ありがとう!風力発電 ( ゚∀゚)/

日本で1年間に出る二酸化炭素の量は、国民ひとりあたりおよそ9トン。 私たちみんなの地球の未来がかかっています。子供や孫たちに誇れる自然エネルギーをみんなで大きく育てて、子供たちの創造力をも育みましょう!


テーマ:

世界各国で2005年、風力発電などの新エネルギー開発に対して行われた投資総額は380億ドル(約4兆4000億円)で、前年比約27%の大幅増となったとの調査結果を、国連や各国の専門家約100人でつくる「再生可能エネルギー政策ネットワーク」(本部パリ)が7日までにまとめた。

 

原油高騰と地球温暖化対策の進展が背景になって、新エネ開発が大きなビジネスになっていることを示す。

日本は約20億ドル(約2300億円)で4位だが、他国に比べて伸び悩みが目立っていることも判明。

日本の政策の見直しを求める声が今後、強まりそうだ。

  

報告書によると、05年の新エネ関連事業への投資額は、ドイツと中国がともに約70億ドルでトップを分け合い、次いで米国の約35億ドル。

  

この結果、世界の新エネルギーの総発電容量は04年の1億6000万キロワットから1億8200万キロワットに増えた。

関係者によると、稼働率が異なるために単純比較はできないが、容量では世界の原子力発電の半分近くになるという。

国別では中国の4200万キロワットが最多で、ドイツと米国が2300万キロワットでこれに次いだ。

  

日本は海外向けの太陽電池生産設備への投資などが多い。

このため、国内の新エネの発電容量では600万キロワットと中国の7分の1にとどまり、700万キロワットに増えたインドに抜かれ6位。

1997年以来、トップを続けてきた太陽光発電の容量もドイツに抜かれ、2位に転落した。

また1年間に新たに建設された風力発電の容量は、ドイツの7分の1以下にとどまるなど伸び悩んでいる。

  

ただ報告書は「太陽電池生産は、世界で最も伸び率や利益が大きい産業の1つ」と分析。

この分野ではシャープや京セラ、三洋電機といった日本企業が欧米企業に差をつけていることに言及している。

 

(nikkansports・9月7日)

  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

環境省は市民から資金を集めて風力発電事業のような保全活動に投資する「環境ファンド」を支援する。

補助金を交付し、資産運用の専門家を雇用するための人件費や投資先の選定に役立つ調査の費用に充てられるようにする。

欧米では市民の資産を活用した保全活動が盛んだが、日本ではなじみが薄い。

ファンドを育てて個人資産が環境分野に向かうことを狙う。

  

市民が中心となる環境ファンドは、環境問題に関心のある個人投資家らから資金を集め、保全事業に投資する。

寄付ではなく、投資信託などと同様に収益を見込める事業に投資し、配当を得る。

風力発電施設に投資するファンドや、バイオ燃料の製造・流通事業に投資するファンドなど国内に数十ファンドあるとみられている。

 

(NIKKET NET・9月7日)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の風力発電立地規模は、2005年度末で130万kWに達する。

1万kW以上のウインドファームは、29ヶ所に上る。

05年12月には国内最大の5万7,000kWのウインドファームが最北の地、北海道稚内市で営業運転に入っている。
 
順調に立ち上がってきた風力発電であるが、適地が少なくなってきている。
 
国は地球温暖化対策での自然エネルギーの普及で、風力発電は2010年度までに累計300万kW(3GW)の導入を目指している。

また出力規模は、弊社集計によれば2005年度末で1,050基の107万8,400kWとなり、1GWを突破した(出力10kW以上)。

1年間に、新たに15万kW強の風車が国内に立地されたことになる。
 
こ数年は急速な伸びを示す日本の風力発電市場であるが、世界からすれば、その比率は2%にも達していない。

欧州での洋上風力発電は、デンマークに次いでドイツ、イギリスでも大型プロジェクトも立ち上がっている。

特に英国では2010年までに再生可能なエネルギーで電力の10%をカバーし、その目玉に洋上風力発電を掲げ、2期に分けて開発権の入札に踏み切っている。
 

(BizMarketing・9月7日)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

環境省は4日、国立公園内での風力発電施設の設置を推進していくことを決めた。

 

