれば、同船は着津前相当の注意を与へ度存候が如何に候哉と同人より申出候。
依て小官は、右様危急の理由あるを知らず。
日清間争闘の模様ある如きは、毫も承知致さず候に付、何にも気遣ふに及ばざるべしと答置候。
外国人や一般の清国人等には、日清間の状態は非常に切迫しており、5~6日間で開戦に至るだろうと、何となく穏やかでない風聞があり、現に日本郵船会社代理店主のフィリッポーが領事館を訪れ、「清国官吏から密かに聞いたところでは、状態が切迫しているので、7月6日に天津に到着する玄海丸は、大沽砲台から発砲される恐れがあるって言うんだけど、もしそうなら、玄海丸に注意するように伝えたいんだけど、どうすれば良い?」と言ってきた。

ってことで、そんな危急の理由がある事自体知らないし、日清間が戦争状態になったとか少しも知らんし、心配する必要無いよって言っといた、と。

んー、元山だけじゃなかったのか・・・。(笑)
情報少ないって、怖ぇ~なぁ・・・。

日韓間の談判上清が干渉する証跡は、此際御参考に可相成ものと相信じ、内々探索致候得共、別に未だ入手不致候処、6月23日牙山出張将官聶士成より李鴻章へ発電したる電文中、大鳥公使朝鮮国王へ3ヶ条の案を提出されたる件に付、多少袁世凱が同国王へ申し含めたる如き文意有之候に付、別紙聶よりの電文寫第乙号茲に封入差出候条、御査閲相成度候。
右雑件為御参考及御報告候也。
で、最後に日韓間の談判に関して清国が干渉する証拠は、今後の参考になると思って探ってたけど特に証拠も入手できてなかった。
そこに、6月23日に牙山の聶士成から李鴻章に発電した電文中に、大鳥公使が朝鮮国王に3ヶ条を提出した事について、多少袁世凱が高宗に申し含めたような文意があるんで、乙号で送るんでヨロ、と。

この別紙乙号については、6月13日のエントリーの神尾少佐から大鳥への1894年(明治27年)6月27日付報告の別紙として出てきてましたね。

さて、かなり長くなってますが、どうせ乗りかかった船なので、中頃に出てきた別紙第1号について、やっちゃいたいと思います。
17画像目下段の、1894年(明治27年)7月2日付電信より。

Mutsu Tokio

Chinese Government appears to have agreed to warlike measures proposed by 李鴻章.
Landing place of Chinese army in future appears to be 大同江.
Chinese army ready for start is still waiting for orders.

Arakawa
清国政府は、李鴻章の主戦論に同意したらしい。
今後の清国軍の上陸地点は大同江らしい。
清国軍の出発準備が整い、命令を待っている状態だ、と。
んー、結局ロシアに調停依頼したのって、単なる時間稼ぎだったのか?


ってところで、長くなりましたが今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四) 日清戦争開戦まで(七十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五) 日清戦争開戦まで(七十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六) 日清戦争開戦まで(七十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)




さて。
8月6日のエントリーの西公使への1894年(明治27年)6月30日発『電送第268号』、8月8日のエントリーの青木公使への1894年(明治27年)6月30日発『電送第269号』、8月15日のエントリーの大鳥公使への1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』、前回の小村臨時代理公使への1894年(明治27年)7月1日発『電送第271号』と続いた一連の史料の中で、「回答は、閣議決定勅裁を得たる上」送られる事になっていましたが、今日はその回答について見ていきたいと思います。

アジア歴史資料センターの『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』の28画像目。
陸奥からヒトロヴォ宛の、1894年(明治27年)7月1日起草の『親展送第44号』より。

7月1日、外務大臣は此回答案を臨時閣議に提出せられ、閣議決定の上翌日上奏。
裁可を経て之を露国公使に送附せり。

6月30日の来文に対する露国公使え回答案

去月30日午後、露国特命全権公使閣下より下名に手交せられし公文は、頗る緊要に属するものなるを以て、帝国政府に於ては篤と熟閲を加へたり。
右公文中に、朝鮮政府は同国の内乱既に鎮定したる旨を、公然同国駐箚の各国使臣に通告したりと記載せられたるも、帝国政府が接受したる最近の報告の趣に拠れば、不幸にも朝鮮政府の該通告は大早計に出てたると言はざるを得ず。
然り而して、右最近の報告にして帝国政府が確信するが如く事実なるに於ては、啻に事変を醸成するの原因未だ芟除せられざるのみならず、日本兵員を派遣するの已むを得ざるに至らしめたる変乱も、猶ほ未だ全く其跡を絶つに至らずして、之が処分を要するものの如し。
而して、今若し該変乱の根源にして全然掃攘せられざるときは、将来又常に擾乱紛騷を引起す事を免れず。
帝国政府の措置は、疆土侵略の意に出でたるものに非らずして、全く現在の形勢に対して已むを得ざるの必要に応ずるに外ならず。
是故に、帝国政府に於て朝鮮国内の形勢全く平穏の域に復し、将来復た何等の虞なかるべしと認むるに於ては、目下朝鮮に在る所の日本兵員を撤回すべき事は、下名は之を露国特命全権公使閣下に明言するに躊躇せざるなり。
帝国政府は、露国皇帝陛下の政府が友厚なる勧告に対して謝意を表すると同時に、両国政府間に幸に現存する相互の信義と好誼とに因り、今下名がなせし明言は露国政府に於て十分信を置かるべき事は、帝国政府の信じて疑はざる所なり。
前陳の事を露国特命全権公使閣下に回答するに当て、重ねて茲に敬意を表す。
敬具
7月1日起草・閣議決定。
7月2日上奏・裁可・ヒトロヴォへ送付されたものですね。

