2010-12-31 23:55:55

プロフィール

テーマ:メニュー

自己紹介

ことの葉忍者マサ丸



2010年5月より師匠のてんつくマンより路上詩人を教わり活動させてもらってます。

2012年よりことの葉忍者と名乗り、書道パフォーマーとして、言葉を書かせていただいています。



僕はこの世の中に『自分の味方』を増やしていきたい。



自分は以前、パニック症という病気になり、家にひきこもった経験があります。

何かやりたいことをやろうとし、誰かに話すと、まずは「大丈夫?」とくぎを刺されました。

今では「心配」という「愛」なんだとわかるけど、当時はわからなかった。


でも、あの時どうにかしてこの状況を変えたいと、はじめて持った夢

「世界一周」

やっぱりたくさんくぎをさされたけど「3人だけ味方」になってくれた人がいた。

たったその3人からの応援が僕の恐怖を乗り越えさせ、世界一周一人旅の挑戦を実行させた。


昔の忍者は刀を持ち、人に危害を加えていた。

しかし、現在版の忍者は筆を持ち、ことばと筆字の力で人を応援する。

人知れず(笑)


自分らしく生きる人を人知れず増やすため。

「味方ことば-書下ろし」で応援し。

「個性筆教室」でその人の可能性を発見させ。

自分の味方を多くの人に作ってもらい。

ことの葉忍者として。

そして、自分のやりたいことで人を応援する忍者を

増やしていく活動をしています。


あなたは、何忍者?



味方ことば-書き下ろしとは


「きっかけ」を生める人間になりたい!

そう思い立ち、中学生以来持ったことのない筆を取り出し、路上に座って言葉を書き始めました。

最初は何を書いていいかわからず、目の前に座ってくれた人を見て、言葉を考えて書いていました。

しかし、ずっとしっくりきませんでした。

何か言葉を押し付けている感じがする・・・

言葉は人に押し付けられると死んでしまうと感じていました。

人間は人から言われることはなかなか聞けなかったりします。

しかし、自分で腹に落とした言葉は自分の大きな大きな力となり糧となります。

ある時から自分は目の前に座ってくれた人の目を見た一瞬の「インスピレーション」を信じ、

何も考えずに出てくる言葉を信じて書くようになりました。


言葉は生き物。


その時響くときもあれば、時間がたって響くこともあります。

でも僕はその時の一瞬を感じ、そして信じて、

自分のありったけの魂を筆に注いで作品を書かせてもらってます。

その一瞬のインスピレーションで相手に言葉を書かせてもらうのを「味方ことば-書下ろし」と呼ばせてもらってます。


個性筆教室とは



2011年より友達の「教えて」の一言から開始。

現在(2012年10月)で総勢400名以上にご参加いただいている筆文字教室です。

いっさい見本がない教室。
路上で教わったうまい字ではなく、人に喜ばれる字。
3つの極意+1を教えます。

終わった後は、全員違う字になります。

世界で1つの自分にしか持ってない字を取戻し。

筆字とことばで人を喜ばせられる力を身に着け

一緒に誰かの味方になって応援し、自分のファンを作っちゃいましょう!





自分史

ここからは僕の自分史を書いてみます。

興味があって、時間があったらぜひ読んでみてくださいチョキ


自然と遊んだ幼少時代

僕は生まれは杜の都宮城県は仙台霧

オギャーと生まれてすぐに千葉に来て、幼稚園の年少までいました男の子


実は僕の弟は日本の超名門学校の開成を出て、東大を出ているスーパー天才叫び

一方僕は・・・

結構頭はよかったらしいが、幼稚園の時に公園で犬に頭をかまれて救急車で運ばれたらしく、なんでもそこから頭が悪くなったとかわんわん


・・・犬のせいです。犬のしっぽフリフリ


頭が悪くなってから(笑)仙台にお引越ビックリマーク

仙台は裏山に秘密基地を作って遊び放題遊びましたドンッ

夜に秘密基地に友達と無断で泊まりにいき、何十人もの大人が懐中電灯をもって探しにきて、こってりしぼられた思い出もありますべーっだ!