これまでは景観への悪影響や、野鳥が風車の羽に当たる「バードストライク」などを懸念し、自然公園法の施行規則で厳しい基準を設けて最低限の許可にとどめてきた。

  

しかし、地球温暖化対策が進まない中、温室効果ガスを排出しないクリーンエネルギーとして、風力発電導入の必要性が一層高まったとして、方針転換することにした。

  

来年度から年間10億円、3年計画で計30億円を投入し、バードストライクの防止策などを検討する。

具体的には、

〈1〉渡り鳥の接近をレーダーで把握して風車を止めることができるか

〈2〉野鳥が近付かない色があるか

〈3〉夜間のライトアップは鳥の衝突防止に効果があるか――などを研究。

景観影響評価のマニュアルを作成したりする一方で、電力会社などに設置を働きかけていく。

  

風力発電の普及を推進する資源エネルギー庁によると、国内には現在、海岸線を中心に約1000基の風力発電施設がある。

設置には、風の強い広い土地が必要だが、自治体や民間の土地で条件の良い場所は少なくなっているという。

 

同庁幹部は「海岸線の景観地は国立公園に指定されているケースが多いが、風力発電にとっても最も条件が適している」と話し、環境省の方針転換を歓迎している。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
原油・ガス価格の高騰などを背景に、米国で風力発電設備の建設ラッシュが始まった。

業界団体によると、2006年の設備投資額は前年比3割増の総額40億ドル超となり、追加される発電量は約3000メガワットと過去最高に達する見通しだ。

発電コストの低下も進んでおり、代替エネルギー導入に前向きなブッシュ政権の支援策が建設を後押ししている。

  

テキサス州では米最大となる沖合の風力発電プロジェクトが動き出した。

投資額は総額10億ドルを上回り、メキシコ湾の1万6000ヘクタールに百基を超える風力タービンを建設する。

発電量は12万5000世帯分に相当する500メガワットを目指している。

 

(NIKKEI NET・5月22日)

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

風(かぜ)の力を使って大きな風車(ふうしゃ)を回(まわ)し、その回転(かいてん)を発電機(はつでんき)に伝えて電気(でんき)を作り出す風力発電。石油(せきゆ)などを燃(も)やさないため、空気を汚(よご)さないクリーンなエネルギーとして期待(きたい)されるようになり、近年、普及(ふきゅう)が進んでいます。

今回は風力発電について、調(しら)べてみましょう。

  

(読売新聞・3月24日)

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

川崎重工業は独自開発した大容量型ニッケル水素電池「ギガセル」の本格的な実用化に向けて風力発電で実証に乗り出す。

06年中に大・小規模の風力発電サイトに併設し、実用化を目指す。

清水建設が研究所で実証している都市型マイクログリッド(分散型エネルギーネットワーク)にもこの蓄電池を設置し、実用研究に入っている。
 
ギガセルはバイポーラ積層構造で大容量化が容易な大型の電池の設置に適している。

この特徴を生かして、風力発電の出力平滑化で実用を目指す。ニッケル水素は鉛蓄電池の3分の1容量で急速充・放電に対応可能なため、出力が不安定な風車への併設が期待できる。
 
短周期対応に適しており、小型風車サイトに置いて実証。

さらにウインドファームクラスの大型風力発電サイトにも今年後半に設置して実証する。
 
また清水建設は実証している電源ネットワークに30キロワットの電池を導入して今月まで付加変動補充対応で運転している。
 

(日刊工業新聞・3月24日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みずほ証券と日本政策投資銀行は電力やエネルギー分野への投融資のため200億円規模のファンドを共同で立ち上げる。

風力発電など新エネルギー開発のプロジェクトや、電力会社の既存設備の改善などに投資していく。

エネルギー分野に特化したファンドは珍しい。
 
ファンドを運営する日本エネルギー投資(東京・品川、河村修一郎社長)を3日付で設立した。

資本金は1億円で、政投銀が50%、みずほ証が35%、みずほ証子会社のインダストリアル・ディシジョンズ(東京・品川、IDI)が15%をそれぞれ出資した。

IDIはエネルギー業界に特化したコンサルティング会社。

 

