中小企業家劇団「チームKITAYAMA」第三回公演
「3.11あの日が教えてくれたもの
   ~~変革への勇気と知恵~」

 日時:2011年9月25日(日)14:30開演(14:00開場)
 場所:立正大学大崎キャンパス 11号館5階
 チケット代:1500円
  内1000円は 義援金として
  福島中小企業家同友会東日本大震災復興・原発事故対策本部
へ寄付します。
桜井道子の「いいものいい人いい暮らし」ブログ

桜井道子の「いいものいい人いい暮らし」ブログ


 
 東日本大震災を体験し、被災地では地域の要である
中小企業の復興の ドキュメンタリーとこれから私達に
できることを共に考える朗読劇です。

 中小企業の「いま」を「演劇」で「社会」に発信することを
目的に結成された中小企業家劇団チームKITAYAMAは、
旗揚げ公演 「明日はうちもいい会社」第二回公演
「はい、奥田製作所」を立正大学、石橋湛山記念講堂で上演。
第三回公演「清掃員は見た」~訳ありの人々が物申す、
これでいいのかニッポンは~を企画していましたが、
この度の 東日本大震災が起こり、一時は中止も考えました。

 しかし、いまだからこそ中小企業家劇団として発信できる
ものがあるのではないかと、団員の体験や、被災地各地
での中小企業の復興活動を 基にした朗読劇を上演する
こととなりました。

 震災から半年が過ぎ、復興にはまだまだ長い道が続いて
います。
首都圏での大震災が心配されながら、危機管理はできて
いるのでしょうか。
3.11から私達は何を学ぶことができたのでしょうか?

 会場の皆さんともう一度あの日(3.11)に立ち戻って
考えてみたい と思います。

 お時間を作って足を運んでください。

 チケットの申し込み、お待ちしています。
AD