小学校4年生の時に千葉に帰ってきて、そこからはずっと千葉の市川が実家ビックリマーク

はじめは田舎っぺといじめられ(特に女の子から女の子)同じく引っ越してきた田舎っぺとザリガニ釣りをしていましたうお座

弟はここから塾に入り、天才街道まっしぐらアップ


一方僕は・・・、橋の下で拾われたなどと言われながらも、塾に入ったけど勉強が好きではなく、両親に「俺は遊ぶ!!」といってやめて、遊んでいた幼少時代でしたダウン


弟は受験して見事名門中学に入学ビックリマーク

一方僕は、何をしたいわけでもなく、何も考えずに地元の中学に通い、卓球部で卓球に明け暮れる毎日をすごしましたテニス

高校受験はものの見事に大失敗し、滑り止めで受験の時にはじめて行った高校にぎりぎり合格あせる

男子校で進学高で、なんか空気が合わずに実は友達がまったくできず、ここでも部活に明け暮れ、何をしたいのかもわからず時間だけがすぎていました時計

しかし、時は待ってくれません。

高校より先は自分で進路を決めなくてはなりませんメモ

その時の自分は、自分が何者かもしらないし、何をやりたいとかもまったくなく。

みんなが大学に行くから行かなくちゃという感じでした。


行きたい大学も国語が苦手だから文系はなし爆弾

ただ、そんなにバリバリ理系でもないダウン

ということで、経営工学という、文系なのか理系なのかわからない学問を見つけ、そこを目指しましたビックリマーク


うってかわって、大学受験は苦労がなく。

推薦が取れて面接一本であっさり第一志望の法政大学経営工学部に入れてしまったのですえっ

『何事も苦労をしていないとありがたみがわからない』ものですよね。。

こうして僕の大学時代が始まりますアップ



何も考えなかった学生時代

大学生時代は暗黒の高校生活とは一転ビックリマーク

デビューさせてもらいましたにひひ

飲みまくって吐きまくって、自分がお酒が弱いことに気がつき叫び

大学といったら王道ビックリマークテニスサークルに入りましたが、あまり飲まない地味なテニスサークルで、なんと自分が部長になった年に部員が集まらず、サークルをつぶしてしまう大失態も経験しましたドクロ

しかし、その経験をバネに友達と遊んで楽しかったフットサルチームを立ち上げ、練習や大会に出たりしていましたサッカー

学校の勉強も、過去問やノートをテストの前に手に入れ、一夜漬けで勉強して何とか進み、後は遊ぶことしかしてませんでした走る人

3年の夏に4年から始まる研究室を決めなくてはならず、ここではじめて苦労を選びました。

このまま大学を終わってもなにも得られていない叫び最後くらい苦労しようアップ(Mの心があるようです)

何を考えたか、一番大変といわれている研究室に入り、うわさどおり大変な日々を送りましたドクロ自分にとってはこの経験はよかったですビックリマーク

そして進路も決めなくてはなりませんでした汗


しかし、また僕はやってしまいました叫び

「みんながSE(システムエンジニア)になるから、SEになろう」

『みんながやるからそれにのる』

相変わらずの流され人生を選択し、ラッキーなことにすぐに受かり、人事の人がよかったからとあっさり就職してしまいましたアップ

そして、味わうことになります。人生のどん底というものを・・・ドクロ


血便から始まる会社時代

みなさんは「何のために」会社に入ったでしょうか?

僕は理由がなかったのです。。しいて言うと・・・

大学出たら社会人になるから??

お金を自分で稼がなくちゃならないから??

やりたいことも何もなかったので、ただ会社に言われたとおり働きました。

200人の新人の仲間に


「今となりにいる人間はライバルと思え」

「自分のオンリーワンを作って目指せ」


と競争心を植えつけられ、あまりそういう心はもっていなかったのですが、次第に上を目指すようになっていました。

入社1年目にしてサブリーダーを務め、2年目は部の一大プロジェクトの基盤部分を担当し、3年目はプロジェクトのリーダーを任されましたアップ

当初は会社の同僚に会うと、残業を何時間もしたとか、こんな仕事を任されたなど、仕事の大変さを自慢しあっている今思うと悲しいことばかりしてました得意げ

そんなこんなで、1年目から定時帰りなんて奇跡で、仕事ばかりしていました。

そして1年目の終わりの時にまさかの血便叫び

2年目、三年目は休日も含めた残業だらけで、3年目にリーダーとしてやった仕事のお客さまが、そりゃーまーすごい態度の人達でショック!

机に足をのっけて

「なんでできないの」

「いつできるの」

「かならずやって」

一緒に仕事をしていいものを作るというのがみじんも感じられないプレッシャーの中、休みもなくなり、疲れもピークで、気がついたら両腕がしびれ、甲高い空堰がよくでるようになっていましたドクロ



パニック症ひきもり時代


ハワイで無理やり作った笑顔
いきなりきましたドクロ

まさかの連続徹夜で体がクタクタで意識がもうろうとしながら、トイレに行って座って休み、立とうとした時です・・・

・・・!?