で、ヒトロヴォが6月30日午後に持ってきた公文中、朝鮮政府が東学党の乱を既に鎮圧したと、各国使臣に公然と通告したって言うけど、日本が接受した最近の報告によれば、この朝鮮政府の通告は大早計だ、と。

その最近の報告が、日本の確信するように事実であるとすれば、ただ事変を醸成した原因がまだ取り除かれていないだけでなく、日本の出兵をやむを得なくした変乱自体がまだ完全に終息しておらず、その処分が必要だろう。
そして、今もし変乱の根源を全然はらいのけない時は、将来また常に擾乱・紛騷を引き起こすのは免れない。

日本の措置は、朝鮮の疆土侵略の意図から出たのではなく、全く現在の形勢に対してやむを得ない、必要に応じた措置に他ならない。
このため、日本は朝鮮国内の形勢が全く平穏になり、将来的にもまたなんの虞もないと認めれば、現在朝鮮にいる日本兵を撤兵する事については、ヒトロヴォに明言するのに躊躇しない、と。

8月6日のエントリーで、ロシアに「日本帝国政府に向て朝鮮の請求を容れられん事を勧告し、且つ日本が清国政府と同時に在朝鮮の兵を撤回することに付故障を加へらるるに於ては、重大なる責に任ずべき」と足枷嵌められてますので、前提間違えてるよ、と。

さらに、当初から言ってきたとおり、将来的な平穏も保証されるような状態になれば、当然撤兵するし、という外交的スタンスは変わってないわけで。
まぁ、朝鮮半島の安定ってのは、日本だけの望みでは無いですからねぇ。

で、これをロシア語訳(?)したと思われるものが32→31画像目。
英訳したものが34→33画像目になってますが、どっちもテキスト起こしは省略。

さて。
次の史料からは7月2日の史料に移っていきます。
まず最初は、『駐韓日本公使館記録2』から。
8月1日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日付『第16号』で、朝鮮は独立国である旨の回答がありましたが、それに対してのもの。
1894年(明治27年)7月2日付『第66号』より。

以書簡致啓上候。
陳者貴暦甲午5月27日貴公文第16号を以て、査丙子修好條規第一款内載朝鮮自主之邦保有与日本平等之権一節本国自立約以来所有両国交際交渉事件均按自主平等之権辨理云々、且本国内治外交向由自主亦為中国之素知至中国汪大臣照会逕庭与否応与本国無渉本国与貴国交際之道只可認照両国條規辨理為妥云々御申越相成候に付、遂一閲候処、貴督辨が茲に重ねて貴我修好條規第一款の意義を慥められたるは、本使の満足する所に存じ候。
殊に、御来文中内治外交向由自主亦為中国之素知一節を掲出されたるに至りては、貴国の内治外交は総て其自主に任じて、毫も清国君主権の干預を受けず所謂不覊独立の邦国なることを、特に聲明せられたるものと解釈。
貴我両国の為め、本使の誠に欣悦する所に存じ候。
依て、此段照覆得貴意候。
敬具
この次に漢訳文が続くんですが、そっちは省略。

8月15日のエントリーの1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』で訓令受けてるので、深くは突っ込んでない文ではありますが、それでも余計な言葉が多い気もします。(笑)
何か、属邦論に未練タラタラな雰囲気。

続いてはアジア歴史資料センターの史料から。
『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/4 明治27年7月2日から1894〔明治27〕年7月23日(レファレンスコード:B03050308400)』の10画像目。
大鳥から陸奥への、1894年(明治27年)7月2日付『機密第115号』より。

朝鮮国が清国の属邦たるや否や慥かめし為め、朝鮮政府竝に清国駐在官と往復公文寫合計5通、今般本野外務省参事帰国の便に託し申進候間、御査閲相成度此段及具稟候也。
朝鮮国が清国の属邦なのかを確かめるため、朝鮮政府と清国駐在官への往復公文5通を、今回帰国する本野参事に托す、と。
その5通とは、11画像目が6月25日のエントリーの1894年(明治27年)6月28日付『第59号』。
12→13画像目が、8月1日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日付『第16号』。
14画像目が・・・今やったばっかりジャン。
気付かなかった。(笑)
ってことで、今日の1894年(明治27年)7月2日付『第66号』。
15→16→17画像目が、5月28日のエントリーの大鳥から袁世凱への1894年(明治27年)6月26日付照会と、その一連の文書。
18画像目が、8月13日のエントリーの袁世凱から大鳥への1894年(明治27年)7月1日付書簡って事になっています。

返事待ってとか、そういうのは省略された模様。(笑)


