政治って生活だと思うんです。

 

防衛なんかは???の気もしますが・・・

 

生活を守る意味では生活だと思うんです。

 

 

 

私が少しだけ他の方おりは優位性があるのは・・・

 

経営者のはしくれだということです。

 

働き方改革とか言っていますが・・・

 

所詮、卓上での話です。

 

正社員と非正規の待遇(賃金)を同じにする・・・

 

なんて不可能です。

 

そもそも、派遣には残業手当は当然ですが・・・

 

正社員のサービス残業は普通です。

 

時給計算すると、派遣のほうが時給が高かったり (笑)

 

 

 

あと、非正規の方の賃金を上げると仮定して・・・

 

その原資はどうするのでしょう???

 

利益が変わらなければ・・・

 

正社員の減給以外に方法はありません。

 

結局、卓上でいくら会議をしても無駄です。

 

 

 

ここで、日本では労働人口はどんどん減ります。

 

(現状のままでは)

 

ここで、考えられるのが・・・

 

女性・シニアなどの労働力です。

 

ここにも大きな問題があります。

 

幼稚園のお子様のいる女性は働くことは難しいです。

 

(現状の制度では)

 

シニアの場合・・・

 

80歳の方と30歳の方で時給が同じとか無理です。

 

例えば、

 

30歳の方が1時間で10個の梱包作業ができます。

 

80歳の方は5個しかできません。

 

30歳の方が時給¥1000円の場合、

 

80歳の方が時給¥500円であれば・・・

 

企業としては問題ないです。

 

が・・・・

 

最低賃金という法律があります。

 

この場合、時給で雇用するのは不可能です。

 

抜け道として・・・

 

外注という制度があります。

 

1個の梱包で¥100円

 

そうすれば・・・

 

80歳の方の時給は¥500円と同じです。

 

そうすれば・・・

 

企業としても、シニアに仕事をしてもらうことは可能です。

 

 

 

これは、一例ですが・・・

 

生活するための制度を作るのが政治だと思います。

 

言いたいことは・・・

 

政治しかしたことのない政治家はダメです。

 

あと有識者っていう曲者 (笑)

 

学問と実情は全く違います。

 

 

 

政治家にはいろいろな方がなるべきだと思います。

 

有期任期などもありだと思います。

 

国民が生活しやすくできる政治が理想です。

 

 

 

明日はクリスマスイブです。

 

去年は・・・

 

心筋梗塞で緊急入院&緊急手術でした。

 

もう1年です。

 

はやいです・・・

 

 

 

。。

AD