前へ前へ

道を歩く前に

やさしい

声が聞こえる


聞きなさいというから

ただ耳を傾けただけ


すると


隠されているはずの秘密が

まるで誰の目にも

明らかであるかのように

そっと声が伝えてくれたりする



隠された秘密は

隠した人にとっては

やさしい

最善の選択だったりする


相手の視点に立ったら

隠したことすら

尊敬に値したりする


だから

聞いてしまっても

聞かなかったことにしよう



目を瞑って

なんでもないふうに


前へ前へ進む


淡々と

聞こえていた事実を

受け止めるだけ


前へ前へ


前へ


i-arange

AD

急行列車


小さくて脆くて

大切なものを


守るために


列車を

見送ることにした


それは

急行列車だった


勢いよく

多くの人を

乗せて走る



小さくて脆くて

たった一つの

大切なものを

守るために


喜んで

見送った


後悔はない


そして


急行列車の

過ぎた後には


やわらかな光が


かすかに

たしかに


残るんだろう



carcassonne4

AD

三つの空間


昔夢を抱いた


抱いた

瞬間のそれは


とても脆くて

壊れそうだった



夢を抱き続けた


時が経っても


ふわふわして

とらえところが無い

それでも


今もなお

変わらずに


ここにある


私の夢

Dream

House


それは共有したい

三つの空間


●人の隠れた

可能性が最大限に花開ける空間


●世代の壁も

性別の壁も越えた温かい空間


●思いやりや愛の溢れた空間



「何かをすること」に特別

意味があるわけではない


ただ一瞬一瞬で

そういう空間を

大切な人たちと

共有していけるといい


ただそれだけを

願っている


colmar3

AD

Dream House 

なんとはなしに今日も

お婆ちゃんの事を考える


私の部屋には

お爺ちゃんとお婆ちゃんが

温泉に行って仲良く

写っている写真があって


その写真を見るたびに

心がほんとうに

落ち着くから不思議だ


そして思う


日々の言動ひとつひとつは

誰の目にも止まっていない

多くの瞬間が誰にでもあって


どんな言動を

とるのも自由だ


けれど

お婆ちゃんが神様が

側で見ている気がする


その両者に


笑ってもらえるように

喜んでもらえるように


そのための一歩を

積み重ねていたい


ptoma2





桜の花

テーマ:

8時に目覚ましをかけた

それよりも前に

母が部屋に入ってきて


”さっき、桜の花を見に

散歩に行ってきたよ


白山神社の桜は

すごく綺麗にまだ

咲いていたよ”


と、朝から母

いつになく嬉しそう



近所の人が皆

愛する広場がある


白山神社と呼ばれる

その土地には


毎年 

綺麗な桜の花が咲く


NEC_0175


そこは高台になっていて

学生はその道を

よくジョギングに使い


大人たちはここを

散歩コースにしている


ここを通り過ぎるたび

変わらないものの

安心感に浸りほっとする


環境は変わり

時は確実に過ぎていく


そういう中にあって


変わらない光景を

心は欲するのだろう



誰もが愛する

この土地の名を

白山神社という


この土地に咲く

桜の花を

愛せずにはいられない


NEC_0173