・・・!?!?

息が・・・できない・・・叫び

もう必死でした叫び

急に息ができなってしまったのですガーン

何とかトイレを脱出し、わけを話して病院にいくと走る人

「ただの疲れです。風邪薬出しておきます」

・・・んなわけないでしょかお

でも、結局わからずにその日は終わり。

しかし気になって、病院に行きまくりました病院

カイロプラティックなどの整体も行きました走る人

最終的には頭のCTから血液、レントゲンまでありとあらゆるもの見てもらい・・・


結果ビックリマーク

「異常はありません」

なんじゃそりゃ叫び

あの頃は医療費にどれだけお金をかけていたかわかりませんガーン

本当に「なんのために働いているのか」がわからなくなりました。

困り果てて先輩に相談すると、心療内科というのを紹介され、行った結果ビックリマーク

「うつ病です」

と2ヶ月の休職届けを出されました。

お医者さんには

「疲れることをするな」

「家でじっとしてなさい」

といわれましたが、南国でゆっくりしたらうつ病が治ったとどこかで聞いたことがあると錯覚し、先生に黙ってハワイに旅行しました。

悲惨な旅でした・・・ドクロ

行きの飛行機でパニックになり、なんとか持ちこたえてハワイに着いたらその夜に救急車で運ばれ、先生に事情を話すと怒られ、精神安定剤みたいな薬を飲んで何とか日本に帰国しましたガーン

帰るとパニック症(自立神経失調症)という病気だとわかりました。

薬を出され2ヶ月家にひきもりました砂時計

何をやるのも怖かったです。

電車も車も人ごみも、何もかも。。

しかし、薬を飲んで休めば休むほど不安にかられてしまいました手裏剣

いつまでもこうしちゃいられないと、家の周りを散歩していた時でした。

いつもカバンに薬を入れて歩くのに、歩いていると薬がないことに気がつき、なんと気がついたときにパニックになってしまったのです叫び

薬なしでは生きて生きない体・・・

どん底でしたダウン

そんな時に、多くの人が僕に会ってくれました。

その中の友人が貸してくれた本に、夢を書き出すという話があり、藁をもすがるつもりでやりました。

何でもいいから書けと書いてあったので、絶対無理なものを1つ書こうと「世界一周の旅」と書きましたメモ

本を読み進めると、書いた夢を叶えなさいと書いてありました。

そして、降りてきたのですDASH!

「お前はこのまま薬漬けで死ぬのか?」「それとも世界一周して死ぬのか?」

大げさですが、一人旅の経験もなく、英語もしゃべれない自分には世界一周はホントに死ぬと思うことでしたガーン

だけど、僕は後者を選んだんですビックリマーク

このとき後押ししてくれた言葉があります


「選択に意味はない 大事なのは選択した後何をするかだ」


僕は世界一周すると決めて、なんとそこから薬を手放し、自力で病気を治しましたビックリマーク

わざわざ満員電車に乗りに行き、

映画館に行き、

ライブに行き、

飛行機に乗りに行きました。

・・・普通に読むと遊んでいるようですが、僕にとっては地獄でしたショック!

だけど、生まれてはじめてもてた世界一周という夢に向けて僕は一直線でしたアップ

他にも、食事を変えたり、水をたくさん飲んだり、有酸素運動やヨガをやったり、イロイロやりました!!

結果ビックリマーク

4ヶ月で完治し、そこから今まで一度も症状は出ておりませんアップ

僕の活動もそうですが、パニック症やウツで苦しんでいる人がいたら、気軽にご連絡下さいパー

僕はカウンセラーでも何でもないですが、経験があるので、何か力になれたらと思ってますチョキ



そして、本当に世界一周に行くときがきたのですアップ

世界一周一人旅

2006年10月。

僕はバックパックを担ぎ、成田空港に一人で立っていました飛行機

世界一周一人旅に出発するために。

まさか自分が世界一周の旅になんていくとは思ってもみなかった。

恐怖の塊といつも戦っていた。

だけど、そいつに戦う勇気をくれたのは仲間の言葉だった。

「お前ならやれるよ」

「マサに負けてられない!俺はこんなことに挑戦する!」

「やらなきゃわからないよ」

僕の周りの約97%が心配という愛の否定をしてくれていたけど、ある仲間の3人だけはそんなことを言って励ましてくれたグッド!