ってところで、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四) 日清戦争開戦まで(七十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五) 日清戦争開戦まで(七十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)




あっという間にお盆休みも終わり・・・。
何つうか、夏休みのある身分に戻りたい時期ですね。(笑)

さて、前回は史料1つしか紹介できませんでしたので、引き続いて英文史料を見ていきたいと思います。
今日も、アジア歴史資料センターの『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』から。
22→21画像目が英文で、23→24画像目が訳文になっています。

内容的に前回の1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』や8月8日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電送第269号』とほぼ同じなので、今回は訳文の方だけ取り上げてみたいと思います。
んでは、陸奥から北京の小村への、1894年(明治27年)7月1日発『電送第271号』より。

小村臨時代理公使へ電信訳

在日本露公使は、6月30日左の公文を齎らし来り、本大臣に交付せり。

(此処へ露公使の公文入る)1号を見よ

右に対する回答は閣議決定勅裁を経たる上にて送附せらるべし。
併し、右回答は多分露国の申入を拒む方ならん。
何となれば、日本は決して露国の指図に従ふべからざるものなればなり。
在英国日本公使は、6月29日附を以て左の通り電報せり。

英国外務大臣より本使に告げて曰く、在清英公使の報告に依れば朝鮮問題に付き日本を強制するの目的を以て、李鴻章より露国の斡旋を乞へりと。
斯る有様に立到りたる上は一大紛議を生ぜざるを保せず、其場合には英国にても拱手傍観すること能はずと。
英国外務大臣は、帝国政府より清国及朝鮮政府に向て提議せし要求の件を、閣下より通知せらるる様本使に請求せり。

在日本英国代理公使は、在清英国公使よりの申入に依り本官に告げて曰く、若し日本の提議にして独立及び擾乱の予防を基礎となし、属邦論は之を度外に置くときは、清国政府に於て之を受理するの意嚮なりといへり。
本大臣之に答て曰く、御申入の次第は彼是矛盾致し居り其意を了解するを得ず。
併し、若し御申込の次第にして苟も分明に説明せらるるに於ては、本大臣は欣然之を受理すべしと。
貴官は本電信の趣を内密に在清国英国公使に申含めらるべし。
ってことで、「属邦論は之を度外に置くときは、清国政府に於て之を受理するの意嚮なりといへり。」までは、前回の1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』とほぼ同じ。

で、更に在日本英国代理公使に対して、言ってる事色々矛盾してるし、意味わかんねぇけど、もしその申し込みについてハッキリ説明してくれれば、陸奥は喜んで受理するだろうと答えた、と。
この辺まで、8月8日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電送第269号』とほぼ同じ。

最後に、小村に対して、この電信の趣旨を内密に在清国イギリス大使に申し含めろ、と。

続いて、陸奥からイギリスの青木公使に対する電信。
同じく25画像目。
1894年(明治27年)7月1日発『電送第274号』より。

在英公使

You can inform Minister for Foreign Affairs about Russia as it is no more necessary to conceal after my long telegram of morning 七月一日.

Mutsu
ロシアに関してこれ以上秘密にする必要が無いので、7月1日朝の陸奥の長文電報に倣って、外務大臣に知らせてもよい、かな?

8月8日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電受第345号』で、ロシア公使~に関する全てを省略するなら、貴下の最後の電報は役に立たないだろうと青木が電信を寄越してましたが、それに対する返事と考えて良いのかな?

つうか、何でヒトロヴォとの対談については秘密なんだろ?

続いては、同じく25画像目が英文で、26画像目が訳文になっている、小村から陸奥への1894年(明治27年)7月1日発『電受第347号』。

Mutsu
Tokio

French Minister received report from Tientsin to the effect that fifteen 営 or about 7,500 of Chinese soldiers are to be despatched immediately and they will be landed at 平壌 in 平安道.
French Minister deprecates war but says French interest in Corea is only the protection of missionaries.

Komura


電信訳文

在清仏国公使は、天津より左の如き報知を得たり。
凡そ15営即ち7,500の清兵は、直に派遣せらるべし。
而して右清兵は、平安道の平壌に上陸すべし。
同公使は開戦を非とせり。
且つ曰く、朝鮮に於ける仏国の利害は、只宣教師を保護する事而已なりと。
在清国のフランス公使は、天津から次のような知らせを受けた。
約15営・7,500名の清兵が至急派遣され、その清兵は、平安道の平壌に上陸するだろう、と。

フランス公使は開戦を非としており、かつ朝鮮におけるフランスの利害は、ただ宣教師を保護することだけだと言ってる。

いやね、「開戦を非とせり」とか言われても、ロシアやイギリスが調停している最中、「乱が収まった」と自分でも言ってる地域に派兵する話なわけでね。
やる気以外の何があるんだ、と。
日本じゃなく、清国に向かって言えや。(笑)

今日最後の史料は、アジア歴史資料センターの『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/2 明治27年6月20日から1894〔明治27〕年7月12日(レファレンスコード:B03050308200)』から。
17画像目。
大鳥から陸奥への、1894年(明治27年)7月1日発『電受第356号』より。

Mutsu
Tokio

Secretly have been informed that 李鴻章 telegraphed to Corean Government to the effect that foreign powers disprove Japan's action in Corea; that she has fallen into dilemma; that China will make Japan withdraw her soldiers and therefore Corean Government should never listen to any proposal from 大鳥.
The above telegram being circulated in order to cheat Corean Government, Hope you will not agree to such proposal as to withdraw Japanese Chinese soldiers simultaneously.
袁 answered me officially morning 七月一日 that the proclamation of 聶 is genuine.


