ありがとう!風力発電 ( ゚∀゚)/

日本で1年間に出る二酸化炭素の量は、国民ひとりあたりおよそ9トン。 私たちみんなの地球の未来がかかっています。子供や孫たちに誇れる自然エネルギーをみんなで大きく育てて、子供たちの創造力をも育みましょう!


テーマ:

大旺建設土木縮小へ 経営革新改革策定

 


大旺建設(高知市丸ノ内2丁目、市原四郎社長)は31日、四国銀行の支援を得て、経営・財務状況の抜本改革に乗り出すと発表した。

土木事業を縮小する一方で、建築や環境事業の強化を図り、有利子負債の圧縮を進める計画だ。

  

公共事業が減少する中で、同社の売上高(完成工事高)はピークだった2001年6月期の575億円から、05年6月期には318億円に減少。

一方、有利子負債は過去10年余りの間に半分以下に圧縮したものの、現在も約140億円の残高があり、経営圧迫要因になっている。

  

このため同社は、メーンバンクの四銀と検討を進め、2010年度を目標とした経営革新計画を策定。

四銀は31日発表した人事異動で、取締役クラスを含む3人の派遣を決めたほか、必要資金を支援する。

 

同計画では、土木事業の売上高を現在の約180億円から100億円程度に縮小。

一方、首都圏のマンションが好調な建築事業、フロン・ダイオキシン分解などの環境エンジニアリング事業、風力発電事業は拡大を図る。

  

2010年度の総売上高は、300億円弱と現状と変わらない見込みだが、収益性を高め、有利子負債を大幅に削減する。

  

また、土木や管理部門の人員を削減。環境や建築は増員し、東京などでの営業機能を強化する。

  

同社は「公共事業が減る中、土木中心ではじり貧が避けられない。風力やフロンなどの強みを生かし、『環境の大旺』としても評価されるよう事業構造の転換を進める」と話している。

 

(高知新聞・8月1日)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

*三菱重工業 <7011> は8日、出力1000キロワット級の大型風力発電設備443基(総発電出力44万3000キロワット)を、オーストラリアの大手発電開発業者バブコック・アンド・ブラウン(B&B、シドニー)の米国現地法人から一括受注したと発表した。

「過去に例がない大量受注」(広報・IR部)で、受注額は250億―300億円に上るもよう。 

 

(時事通信・6月8日)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

三菱重工業は、韓国の風車用タワー製造会社の東国S&Cから大型風力発電設備三基を受注した。韓国はアジアでインド、中国、日本に次ぐ第四位の風力発電市場となっており、三菱重工が韓国向けに受注するのは初めて。
  

インド向けではすでに受注実績があり、今回の受注を機にアジア市場の開拓を加速する。
  

韓国向け風力発電設備の発電能力は一基当たり一千キロワットで、同クラスで世界最高レベルの発電効率を誇る。一般家庭の消費電力に換算すると約四百六十世帯分に相当する。
  

同装置が建設される韓国南西部の全羅南道新安郡では今回の三基の装置を第一弾として、最終的に総発電出力五万キロワットの装置が建設される計画だ。
  

三菱重工は韓国での初受注を機に、同地域での追加受注を狙うほか、韓国の他の地域やアジア市場にも攻勢をかける。
  

韓国は、風力や太陽光などのエネルギーを活用した発電方式に対する優遇制度を二〇〇三年に導入して以来、風力発電市場は拡大しており、年間十五万-二十万キロワットの需要が期待されている。

 

(フジサンケイ ビジネスアイ・5月20日)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NTNは風力発電機用の軸受売上高を2010年に50億円と、現状の年間推定10億円から5倍に増やす目標を打ち出した。