どれだけ自分の力になったか!!

『人に信じてもらえると自分の力は無限になる』

1.シンガポール
2.マレーシア
3.タイ
4.カンボジア
5.インド
6.ネパール
7.オーストリア
8.チェコ
9.ハンガリー
10.スイス
11.スウェーデン
12.デンマーク
13.イギリス
14.ベルギー
15.オランダ
16.フランス
17.ドイツ
18.トルコ
19.ヨルダン
20.エジプト
21.ブルガリア
22.ギリシャ
23.イタリア
24.バチカン
25.スペイン
26.アンドラ
27.ポルトガル
28.アメリカ
29.メキシコ
30.カナダ

世界一周を語ったらきりがないけど、いくつかエピソードがあるから紹介させてくださいべーっだ!

「僕の仕事は朝起きたら今日食べる食べ物を探すことそれが終わったら、明日の食べ物を探すこと」


衝撃的な言葉だった。

インドのカルカッタという町に行きました。そこはマザーテレサのマザーハウスがある場所。

僕はボランティアというものを一度もやったことなかったけど、マザーハウスでお手伝いをさせてもらいました。

ある日。いつものように施設に行くと、ある人に布がかぶさってました。昨日僕が食事をあげたおじいさんでした。

「朝。僕たちは目を開けることができ、体を動かすことができる」

それがどんなに幸せなことがここで学ばせてもらいました。



そして、そこで知り合ったインド人にスラム街につれていってもらいました。

どぶ川の横に住む人々。ある子供に何をして生きてるの?と聞いた答えの言葉でした。

僕たちは今どんな気持ちで食べ物を食べてるでしょうか?

気づかせてもらいました。

「How are you!?(こんにちは調子はどうだい?)」

「I'm Happy(幸せだよ)」

世界30ヶ国を周って唯一聞いた言葉でした。しかもこの国では3人もの人がそう答えました。

ネパールという国。

経済水準はインドよりも低い国。

幸せってなんでしょうね。


彼らは、生きているだけで幸せと

心の底から感じていたんだと思います。

幸せ。

それは自分の心が決める。

今この瞬間に幸せになれる。

「生きてる」

カツオのたたき

味噌汁

餃子

日本の米

食卓に並んだ旅宿。

そこはトルコという国だった。


なんでトルコという国で、こんな豪勢な日本食が食べれたのか?

そこは日本人宿。

10数人宿泊していた日本人が、一人の日本人の誕生日をお祝いするために立ち上がった。

「私はトルコ語がしゃべれるからカツオを買いに行く」

「実は僕板前だったのでカツオさばけるからさばきます」

「僕は買い物だったらいけるので買い物いってきます」

「俺達は餃子をたくさん作るよ!」

「じゃー後片付けは私がやる」


全員がその食卓を作るために、自分にできることをやった結果生出した食卓でした。


奇跡の食卓でした。


人がいて、それぞれが自分にできることをやったら、どこでもなんだってできる

競争。

お互いが争って競い合う。

だけど、共創。
共に創る方法がる。


競争で生きてきた自分が新しい生き方を見つけた時でした。










世界一周の話はたくさんあるけど、
話すときりがないので、この辺で終わりますべーっだ!

この旅で僕は1つだけ決めていたことがありました。

『挑戦しよう』
見る旅でも食べる旅でもない

「やる旅にしよう」

ネパールで出逢った、18歳でエレキギターとアンプを背負って旅をしていた旅人との出逢い。

刺激を受けて旅中にギターを買いましたギター

そして彼と奇跡的な再会を果たし、スペインで人生初の路上ライブを決行!!
思えばこの時、路上でビューしてましたにひひ

音楽は国境を越える。

あるオーストラリア人が手すりをたたいて言いました。

「コンコン♪」

「This is music!(これも音楽さ)」


他にも、イロイロやりました。
スペインとフランスの間の国。アンドラ。

そこではスキーとスノーボードをやりました。

そして、エジプトではまさかのスキューバーダイビングに資格もとっちゃいました孤島


僕は3年間会社で働きました。

その3年間を今思い出し、いったい何日語れるのでしょうか?世界一周の旅は6ヶ月という短い期間でしたが、もしかしたら毎日語れるかもしれません。

人間の宝物は記憶じゃないかと思います。
どこでも楽しめるもので、すべてのものがなくなっても自分に残るものだから。

その記憶はどうやってつくったらいんでしょう?