電信訳文

内密の手段を以て聞得たる所に依れば、李鴻章は左の如き電報を朝鮮政府へ送れりと云ふ。

諸外国は、今般朝鮮に於ける日本の行為を非難す。
日本は進退谷まれり。
清国は、日本をして其兵を撤回せしむべければ、朝鮮政府は大鳥より如何なる提議ありとも是に耳を傾くること勿れと。

右の電信は、全く朝鮮を欺かんが為めに流伝せられたるもの故、閣下は我兵を支那兵と同時に朝鮮より撤回せざらんことを望む。
袁世凱は、7月1日午前、公文を以て聶提督の宣言は実なりと答えたり。
内密の手段で聞き得た情報によれば、李鴻章は、諸外国は今回の朝鮮での日本の行為を非難し、日本は進退窮まっている。
清国は日本に撤兵させるだろうから、朝鮮政府は大鳥からどんな提議があっても、それに耳を貸すな、という電報を朝鮮政府に送ったという。

この電報は、全く朝鮮を欺くために流されたものであるため、陸奥には日本兵を清国兵と同時撤兵しないことを望む。
袁世凱は、7月1日の午前、公文により聶提督の宣言は事実だと答えた、と。

元々、昨年の4月18日のエントリーの1894年(明治27年)6月17日付『機密第96号 陸兵を撤回せしむ可き最後の処置に付伺』でも述べていたように、「清国ツヨス!袁世凱カッコヨス!」ってなるから駄目と言ってた大鳥ですが、ここでまた李鴻章から似たような話が出てきて、同様に同時撤兵はするな、と。

どっちがより朝鮮人の事大根性を捉えるか、みたいな。(笑)


ってことで、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四) 日清戦争開戦まで(七十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)




今日も自動更新でお届けします。
前回は、漢文史料三昧だったわけですが、今回は英文史料三昧の予定。(笑)

ってことで今日は、前回少しだけ触れた、「次回やる予定の陸奥からの訓令」から見ていきたいと思います。
アジア歴史資料センターの『東学党変乱ノ際韓国保護ニ関スル日清交渉関係一件 第一巻/8 明治27年6月29日から明治27年7月2日(レファレンスコード:B03030205400)』の17→16→15画像目の英文と、18→19→20画像目の訳文から。
陸奥から大鳥への、1894年(明治27年)7月1日発『電送第270号』。

Otori
Seoul

22. 在日本露公使 brought me the following official despatch 六月三十日.
"Corean Government having officially informed foreign representatives in 京城 that insurrection has been suppressed already and having asked to assist them to effect the withdrawal of Chinese and Japanese troops, the undersigned has received command from His Majesty the Emperor to support the request of Corean Government by call special attention of Japanese Government that they would assume a serious responsibility if they should put an obstacle to the simultaneous withdrawal of both Chinese and Japanese troops."
Reply to the above will be sent after Cabinet decision and imperial Sanction, but 伊藤 and I being at one not to obey dictate of Russia, it would likely be in the negative.
在英公使 telegraphed dated 六月二十九日 as follows: "Minister for Forign Affairs told me that British Minister to China reported that 李鴻章 invited Russia to intervene in Corean question in order to excercise pressure on Japan. Under these circumstances a great complication might arise to which England could not be indifferent. He requested me to induce you to communicate Japan's demands on China and Corea probably with a view of mediating for their acceptance."
在日本英国代理公使 approached me under suggestion of British Minister to China and told me that China would be disposed to entertain Japan's proposal if it is on a basis of independence and prevention of disturbances not touching the question of suzerainty.
Under these circumstances the whole question may assume diplomatic complication directly between different governments and though Japan would not shrink from conflict yet we must maintain consistent attitude so as to justify our declaration to England, Russia and others that we would not go to war unless defensively compelled for the sake of self-protection.
So in the meanwhile limit your action to strong protests and prosecution of our proposal for reform and refrain from any violent offensive measures.
栗野 will arrive at 京城 七月四日 with my verbal instructions according to which you will act.
大鳥 received instructions from 參謀本部 to refrain from taking hasty steps.

