ありがとう!風力発電 ( ゚∀゚)/

日本で1年間に出る二酸化炭素の量は、国民ひとりあたりおよそ9トン。 私たちみんなの地球の未来がかかっています。子供や孫たちに誇れる自然エネルギーをみんなで大きく育てて、子供たちの創造力をも育みましょう!


テーマ:

中部電力は風力発電所を2008年度までに3カ所新設する。

建設地は愛知県南知多町、同豊橋市、静岡県御前崎市で最終調整しており、総発電能力は6万8000キロワットの見込み。

同社が本格的な風力発電所を建設するのは初めて。風力発電は発電時の二酸化炭素(CO2)排出量が少なく環境への負荷が小さいため、運営ノウハウを蓄えて環境対応を高める。
 
新設する風力発電所は、1500―2000キロワット程度の発電能力を持つ羽根付きの発電塔を合計30―40基程度建設する計画だ。

総投資額は100億円規模になる見込み。

それぞれの発電所の出力は2万キロワット程度で、風力発電所としては中規模という。

現在、環境調査などを実施中で、地元の自治体などと建設に向けた調整に入っている。

用地買収などが完了し次第、工事に着工する。
 
同社は火力発電所の敷地内などに試験的に風力発電装置を設けたり、グループ会社で風力発電を行ったりしているが、本体で本格的な風力発電所を建設するのは初めて。

新設する3カ所はいずれも海などに近く、年を通じて風力と風向きが一定し、発電に十分な安定した風力が得られると判断した。

 

(NIKKEI NET・9月7日)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中部電力が愛知県豊橋市の表浜海岸周辺で、風力発電所の建設を計画していることが6日分かった。

中電は本年度の電力供給計画に風力発電所3カ所(出力合計6万8000キロワット)を管内で建設し、2008年度の運転開始を目指す方針を盛り込んでおり、そのうちの1カ所とみられる。

  

関係者によると、2000キロワット級13基を県境を挟んだ静岡県湖西市に一部またがって建設、2007年度中の稼働を予定。

すでに一部で地元説明に入っているという。

風力発電事業を手がける中電子会社のシーテック(名古屋市)が事業会社として建設、運営を担当する見通し。中電に全量売電する。

  

中電はこれまで管内で候補地の絞り込みと環境調査を続け、遠州灘に面した表浜海岸の周辺は、年間を通じ安定した風力が得られると判断した。

  

同社広報部は「まだ調査が完了していない段階で、具体的な建設地については公表を控えたい」と話している。

  

中電の風力発電の取り組みは、2月に三重県の青山高原でウインドパーク美里(8基、総出力1万6000キロワット)が営業運転を開始。

さらに北側の伊賀、津両市にまたがる山林地帯でウインドパーク笠取(20基、総出力4万キロワット)を計画、10年3月の運転開始を目指している。

 

(中日新聞・9月7日)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京電力などが出資する日本自然エネルギー(東京・中央)は7日、風力発電などを受託したことを示す「グリーン電力証書」の発行契約を4月から8月までに17の企業・団体と結んだと発表した。

発電量は年間254.8万キロワット時で、およそ一般家庭700世帯分の消費量にあたる。
 
サントリーや東京ガス、東京都中野区などが契約した。

サントリーはサントリーホール(東京・港)の年間電力使用量の約25%を都内の水処理施設の水力発電で賄う。

2011年3月まで年間50万キロワット時の証書を購入。

年間190トンの二酸化炭素(CO2)を削減できる。

水力発電の利用は飲料業界で初めて。
 
グリーン電力証書システムは風力、水力、バイオマス(生物資源)での発電費用と通常の発電費用との差額を払うことで自然エネルギーを使ったとみなす仕組み。

証書の売り上げを風力など3種類の発電費用に充てている。

 