それは日常を旅にすればいいのかもしれません。

旅。

それは今までにない体験をすること

今までにない所に行くこと

今までに会ってない人に会うこと

「日常を旅にして、幸せな記憶持ちな人間になりたいですね」

ひきこもりより苦しい経験

そんなかっこいいことを言いながら。。

実は、旅から帰国後が人生で一番辛い時期だったかもしれませんダウン

「夢がなくなってしまったのです。」

世界一周して日本に変えるという夢を持ち、パニック症を乗り越え、旅を乗り越えて日本についたとき。僕には夢がなくなってしまいました叫び

何でもできると自信のついた自分。

だけど、何をしていいかわからない自分。

正直路頭に迷いました。
気がついたら転職紹介会社にコンサルティングを受けていました。

「あなたなら年収800万円の会社もいけますよ」

そんな言葉を聞きながら、迷っていました。
そんな時アドバイザーからこう言われました。

「あなた悩んでますね?」

「占い師かよっ!」って思ったけど、図星でした。

「迷っているときは一生懸命迷ってください。迷う時間をとってください。」

この言葉にはっとなりましたビックリマーク何をあせっていたのだ。

そして、見えてきました。世界一周で会った日本人。こんなに楽しい生き方をしている日本人に会ったことがありませんでした。日本にもいるはずビックリマーク

僕は派遣という形で仕事をし、できた時間を人と会う時間に使いました。

そして、中村文昭さんという方と出逢い教えてもらいました。


『夢がない人は夢を持っている人を応援するといい』


衝撃でしたビックリマーク

僕はその言葉から、困っている人の力になるように動きました。

そうしたら、そのボランティアで一緒になった仲間と今では深くつながり、お嫁さんもボランティアで出逢いました。

そして、1つ決めました。

仕事の時間も誰かを応援する時間にしようアップ

そうしたら、まさかの飲食店店長になったのです。



世田谷レストラン店長時代

人を応援して働こう。

そう決めてはじめに出逢った人は、レストランを経営する社長さんでした。

そしてあっさり決まり、システムエンジニアからまさかの飲食業界に足を入れました割り箸

そしてまさかの3ヶ月で店長になり1年働きました。


僕はこの仕事で決めていたことがありました。

「どんなことがあっても仕事を楽しむ」

僕は今まで仕事を転々としてきていました。楽しいところはないか?いいところはないか?

ずっと探していました。

しかし・・・

ようやくわかりました。

「探している限り楽しい仕事場はない」


僕は誰よりも自分が楽しむことを決めて仕事をしました。

ピンチの時は店長自ら皿洗いに入り、「今から世界一の皿洗いやっちゃいます!」と、自称世界一の皿洗いをやりました。

問題が起これば「チャンス!」といって、「僕の出番です」と、率先してやりましたチョキ

僕が一番印象に残っている話です。

僕が入社後一人のバイトの男の子がいました。彼は仕事中に携帯をいじっていました。「~くんこれやって!」と言うと、まさかの「めんどくさいっす!」発言をするような奴でした。


ある時、お世話になっている町をキレイにしたく、街のゴミ拾い企画を店の仲間に告げると、一人だけきてくれた人がいましたビックリマーク

それが彼でした。

ダイソーでゴミ拾いグッズを買っていた時です。

「マサさん!ダイソーはうちより時給がいいんですね!」

「だけどマサさん!うちにはお金に変えられない仕事の楽しさがありますよね」

彼は僕が変わってから急激に変わりました。そして気がついたら「仕事って楽しいっすね!」と言って、気がついたらバイトリーダーになってました叫び

人は変えられない

店長をやって痛感しました。正直僕は最初人を変えようとしていました。だけどわかりました。

自分が変わる

簡単に世界は変わります



路上で警察に助けられる

そんな店長を楽しんでいた時

今の妻よりメールで「テンツクマン」という人が「路上詩人塾」というのをやるみたいだけど出てみたら?と言われました。

その時僕は、お店でウェルカムカードを筆文字で書いてました。

それを見ていてだったと思うのですが、高額だったし、書道やったことないし。

自分には無理だと思ってやろうとしませんでした。

しかし、そんなとき彼女からハンコが勝手に送られてきたのです。

逃げれらなくなりました…。(笑)