その一環として従来の自社製品に比べ寿命が5割長い軸受を開発し、国内外の風力発電機メーカーから受注を始めた。

市場拡大が見込める風力発電機事業を、早期に本格化するのが狙い。

同年には風力発電機軸受の世界シェアを20%に高め、上位グループ入りを目指す。
 
NTNは風力発電機用軸受の事業規模を明らかにしていないが、年約10億円、世界シェア数%と見られる。

50億円の達成に向け技術開発を拡充するほか、生産拠点の桑名製作所(三重県桑名市)の生産能力を増強する。
 
新たな技術開発の第1弾として、自社従来製品比で5割長持ちする軸受を製品化した。

風力発電機の回転数を高める増速機用の軸受で、軸受内部の円筒ころの間ごとに、ころ同士が接触するのを防ぐ樹脂部品を設置。
 

(日刊工業新聞・5月12日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

富士重工業は、平成十九年春をめどに出力二千キロワット級の大型風力発電機の受注を始める。

千キロワット以上の大型風力発電機市場には、国内では三菱重工業だけが参入しているが、富士重も新型機を開発して本格参入する。

政府は二十二年度までに国内風力発電量を現在に比べて二倍以上に引き上げる目標を打ち出しており、需要拡大を見込んで量産化に乗り出す。
  

風力発電をめぐっては、十五年四月に電気事業者に自然エネルギーの利用を義務付けるRPS法が全面施行され、風力発電の市場規模が拡大している。

富士重では発電効率の高い大型機のニーズが高まると判断、二千キロワット級の大型風力発電機の量産化に取り組む。
  

「ダウンウインド式」と呼ばれるシステムを採用し、吹上風に対してローター(回転軸)を風下に向けて壊れにくくするなど、日本の気象条件に合うように設計した。

昨年十二月には茨城県内に二千キロワット級大型機の試作機を設置して調査を進めている。

生産は航空機体製造を担う宇都宮工場(栃木県)で行う予定。

国内では十数機の販売を見込み、海外への輸出も視野に入れている。

 

(産経新聞・5月5日)

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【ロンドン2日時事】

三菱重工業 <7011> は2007年中にもブルガリアに風力発電所を建設する。

08年の稼働を目指す。

同社が海外で電力事業を手掛けるのは初めて。

(時事通信・5月3日)

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

PAN系炭素繊維の需要、08年に3万㌧超へ――炭素繊維がいよいよ本格的な拡大期に入った。

新鋭航空機に加え風力発電、次世代自動車関連部品など様々な分野での研究開発が続き、新たな市場が形成が着実に形成されている。

東邦テナックスの三嶋孝司常務炭素繊維事業本部長は、「世界のPAN系炭素繊維の市場規模は、08年に3万㌧超に達する」との見通しを立てており、欧州では01-08年までで17・1%の割合で市場が成長しているという。
 

(日本繊維新聞・3月8日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

富士重工業は大型の風力発電機を量産する。

出力2メガ(メガは100万)ワットの風力発電機を製品化し、2008年の出荷を目指す。

これまで1メガワット以上の大型機では欧米メーカーが先行しており、国内生産は三菱重工業のみ。

電力会社が自然エネルギーの利用を増やすなか、富士重も国内の大型機市場に参入する。
 
風力発電機は欧州を中心に開発が進み、日本メーカーは出遅れていた。

日本は台風が多いなど気象条件が厳しく、風力発電機の耐久性が求められる。

富士重は航空機開発で培った技術を生かして日本の気象条件に合った発電機の開発を進める。

 

(NIKKEI NET・2月21日)

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マンション建設・分譲の原弘産は環境部門に力を入れる。

2007年2月期の連結売上高は06年2月期比1.8倍となる450億円を見込む。

北海道・室蘭など国内3カ所で風力発電機を新規に販売、その売上高120億円が収益に貢献する。
 
同社の06年2月期の連結売上高は250億円を見込む。内訳は住宅部門が200億円、環境部門が50億円。
 
07年2月期は住宅部門が06年2月期比1.5倍の300億円、環境部門が同3倍の150億円の達成を目指す。
 
北海道・室蘭、鹿児島、沖縄で環境に関心が高い市民が風力発電のための会社組織をつくり、電力会社へ売電する計画。

07年2月期はこうした会社へ風力発電機を販売するほか、台湾への販売も継続する。

 

(NIKKEINET・1月14日)

   

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。