Mutsu


大鳥公使え電信訳

在日本露公使は6月30日左の公文を齎らし来り、本大臣に交付せり。

(此処露公使の公文入る)1号を見よ

右に対する回答は、閣議決定勅裁を経たる上にて送附せらるべし。
併し、伊藤伯及び本大臣に於て露国の指図に従はざることに就ては、意見を同ふするが故に、多分其回答は彼れの指図を容れざることとなるべし。
在英国日本公使は、6月29日附を以て左の通り電報せり。

英国外務大臣より本使に告げて曰く、在清英公使の報告に依れば、朝鮮問題に付き日本を強制するの目的を以て、李鴻章より露国の斡旋を乞へりと。
斯る有様に立到りたる上は、一大紛議を生せざるを保せず。
其場合には英国にても拱手傍観すること能はずと。
英国外務大臣は、帝国政府より清国及朝鮮政府に向て提議せし要求の件を閣下より通知せらるる様本使に請求せり。
其目的は、蓋し該提議を承諾せしむることに仲裁する積りならん。

在日本英国代理公使は、在清英国公使よりの申入に依り本大臣に告げて曰く、若し日本の提議にして独立及び擾乱の予防を基礎となし、属邦論は之を度外に置くときは、清国政府に於て之を受理するの意嚮ありといへり。
右の事情なるが故に、本問題を挙げて、或は直接に各国政府との間に容易ならざる外交上の葛藤となるも計られず。
而して、縦令日本は敢て争闘を避くるにはあらずと雖ども、日本が自衛の為め、已むを得ず受け身の地位に立つに非ざれば開戦せざるべき旨、英露其他各国に明言したる言質を維持する丈の地位を占め置かざるを得ず。
故に目下は、閣下に於ては閣下の処置を厳重なる抗議と、改革に関する我が提案を貫徹せしむることとに限らるべし。
而して、我より進んで激烈なる処置を執らるることは之を避くべし。
栗野政務局長は、本大臣の口頭訓令を携へて7月4日京城に着すべし。
閣下は、該訓令に拠り働かるべし。
大島少将へは、参謀本部より訓令を発し、余り急激なる処置を執るべからざる旨を伝へたり。
前半部分は、8月6日のエントリーの西公使への1894年(明治27年)6月30日発『電送第268号』や、8月8日のエントリーの青木公使への1894年(明治27年)6月30日発『電送第269号』と同じですね。

で、ロシア公使からの公文に対する回答については、閣議決定が勅裁を得てから送るだろう、と。
しかし、伊藤と陸奥はロシアの指図に従わない事について意見の一致を見てるので、恐らく拒否回答する事になるだろう、と。

一方、イギリスの青木公使からは7月21日のエントリーの1894年(明治27年)6月29日発『電受第338号』が来て、イギリス外務大臣は日本から清国と朝鮮に提議した要求を通知するように求めており、その提議を承諾させる方向で仲裁する積もりだろうという電報が来てる。

在日本英国代理公使からは、8月8日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電送第269号』で見たように、朝鮮の独立と変乱予防を基礎として、属邦論に言及しなければ、清国政府はそれを受理する意向があると言ってきてるわけです。

そういう事情なので、属邦問題を提議すれば、或いは直接各国政府との間に容易ならざる外交上の葛藤となるかもしれず、例え日本は敢えて戦争を避けるわけではないとは言え、日本が自衛のためにやむを得ず受動的地位に立つのでなければ開戦しないと、イギリス、ロシア他の各国に明言した言質を維持するだけの地位を占めて置かなければならない、と。

ってことで、大鳥の処置については、厳重な抗議と改革に関する日本の提案を貫徹させる事に限り、日本から進んで激烈な処置をとるのは避けろ、という指示が出されるんですね。

この激烈な措置を執るなってのは、5月30日のエントリーの1894年(明治27年)6月26日発『電受第317号』での「May I take such steps as I deem necessary to contradict the above proclamation even by force.」と、それを受けての7月7日のエントリーの1894年(明治27年)6月28日発『電送第259号』での「It does not seem politic at present to attempt expulsion by force of Chinese soldiers at 牙山.」ってな話の流れの一部なのかな?

で、栗野政務局長が陸奥の口頭による訓令を携えて、7月4日に京城に着くだろうから、大鳥はその訓令によって働け、と。
栗野はその他にも、6月4日のエントリーの1894年(明治27年)6月27日起草『機密送第26号』、6月11日のエントリーの1894年(明治27年)6月27日『機密送第27号』、7月16日のエントリーの内信という3通の重要な文書を持って行く事になってましたね。

で、旅団長の大島少将には、参謀本部の方から訓令を出して、あまり急激な処置をとらないように伝えた、と。

5月12日のエントリーの1894年(明治27年)6月25日発『電受第311号』で「もし朝鮮の領土保全と騒乱防止を基本にした申し入れがなされれば、王大臣は提案を考慮するだろうと申し入れ」が在清イギリス公使から来たのが、イギリスによる仲介の出発点になるのかな?