そして塾の時に新宿の路上に座った時。

「あれ!?マサなにやってるの!??」と友達が通りかかりました。

そして友達よしみで書かせてもらいました。

すると。

「いや~きっかけもらったよ!ありがとう!」って言って500円を僕に手渡してくれました。

あのお金の重みは一生忘れないと思います。そして本当にうれしかったです。


そこから僕はお店の空いた時間で路上に座りました。

ある時は「こんなことしてないでしっかり働きなさい」と罵倒され。

よっぱらいにからまれたり、離婚相談されたり。

やくざに絡まれ、警察に助けられたり。


だけど、一人でも言葉を届けて笑顔になる人と出逢うとそれは忘れ去られ、

勇気をもって路上に行っていました。

路上はいまだに緊張しますショック!


書道経験がまったくない自分でしたが。

路上で出会ったおばさま(お姉さま)方にレクチャーを受け、

気が付いたら、イベントや個展などをやらせてもらえるようになってました。


店長仕事は1年で区切りをつけると決めていたので、僕はやめて次の仕事を探しました。

路上詩人として一本で生きるか?

自分の中ではやりたい気持ちだったけど、怖くてできませんでした。

そんな時に知り合いから家でできるシステムエンジニアの仕事をもらい、

それをやりながら路上に座っていました。

そんなある日のことでした。。



「今のままでは応援できない」

いきなり妻からの一言。

気が付いたら。SEなのか路上詩人なのか。どっちつかずになってました。

「本当はあなたはどっちがしたいの?」

と聞かれ、僕は答えました。

「路上詩人がしたい。」

すると妻は「やったらいいじゃない。」の一言。

「でも。今より生活大変になるかもよ?安定がなくなるよ?」と僕。

すると「なんとかなるわよ。」と妻。


今僕が家でどういう立ち位置にいるか容易に想像できますね?(笑)


そして2011年に独立。

7月には娘も生まれて、父ちゃんがんばっております!




総勢101世帯、限界集落にて自給自足の挑戦

2012年6月より

気が付いたら京都の綾部という田舎に千葉から家族で引越し

古民家に住み、田んぼと畑の自給自足に挑戦しはじめました。

今まで生きて「食」とのつながりがあまりにもなく、

2010年に妻と二人で自主上映した「降りてゆく生き方」をきっかけに

そして3.11後に、市川で障がい者施設と共にはじめたつくるんだ村で畑を学び

できるかかなり不安でしたが、限界集落に移住し自給自足に挑戦してます。

都会で生きていた時のあのよくわからない不安。

それがこっちに来てなくなっているのを感じてます。


農ある暮らし。田舎から学ぶこと。それも今後は伝えたいきたいと思ってます。



気が付いたら味方ことばを書いた人は6000人以上。


そして友達にお願いされてやりはじめた筆字教室が

いまでは400人以上の生徒さんにご参加いただきました。



本当に人生はわからない。

自分らしく生きさせてもらっている今。

自分らしく生きたい人を応援していきたいと思ってます。


僕の知り合いで、面白い人生を生きている人にお願いして。

自分が一歩踏み出した時にきっかけとなった話、そして言葉を聞きました。

そしてそれを7人の7日間のメッセージとしてメルマガにしています。

無料で登録いただけます。

よかったら登録して、色々な人の人生のきっかけをお楽しみください!






これから先…そして



今やるべきことがたくさんあります。

まずは、移住してきたこの綾部の志賀郷という町。

この町を元気にしたい。

比較的若者が多くがんばっている町。

だけど、現在小学校が総勢51人。自分の娘と同級生はたった3人。

他人ごとではありません。

若者の移住支援も積極的にやっていこうと思ってます。


そして、世代を超えた未来のための行動も。

山が死んで動物が人里に下り、田んぼや畑には電気を使った柵だらけ。

今の僕らが生きているうちには見れない規模で、色々やるべきことがあるように感じます。

やれることやっていこうと思ってます。


そしてこれもやっていきます。

みんなで作るみんなの家。人が出逢い、きっかけが生まれる場所。

ドリームハウスを作ることクラッカー



つくるが自由への一歩ビックリマーク



みんなで家を作って、家は自分で作れることを伝えたい

そしてそのやり方を公開したいと思ってます!


そして、ことの葉忍者を増やすこと。

路上に座って言葉を書いていて思ったこと。

見ず知らずの僕に言葉を求めてくる人。


これは何か今の社会がおかしいかもしれない。

100年前に僕が同じことをして、人は求めてきただろうか?


