夢工房 ポラーノ

あなたの想い、カタチにします!
国産材・間伐材を中心に、木工品の製作を行っています。

国産木材の利用啓発・促進を目指し、
ものづくりを通じて日本の山を元気にします!


テーマ:
久しぶりの更新は、ワークショップ。
カフェにお招きいただいてのお箸作りです割り箸

2/25(土)、西荻窪の醸カフェさんでMyはし作りを行いました。

食の安全・森を育てる【My箸作り】

今回は6名の方にご参加いただきました。

「病気にならない体づくり」をコンセプトに、様々なイベントをされている醸カフェさん。
今回も、食の安全を切り口に、割り箸の実態と森との関わりについてお話させていただきました。



作業は、定番のカンナ削りから。
四角い材を、八角形に削り出します。



未体験の削り心地が、毎回好評の作業です。

使用したのは、奥多摩から出た間伐材。
タイトルに謳う、「森を育てる」の所以です霧

次に、ナイフで削りながら大まかに形作っていきます。
思い切りと繊細さが求められる、木工らしい作業です。

逆目にならないよう木目を見ながら、刃の角度にも気を付けて削り進めます。

ある程度削れたら、カンナで表面を平らに馴らしながら、形を整えます。



押したり引いたり、自在な取り回しは、小さいカンナならではです音符

最後に、紙ヤスリで研磨し、ツバキの実を擦り付けるように塗って仕上げます。
木の色が引き立つようになり、艶が出てくれば完成です。



皆さんの作品は、コチラ次項



今回も、それぞれに味のある仕上がりとなりました拍手

こうした小さな木づかいも、積み重なれば山となり...
山へと届きます!

間伐材の普及に、輸入割り箸の使用削減。
まさに、一石二鳥です。

さらに、食卓で今回の体験が話題に上れば、小さな礫も波紋を生みだすことでしょうあしあと

ポラーノでは、ワークショップだけでなく、製作活動も行っております。

最新作は、ヒノキのお杓文字。
ターナーとセットで、丸皮を残したスタンドもお付けしましたグッ



カーブを削る為に、特殊な「反り台カンナ」を使用し、手作業で削り出しました。



台に差し込む柄の部分には、組手の一種である蟻加工を模して、倒れないようにしています。



作り手と贈り手。
それぞれのストーリーと共に、日本の森の木をお手元へとお届けするため。

アナタの想い、カタチにします!!

今後の予定

6/11(土)
食の安全・森を育てる【森のバターナイフ】づくり

10/1(日)
食の安全・森を育てる【My箸作り】

会場
醸カフェ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
師走に入り、今年も僅かとなりました。
今回は、プライベートワークショップのご依頼を受け、出張しました。
会場は、セルフリノベーションされた古民家。
http://weekendrenovation.wix.com/weekendrenovation

DIYの面白さを体験していただくと共に、自宅のキッチンで使うスツールを製作したいとのご希望です。
課題は、丸い座面と脚を繋ぐ貫で構成された、シンプルなもの。
脚には角度が付いており、難易度の高いものとなりました。

まずは製図からスタートです。
形状は同じですが、用途に合わせて、お好みの高さで図面を引きました。

製図


ポイントは、角度。
基本の直角(矩=カネ)と、脚の傾き(転び)の角度を出すため、定規を用意しました。
矩の出ている製図板に角度定規を当てることで、容易に直角や平行な線を引くことができます。

次に墨着けです。
原寸図から、部材へカットする寸法の印を写します(生け捕り)。
生け捕った印から、角度定規を使い切る為の線(切り墨)
を書きます。

墨付け


製図で使った定規を、そのまま墨着けにも使います。
掛かりをつけているのはその為でもあります。

皆さん初めての方で、慣れない製図や墨着けに大苦戦。
思ったよりも時間がかかってしまいました。
本来は部材を手鋸で切っていただく予定でしたが、今回は時短のため、丸鋸でのカットで対応しました。
角度定規は、そのまま丸鋸の定規としても使えます。
製図から加工まで、冶具の考え方と活用を直接見ていただきました。

組み立ても、原寸図の上で位置や寸法を確認しながら行いました。
FL(フロアライン)を基準とし、脚の設置面(下端=したば)を合わせることでがたつきを予防します。
同時に、上部の貫で高さの誤差を吸収し、座面の座りを良くします。