どっちにしろ、イギリス政府の調停仲介の前提である、「朝鮮の独立と変乱予防を基礎」とした申し入れは、日本から申し立てたわけでもなく、最初から日本の要求してた事項。
清国の受理条件である属邦問題に対しては、政府として現場の大鳥公使にも属邦問題は提議せず、過激な措置も執るなと訓令を出し、ちゃんと対応しているわけです。
(H20.8.29 修正)

日本としては、調停受入できる状態なんですが。
巷間良く言われるような「清国との戦争」が目的だった場合、仲介者のイギリスとどう折り合い付けるつもりだったのか、主張者に聞いてみたいもんです。
( ´H`)y-~~


ってところで、一つしか史料やってませんが、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三) 日清戦争開戦まで(七十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)




お盆ですが、例年通り更新。
まぁ、嫁さんの実家に行くんで、自動更新なんですけどね。

それでは今日も『駐韓日本公使館記録』から見ていく事にします。
7月18日のエントリーで、「清国軍が全州に向かったとか言う噂聞いたけど、本当は東学党の乱を鎮圧できなくて、清国に頼んで剿滅しようとしてんじゃね?」という照会が大鳥から出されてましたが、これに対する返事になります。
1894年(明治27年)7月1日付の外部督辨趙秉稷からの書簡より。

敬覆者我暦五月二十六日接奉
来函内開清国兵丁之屯駐牙山者向全州前行各情閲悉当即電詢忠清道監司査覆頃拠電開中国兵隊至牙山後東徒即竄散完営即収復是以按兵候回国前因中国政府聞他国人説匪未真肅清飭派隊往探査故有天安兵前進之事前日午到錦営即聞探馬回報完西南不見有匪跡故暫即留錦意将退回牙山等語特此布覆載詢
時祺
朝鮮暦5月26日の貴下の書簡、つまり7月18日のエントリーの1894年(明治27年)6月29日付『第62号』中、牙山に駐屯する清国兵が全州に向かった等の話について読んだ。

直ぐに忠清道監司に電信で照会したところ、その回答によれば、清国兵の牙山到着後東学党はすぐ逃げ散ったので、完営は直ぐに修復され、軍を整理して本国へ帰ろうとしたが、本国政府では東学党がまだ完全に粛清されていないという他国人の説を聞き、軍を派遣して探査しろという命令を出したので、兵を天安に送った事があった。

彼らは、前日午後に錦営に到着。
偵察の報告を聞いたところ、完営の西南には東学党の形跡が見られないと言うので、暫く錦営に止まっており、丁度牙山に帰ろうとしていた処だ、と。

そういえば、3月14日のエントリーで、李鴻章から袁世凱に似たような話が来てたなぁ。
つうか、どっちにしろ首謀者を捕まえてないわけですが。(笑)

で、これに対する日本の回答が同日付けで出ております。
1894年(明治27年)7月1日付『第65号』より。

敬啓者即接貴暦甲午五月二十八日
覆函内開電詢忠清道監司査覆頃拠電開中国兵隊至牙山後東徒即竄散完営即収復是以按兵候回国前因中国政府聞他国人説匪未真肅清飭派隊往探査故有天安兵前進之事等語本公使均已閲悉査清国兵丁之前進赴全州之説拠示方悉果属確情惟惜
貴督辨示覆各節頗有未盡之処因就所敍反覆忖度則即称電詢忠清道監司又云中国政府聞説匪未真肅清飭派隊往査云々是頗似
貴政府竝未嘗請清兵前進剿討餘賊又頗似未嘗知清兵之南下如此由浅推深則
貴政府雖以南匪肅清会一請清兵撤帰而在清兵以奉本国政府之命仍然突進無所顧忌亦可知爾料在貴督辨亦不以本公使之言為河漢也特此再佈順頌
台祉
朝鮮暦5月28日の回答に、「忠清道監司に電信で照会したところ、その回答によれば、清国兵の牙山到着後東学党はすぐ逃げ散ったので、完営は直ぐに修復され、軍を整理して本国へ帰ろうとしたが、中国政府では東学党がまだ完全に粛清されていないという他国人の説を聞き、軍を派遣して探査しろという命令を出したので、兵を天安に送った事があった。」という話があった。
清国兵が全州に向かった話は、確かだったようで。

ただ、貴督辨の回答で、「忠清道監司に電信で照会した」とか、「中国政府では東学党がまだ完全に粛清されていないという他国人の説を聞き、軍を派遣して探査しろという命令を出した」ってのを見ると、朝鮮政府は東学党の残党を掃討を清国兵に頼んでおらず、清国兵が南下した事も分からなかったのか?

これらから考えると、貴政府が東学党が掃討されたとして清国兵の撤兵を要請したと言っても、清国兵は清国政府の命令によって勝手に動くんやね、と。

結局、7月18日のエントリーで「「頼んで無いnida!<#`Д´>」って言えば、東学党の乱が鎮定されている筈なのに、朝鮮政府に断り無く勝手に軍を動かす清国について突っ込める」って予想してたのと同様の展開が可能に。(笑)

ただ、清国兵の南下に関する話はここで終わってるんですよねぇ。
それは多分、次回やる予定の陸奥からの訓令によるものだと思われます。
結構重要な話になるんじゃないかと、個人的には思ってるんですがね。