足りているようで

何かが足りない


そんな感じがしました。

そして、それは僕は「ことの葉(ことば)」なんだと思いました。


人が喜ぶこと。

それをことばと何かでできる人。

そんな人が増えたら、素敵な世の中になるかもしれない。


そしてそれを人知れずやる人。

それをことの葉忍者と呼んでます。

僕も刀を筆に持ち替えて、筆というツールを使ってことの葉忍者活動をしています。

一緒にことの葉忍者となって、人に喜びを作り、みんなで幸せな世の中にしていきましょう!

そして、ゆくゆくは自分のやりたいことで忍者になろう。

整体葉忍者

スポーツトレーナー葉忍者

カフェ葉忍者

自分のやりたいことで人を応援する忍者が増えて

一緒に色々できたら楽しいはず!



よかったらこれからもこのブログを読んで、何かのきっかけがあなたに生まれたら

この上ない幸せですクラッカー
AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

自分を好きになり毎日幸せに生きれる「心の癒し言葉」:草刈正年さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

22 ■ありがとうございます!!

とっても勇気を
いただきました!

ぼくも今
ステキな彼女や仲間
(応援してくれる人)から
何(どれ)をして行きたいのかを
聞かれている状態…

誰に何をどう伝えたいのか?

シンプルだけど
かなり難しい…

でも
まさくんが言う様に

選択に意味はない!
その後に何をするかだ!


その通りだと思う…

一人では怖いけど
応援してくれる人たちが
いっぱいいる。

勇気と楽しむココロを
持って前に進もうと思う♪

本当に出会えて良かった!
ありがとう!

そして
これからも応援よろしくっす(^^ゞ

21 ■Re:素敵すぎます!!

>アーティスト相澤めぐみさん
めぐちゃんありがとう!
めぐちゃんの美声とのコラボをぜひやろう!
また兄貴と一緒にあそぼうねー!
ありがとう!

20 ■素敵すぎます!!

まささん、めぐです。先日再会できたこと、とてもうれしく思います。
まささんが、まささんの視点で物事を捉えて、自分の中に落とし込んでいて…。まささんから感じる「自信」みたいなものの一つを、こちらの文章で垣間見た気がしました。
これからも、よろしくお願いします☆

19 ■Re:無題

>筆笑人しゅうさん
しゅうさんも筆で笑顔を作っているんですね!
共にワクワクやっていきましょう☆

18 ■無題

草刈さんの夢とってもワクワクしました+(o´艸`o)+

幸せをありがとうございます!!!

草刈さんのかげで今日も幸せいっぱい過ごせそうです♪

同じ詩人として路上からたくさんの笑顔を創っていけることに大感謝です!!!

17 ■Re:お久しぶりですo(^-^)o

>桔梗さん
二日続けて、講演会と個展に来てくれてありがとうございました!

今度は桔梗さんの話を僕は聞いてみたいです^^

今度ぜひゆっくり話しましょう!

ありがとうございました!

16 ■お久しぶりですo(^-^)o

根岸恵です♪先日の筆文字講座ではありがとうございました!
今日、私たちの仲間『みんなが笑顔ドットコム』主催のランチ会にて草刈さんにお話していただいたんです。
そんなときぶろぐにて草刈さんの事がかかれていたのをみつけコメントさせていただきました!
またお会いできると楽しみにしてます!

15 ■Re:めちゃくちゃおひさしぶりです。

>ノムケンさん
うおっ!!!!!!!
ノムケン久しぶり!

ハモンベジョータの神様と3人の楽しい夜は
忘れられないよ☆

元気にしてるかな??

エレキも元気だよ!

再会絶対にしたいね!

アンドラぶりか~☆

ドリームハウスあきらめずに進むぜ!

絶対再会しようね!

14 ■めちゃくちゃおひさしぶりです。

世界一周のときにアンドラでスキーとスノボをご一緒させて頂いた野村といいます。
覚えて頂いてたら光栄です。
その説は大変おいしい生ハムとスノボで盛り上がりましたね♪
マサさんの日記、読ませて頂いてます。
ドリームハウス、応援してます!
ボクは福岡ですが、今度マサさんに会いに行きますね!
エレキ青年にもよろしくです!

13 ■Re:はじめまして。

>asakoさん
コメントありがとうございます!

asakoさんの写真も光が充ちて、癒されるすばらしい写真ですね☆

時々癒されていきますね!
ありがとうございます!!