インパクトドライバーでビスを打つのも一苦労。
下穴を開けての作業でしたが、貫に対してビスが短めだったので、二段彫りにして頭を沈めています。

丸い座面は、トリマーで抜きました。

お昼休みを使って、デモンストレーション的に現場で加工しました。
最後の一枚である5枚目で、ビット(切削刃)が軸の元から折れるというアクシデントが発生。
危険はありませんでしたが、加工に時間がかかってしまいました。

やはり、負荷の大きい加工はルーターですね。

組みあがった脚に、円形の座面を取り付けて完成です。


完成


予想タイムをはるかに超過してしまいましたが、何とか形にすることができました。

座面が脚より小さくなったのは、DIYのご愛嬌。
正面図しか図面を描かなかったので、勘違いをしました。
やはり平面・側面図も、立体的に俯瞰するためには必要ですね。

製図から行うのは大変でしたが、その甲斐あって、各自思い思いの高さのスツールが出来上がりました。
同じ形状でも、高さが違うだけで随分と印象が変わります。
初めての方でも、やりようによっては図面から作り上げることができます。

記念撮影


それぞれの、セミオーダーのオリジナルスツール。
一応の完成ではありましたが、内容も濃く、楽しみながらエッセンスを体験していただけました。

反面、今回は初の試みとして、欲張りすぎた感がありました。
また転びの脚ということもあり、細部までイメージしきれていなかったのも反省点です。

今年最後のワークショップは波乱の展開となりましたが、これも一からトライしていく過程です。
一通りの工程をやってみたことで、ポイントや難易度も分かり、抜粋や再構成による発展の可能性を感じました。

来年は本格的な木工体験も視野に入れていくべく、手応えと課題を得られた会となりました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
霜月に入り、めっきり冷え込むようになりました。
温かいものの恋しい季節です。

スープにはパンが合いますねパン
何か付けるものも欲しいところです。

そんなこんなで、以前よりご要望をいただいていました「バターナイフ作り」を行いました。

お声がけいただいたのは、西荻窪の醸(かもし)カフェさん。
以前にもワークショップをさせていただいており、お箸・ミニスプーンに続く第3弾となりました。

材料はカエデの枝。
山の手入れで除伐されたものを使用しました。

カエデ


今回は、ご参加の方の都合もあり、Myはし作りと並行してのワークショップとなりました。
割り箸の現状に絡め、間伐の必要性や山の利用についてお話しをして、作業に入ります。

始めに長さを切ります。
座りをよくする作業台を使って、しっかり固定しての作業です。

長さ決め

中心から残す厚み分の印を書き、切り込みを入れます。

切り込み

繊維を切った状態にして、彫刻刀で横方向から崩すように欠き取っていきます。

欠き取り

一からナイフで削るのは、とても大変な作業です。
荒取りを行うことで、安全かつ早く作業を行えるように考えています。

作業風景



カフェでの作業風景も、お馴染みとなってまいりました。

はし削り

箸つくりも順調に進んでいます。

カンナ削り

バターナイフに戻り、カンナを使った横削りで、厚みを落としていきます。

仕上げ削り

ある程度削れて来たら、ナイフで形を整えます。

整形

再び鋸が登場しました。大胆に刃の形を切り出していきます。

エッジ仕上げ

刃と柄の境の部分を、カーブにあった彫刻刀で整えています。
ナイフで削る方もあり、このあたりも道具の好みで個人差が出てきます。

最後は紙やすりで仕上げ、椿の実で塗り上げます。

完成品は、コチラ

バターナイフ

丸々とした枝から、バターナイフが削りだされました。
柄の部分に装飾も入り、よりオリジナリティーの出た作品となりました。

Myはし

お箸もこの出来栄え。お見事です。

初の企画となった、バターナイフ作り。
無事カタチにすることができました。

次回は今週末、11/7(土)に江古田のWild  Nature さんで開催します。

詳細・お申し込みは、イベントページよりご覧いただけます下矢印
森を育てるMyバターナイフ作り

参加者の方の感想
○初めての箸作り、思ったよりも難しく、見るとやるとでは違うと実感しました。
無事にできて良かったです。

○箸袋を作ったので、ぜひお箸もと思い、参加しました。
木を削るのも、楽しいですね。

○始めからナイフで削るのものと思っていたので、ノコギリが出てきたときはドキドキしました。
丸のままのままの枝から作るのは大変でしたが、その分色々な道具を使うことができ楽しかったです。

○別件でモヤモヤした気持ちのまま来てしまいましたが、夢中になるうち忘れてしまい、終わったらスッキリしてました。
自然な皮の感じを残した仕上がりも素敵で、今日は参加できて良かったです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。