さて、続いても漢文。
今度は、その根っことなる聶の布告に関する話。
袁世凱から大鳥への1894年(明治27年)7月1日付書簡より。

照覆事照得本年五月二十三日准
貴公使照会内開照得現有敝国人由牙山地方来京者謄寫貴国聶軍門在該地方所貼告示一紙投稟前來本公使閲読之下未審此項告実係
聶軍門出示者否為特録呈貴総理査閲即希垂示明白以判真偽是為切盼爲此備文照会請煩査照可也竝抄録告示一紙等因准此当経咨請
聶軍門核覆竝先行照覆各在案茲於本月二十八日准
聶軍門咨覆査此項告示実係本軍門所出相応咨覆査照施行等因准此相応備文照覆
貴公使請煩査照可也須至照覆者
右照覆
5月28日のエントリーで大鳥から「これ牙山でお前んとこの聶が出した布告だって言うんだけど、マジ?」って質問があって、6月11 日のエントリーで「良く分かんねーから聶に聞いてみる」って返事しといたけど、今日返事が届いて、マジだって、と。

さて、7月7日のエントリーの1894年(明治27年)6月28日発『電送第259号』には、「It does not seem politic at present to attempt expulsion by force of Chinese soldiers at 牙山.」という言葉がありましたが、「Demand withdrawal of words 属国 in proclamation of 聶.」という話もあったで、その上で先ほども書いた、次回やる予定の陸奥の訓令もあって、大鳥がこれ以降どう対処していくのか、ちょっと楽しみ。(笑)


ってところで、若干短めですが、今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二) 日清戦争開戦まで(七十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)




ロシア・イギリスそれぞれの介入が始まり、動きが大きくなってきたので、徐々にまた話を進めるのが楽しくなってきた昨今。
対清交渉って話が進まないから、つまんないんだよね。
朝鮮みたく笑えればまだしも。(笑)

ってことで今日の史料は、アジア歴史資料センターの『韓国内政改革ニ関スル交渉雑件 第一巻/1 明治27年6月8日から1894〔明治27〕年6月30日(レファレンスコード:B03050308100)』から。
59画像目と60画像目。
1894年(明治27年)6月30日発『電受第342号』の英文・訳文一緒に。

Mutsu
Tokio

15. Received your telegrams 17, 20.
Corean Government have sent noon 6月30日 official letter confirming Article I 江華 treaty.
I am therefore taking against 袁世凱.
Corean Government steps mentioned in my telegram 12 as nothing can be done without resorting to such measures.
Give me full authority for that purpose.

Otori


電信訳文

17、20の貴電接■せり。
朝鮮政府は、6月30日正午、公文を以て江華島條約第1條(即ち自主の国たるを証明するものなり)を確証する旨申越せり。
故に本使は、袁世凱及朝鮮政府に対し、本使電報第12に記載しある手段を執り居れり(以下電文不明瞭なり。併し、格別重要のことに非ざるが如し)
17は7月7日のエントリーの1894年(明治27年)6月28日発『電送第259号』で、聶の布告から属国という文言の撤去と、武力行使は現時点で適切ではない旨と、朝鮮政府が耳を貸そうが貸すまいが、内政改革の提議を提出すること。
20は7月23日のエントリーの1894年(明治27年)6月30日発『電送第266号』で、暴力的手段に訴える前にさらなる訓令を待て、ってヤツでしたね。

で、8月1日のエントリーで見たように、朝鮮政府からは6月30日の正午に江華島条約第1条を確証する公文を得たわけです。

ってことで大鳥は、袁世凱と朝鮮政府に7月14日のエントリーで訳文、7月23日のエントリーで英文を見た、1894年(明治27年)6月29日発『電受第327号・電受第112号』に記載している手段を執っている、と。
簡単に言えば、清国兵の追い出し、ですね。

で、以下不明瞭だけど、特別重要な話じゃないっぽいって・・・。
この時期、そんな重要じゃない話とかあるのか?(笑)

さて。
ここまでで6月中の史料終了。
っつうか、今回の連載が6月17日の史料から始まってるから、半月分の史料やるのに半年かかってんのか・・・。
そりゃ飽きたりするわな・・・。
_| ̄|○

ってことで、7月の史料に入っていきます。
旅団報告は暫く先になるので、まずは『駐韓日本公使館記録』から見ていきますかね。
元山の上野領事から大鳥への、1894年(明治27年)7月1日付『機密第9号』より。

6月23日付第103号、同24日付第105機密信共に昨夕接手相被致候。
我国今回の出兵に付、外国人等に対し我挙を賛成せしむる為め、其談話の趣意書御送付相成領悉仕候。
右は此際至極必要と存候へ共、至急を以て充分辨明致度と相考居候。
当地海関長の如きは、元来支那党に左袒する方にて、此度我国出兵に付ても何となく批難を試んとする口気有之候。
既に此程当地監理処に於て会食の節も、頻りに我国の事を早まる杯の説を口に致候に付、徹頭徹尾其説を打破致置候。
其後当地の景況別に可申上程の事無之、此程電信を以て御問合致したる日清両国兵交戦云々の説は、種々探偵を盡すに其出処は全く支那人の或る部分にて此際我国を傷けん為め如是捏造説を伝播致したるものと思はれ候。
始め日兵大敗との取沙汰流布致候時は、居留人民一般何となく憤激の有様なりしも、幸ひ御返電に接し且つ右は全く或る狡猾者の作言に出たる事判然致し、今日に至っては何等の風評も無之位に候。
清韓両国密約の上、咸鏡道北部の要地に清兵を分駐せしむるの一説に付ては未た確説を得ず。
思ふに此事も或は一時の風説なりしかと被存候。
尤も、清国が今回朝鮮を援助して民乱を鎮圧する軍略上に付ては、専ら彼の提督聶士成の心算に有之哉に聞及候。
同氏は兼て李総督の信任を受け居る人にて、朝鮮各地の漫遊を名として従行士官4名と共に昨多天津を起程し、山海関より盛京省を経て義州に入り、夫より平安咸鏡2道を通過して本年4月18日当元山に着し、2日間の滞在にて陸路(騎馬にて)京城に向け発程し、夫より陸路を取り黄海道を経て再び義州に出て山海関を通過。
天津に帰りしとの事に有之。
当時従行士官の内1名(都司なりと云ふ)を当港より釜山に派遣し、地理探究の為め談地より陸路京城に前往せしめたる由に有之候。
而して、朝鮮北部の守衛を厳にし、兼て防俄策に注意すべしとは聶士成の持論に有之候由に付、或は此度の出兵を機会とし、清兵分駐の説を打出したる事共には無之哉と想像被致候。
此れは固より卑官の推考に存候得共、御参考の為め申上候。
■■敬具


