変わらないもの


大学を卒業して一年が過ぎ

久しぶりにそこへ足を運んだ


そこには満開の桜の木々が

幾層にも重なった石のオブジェが

変わっていない経済学部棟があった


友達とよく語らった

石のオブジェに座り

そこから見える学部棟を

じっと眺めていると


日常の中で隠してしまっていた何かが

ふっと顔を覗かせてきた気がした


目を瞑って それを

心地良く受け止めた


colmar



AD