(NIKKEI NET・3月8日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

三重県の青山高原の風力発電が8基増設され、すでにある24基と併せて32基、出力はほぼ倍増して3万4000キロワットとなった。

風の強い北海道や津軽海峡を除くと国内最大クラスだということだ。日本もようやく風力発電が認知されてきたという感慨があった。
 
しかし、世界はそのずっと先をもっともっと速いスピードで走っていることを知って驚いた。

世界風力発電協議会(GWEC)は、2005年12月時点での世界の風力発電事情を発表している。
http://www.gwec.net/
 
それによると、ドイツの風力発電能力はすでに1842万キロワット、スペイン1002キロワット、アメリカ914万キロワットである。

日本は123万キロワット。

かろうじて世界第9位を維持しているが、世界のトップレベルの10分の1以下でしかない。

来年以降トップ10位以下に落ちることは間違いない。
 
問題は新設のスピードである。

昨年1年で新設された風力発電能力は大型原発10基分に相当する1176万キロワットである。

アメリカは243万キロワットを新設、2位のドイツは180万、次いでスペイン176万、インド143万。

日本はたった29万。

その差をどんどん広げられている。
 
原発1基はほぼ100万キロワットだから、ドイツは原発18基分の風力発電能力を持ち、ここ数年、年に2基ずつに相当するペースで能力を増やしているということだからすさまじい。
 
GWECによると、EUは2010年までにに7800万キロワットに増やす計画で、2020年には1億8000万キロワットになるとの見通しを立てている。

日本の原子力や火力を加えたずべての発電能力は2億キロワットであることからみて、EUの意欲は大変なものであると考えていい。
 
アメリカも2010年に674万キロワット、2020年には1億キロワットの計画を持つという。

日本は2010年で300万キロワットでしかない。
 
日本だけ風が吹かないのだろうか。

いなそうではない。

ことあるごとに神風に祈ったのはわが日本だったのではないか。

石油などエネルギー資源を持たない日本であるからこそ風力発電にもっともっと力をいれなければならない。
 
世界的風力発電ブームで発電コストも随分と下がってきている。

GWECの推計では1キロワット当たり約13万円でしかないのだ。

原発を1300億円でつくれますか?
  
 

世界の風力発電能力(2005年末)
国名 発電能力
ドイツ 1842 万kw
スペイン 1002 万kw
アメリカ 914 万kw
インド 443 万kw
デンマーク 312 万kw
イタリア 171 万kw
イギリス 135 万kw
中国 126 万kw
日本 123 万kw
10 オランダ 121 万kw

 

(萬晩報・3月3日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年一年間で中国の風力発電の規模が前年から65%も増加、総発電容量で日本を上回ったことが、業界団体の世界風力エネルギー協会(GWEC、本部・ベルギー)のまとめで分かった。

普及に向けた法整備などによって中国や米国で建設が進む一方、日本の風力発電は伸び悩みが目立ち、専門家の中には「強力な推進策を導入しなければ、日本は世界の流れから取り残される」との指摘も出ている。

  

GWECによると、風力発電は昨年一年間にインドや中国などアジアで急増。

特に中国では65%も増え、総容量が百二十六万キロワットに達した。

これに対し、日本での新設は二十九万キロワットにとどまり、総容量は百二十三万キロワットと中国に抜かれた。

 

規模が最も拡大したのは米国で、二百四十三万キロワット分の施設が新たに完成した。

次いでドイツの百八十万キロワット、スペインの百七十六万キロワットの順だった。

  

世界で昨年一年間に新設された風力発電所の総計は大型原発十基分に相当する千百七十六万九千キロワットで、発電装置の総額は百四十億ドル(約一兆六千億円)にもなるという。

  

この結果、世界の総容量は二〇〇四年比で約25%増。

〇五年末時点で最も多いのはドイツの千八百四十二万八千キロワットで、スペイン、米国、インドの順。

日本は世界九位だった。

   

風力発電は、温室効果ガスの二酸化炭素や有害ガスを出さない上、コストも安いことから、各国が自然エネルギーの主役として建設や研究開発を推進。

最近は原油高を背景にさらに注目が集まっている。

 

(東京新聞・3月1日)

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。