聶士成氏の官銜左記の通りに有之候御参考迄に送上候。

頭品頂戴賞穿黄馬褂賞戴花翎過缺顕奏提督山西
太原鎭總兵統領直隷蘆防惟練馬歩各営巴面魯
機密第103号は3月14日のエントリーで。
機密105号は3月24日のエントリーで見ました。
が。
国内で到着に1週間もかかるって・・・。(笑)

兎も角、外国人等に対して日本の挙に賛成させるような措置を執ることに対して、元山の海関長なんかは元々清国よりで、日本の出兵についても何となく非難をしようとする口ぶりであり、最近元山の監理処で会食した時も、頻りに日本が事を早まったと言うので、徹頭徹尾その説を打破しておいた。

その後元山の景況は、7月7日のエントリーの『機密第8号』で問い合わせた日清両国の交戦の話等、種々あるものの、いずれも風説の域を出ないんじゃね?と。

ただ、朝鮮北部への清国兵分駐の話については、朝鮮北部の守衛を厳しくし、ロシアを防ぐ事については聶士成の持論であるし、その動向を見ても、今回の出兵を機会として清国分駐の説を打ち出したんじゃないかと想像。
勿論、上野の推察だけど、参考までに、と。


ってところで今日はここまで。



日清戦争開戦まで(一)     日清戦争開戦まで(三十一) 日清戦争開戦まで(六十一)
日清戦争開戦まで(二)     日清戦争開戦まで(三十二) 日清戦争開戦まで(六十二)
日清戦争開戦まで(三)     日清戦争開戦まで(三十三) 日清戦争開戦まで(六十三)
日清戦争開戦まで(四)     日清戦争開戦まで(三十四) 日清戦争開戦まで(六十四)
日清戦争開戦まで(五)     日清戦争開戦まで(三十五) 日清戦争開戦まで(六十五)
日清戦争開戦まで(六)     日清戦争開戦まで(三十六) 日清戦争開戦まで(六十六)
日清戦争開戦まで(七)     日清戦争開戦まで(三十七) 日清戦争開戦まで(六十七)
日清戦争開戦まで(八)     日清戦争開戦まで(三十八) 日清戦争開戦まで(六十八)
日清戦争開戦まで(九)     日清戦争開戦まで(三十九) 日清戦争開戦まで(六十九)
日清戦争開戦まで(十)     日清戦争開戦まで(四十)   日清戦争開戦まで(七十)
日清戦争開戦まで(十一)   日清戦争開戦まで(四十一) 日清戦争開戦まで(七十一)
日清戦争開戦まで(十二)   日清戦争開戦まで(四十二)
日清戦争開戦まで(十三)   日清戦争開戦まで(四十三)
日清戦争開戦まで(十四)   日清戦争開戦まで(四十四)
日清戦争開戦まで(十五)   日清戦争開戦まで(四十五)
日清戦争開戦まで(十六)   日清戦争開戦まで(四十六)
日清戦争開戦まで(十七)   日清戦争開戦まで(四十七)
日清戦争開戦まで(十八)   日清戦争開戦まで(四十八)
日清戦争開戦まで(十九)   日清戦争開戦まで(四十九)
日清戦争開戦まで(二十)   日清戦争開戦まで(五十)
日清戦争開戦まで(二十一) 日清戦争開戦まで(五十一)
日清戦争開戦まで(二十二) 日清戦争開戦まで(五十二)
日清戦争開戦まで(二十三) 日清戦争開戦まで(五十三)
日清戦争開戦まで(二十四) 日清戦争開戦まで(五十四)
日清戦争開戦まで(二十五) 日清戦争開戦まで(五十五)
日清戦争開戦まで(二十六) 日清戦争開戦まで(五十六)
日清戦争開戦まで(二十七) 日清戦争開戦まで(五十七)
日清戦争開戦まで(二十八) 日清戦争開戦まで(五十八)
日清戦争開戦まで(二十九) 日清戦争開戦まで(五十九)
日清戦争開戦まで(三十)   日清戦争開戦まで(六十)