12 ■はじめまして。

プロフィールと物語を読ませていただきました。
人生の谷間にも希望を失わず真っ直ぐに
突き進む勇気に元気をいただきました^^
素敵な人生、素敵な夢、ありがとうございます!

11 ■Re:道のり

>レイキセラピストひらめきらっこさん
お返事遅くなってすみません^^;
コメントありがとうございます☆

うれしいうれしいコメントでした!
僕なんかの経験で人に元気と勇気を
ちょっとでも与えられているんだと思えて自信になりました!

本当にありがとうございます!

これからも精進していきます!

10 ■道のり

草刈さんの歴史を一気に最後まで読みました。
元気と勇気が出ますね!
人とつながること、大事だなと感じました。
草刈りさんの夢、応援しています。
ありがとうございます♪

9 ■Re:たのしみにしてま~す

>かうちゃさん
おひさしぶりで~す!
コメントありがとうございます☆

少しずつですが前に夢に進んでいってます!
あきらめずに進んでいきます!

応援ありがとうございます☆

8 ■たのしみにしてま~す

まささん、ちょこちょこっと日記を読ませてもらいましたが、今回はきちんとプロフィールを読みました。

ドリームハウス、素敵ですね。
応援してます!!

7 ■Re:なるほど

>smileyさん
うれしいコメントありがとうございました!

多分自分のためだけでは路上には座れなかったと思います。

今だにドキドキしたりします。

だけど、やっぱり今度は自分がもらったものを返して生きたいという強い思いがあります。

それが僕を動かしてくれているのかもしれません。

応援メッセージうれしいです!
どこかでお会いして、語れる日を楽しみにしてます☆

6 ■なるほど

こちらを読ませていただいて
だからこのコトバが書として
表現できるのだなぁと
納得できました
最高ですね
今まで
たくさんの苦しい道を乗り越えて
ここまでじっくりと長い道のりを
歩んでこられたのですね
そしてまた
今新たな道を
歩み始めているのですね
とっても素敵だと思います
なんだかうまく表現できませんが
自分と方向性が
すっごく似ている気がいたしました
なんか不思議なご縁ですね
ありがとうございます

5 ■ドリームハウス、最高ですね。

ワクワク様です。

ガクチャンです。


以前お話しを聞いたと思いましたが、
本当に、最高ですね。
ドリームハウス。

人と人のきっかけとなる家。

とても共感します。

ガクチャンもガクチャンにしかできない
ことで、
ドリームハウスを一緒につくれたら、
と思いました。

これからも
宜しくお願いします。

ガクチャン

4 ■Re:ペタありがとうございます。

>かいちゃんさん
ご丁寧なメッセージありがとうございます☆
なんか僕も元気がでてきました!

人は居場所を常に求めているのだと思います。
つながりを感じると人はとっても幸せそうです。

深く人とつながりができる場所。

そんな場所を作っていきたいですね☆


かいちゃんの行動が多くの人に勇気を与えて
思い出させてくれると思います!

「そっか!やってもいいんだ!」

動いている姿、挑戦している姿が
人の目を覚まし、勇気を与えるんだと思います!

かいちゃんさん!
応援してます^^

コメントありがとうございます!!

3 ■ペタありがとうございます。

読ませていただきました。

あなたの足元にも及びませんが
経験・考え方・生き方に共感できるところが
いっぱいあります。

私もドリームハウスではありませんが
居場所カフェみたいなものを
将来つくりたいと思ってがんばっています。
それが私の夢です。

来たいときに好きなだけ居れる場所
人は人に磨かれる。
交流することで気づきがあると
私は信じています。
夢を持つって
その瞬間からほんとに
目の前の景色が変わるほど
ハッピーになれるものです。
そういう人がひとりでも増えたらいいなと
いう願いです。

私は40代ですが
特にこの世代の方はあきらめている方が
非常に多いです。

自分の人生だから
自分で作るしかないのです。

あきらめない大人が増えれば
子どもにステキな夢を見せることが
できると思います。

ありがとうございました。

2 ■Re:読者登録、ありがとうございます

>ひだまりさん
わおっ!わざわざ読んでいただいて☆

本当にありがとうございます!

ドリームハウスワクワクです☆
急がずに、だけど想いを強くもって動いていきます!

楽しみにしていてくださーい!!

1 ■読者登録、ありがとうございます

一気に読ませていただきました。

<ドリームハウス>
楽しみですね。
ドリームハウスが生まれる過程を日記に更新、お願いしますね。
楽しみにしています。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。