(NIKKEI NET・9月7日)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【風力発電】

田原市で進められている大型風車による風力発電について、朝蔭氏が質問。

「電力会社(中電)関係企業が西七根から静岡県に向けた14キロの表浜海岸(国定公園除く)に大型風車を設置する計画を立て、現地説明会も行われた」とし、市の対応を聞いた。

尾川克也環境部長が「時代の要請であり、大きな期待を寄せている。具現化に向け、設置しやすいよう配慮していきたい」と支援の姿勢を表明した。

13基の大型風車を設置して発電し、資源化センター近くで集変電する計画だという。
 

(東日新聞・9月6日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

沖縄電力は21日、沖縄本島の電力系統への風力発電設備連係の募集を始めた。

沖縄電力が1万1千キロワットを上限に、風力発電の電力を購入する。

同日説明会が開かれ8社の関係者が出席した。

8月11日で募集を締め切り、29日に抽選で優先順位を決定する。

  

沖縄電力は、出力量の変動が大きい風力発電の連係による電力品質の低下を防止するため、募集枠を設定。

既存の1万5000キロワットと合わせて、2万6000キロワットとなる。

募集対象は、2009年度までに、沖縄本島系統への連係・運用開始を予定している20キロワット以上の風力発電設備。

20キロワット未満や離島に設置される風力発電設備は、随時申し込みを受け付けている。

 

(沖縄タイムス・7月22日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

北陸電力は三日、石川県など管内の風力発電事業者から購入する電力の上限枠を十五万キロワットと設定する方針を決めた。

事業者からの申し込みが急増しており、出力が一定でない風力発電の受け入れを制限し、電力系統に与える影響を見極める。

新規受け付けは一時停止した上、上限枠から現在受け入れている分や既に受け入れが決まっている分などを除いて、約四万五千キロワットを民間事業者、自治体に振り分け、あらためて募集する。

  

風力発電は風の強弱に左右されて出力が一定ではなく、受け入れ電力が増えすぎると、周波数が変動し、供給先工場のモーターの回転が一定しないなどのトラブルが発生する恐れがある。

このため、北海道、東北、四国などの電力会社は、すでに購入上限枠を設けている。

  

北電の計画では、民間事業者からの受け入れは〇六、〇七年度で各約二万キロワットとし、自治体分は〇六、〇七年度の二年間で計約五千キロワットとする。

希望者が多い場合は抽選とする。〇八年度以降は、周波数の変動状況などを調べ、再度、判断する。

北電はこれまで、購入上限枠を設けず、風力発電の電力買い取りを随時、受け付けてきた。

 

(comimi.com・3月3日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東北電力は27日、新規風力発電の立地で、電力業界で初めて蓄電池を組み合わせることを中心に2010―2012年までに新たに計38万キロワットを導入する計画を発表した。

06年度にまず10万5000キロワットを募集する。

これにより同社の風力発電規模は合計85万キロワットを実現することとなる。
 
同様に風況がいいエリアが多い北海道電力は06年度に5万キロワットを解列(系統から年間16%以上を離脱)で新規導入することを決め、九州電力も通常枠か解列で5万キロワットの導入を近く決める。
 
日本の風力発電規模は05年度で風車基数が1000基を超え、総発電規模は120万キロワット。

2010年に300万キロワットへと拡充するため、経済産業省は系統連系対策として、風力発電の出力変動が電力系統に与える影響を緩和する蓄電池の導入に向け、3分の1を補助するための19億円を予算化することを決めた。

  
(日刊工業新聞・2月28日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東北電力は二十七日、二〇〇四年度以後中断していた出力二十キロワット以上の風力発電募集を〇六年度から再開すると発表した。

青森県は今月、県南地方を中心に風力発電の導入を伸ばして関連産業の創出につなげるとする風力発電導入推進アクションプランを策定しており、“追い風”となる可能性もある。
  
同社は、風力発電は自然条件で出力が大きく変動するため、電力系統へつなげると量が増えるほど周波数などの電力品質に影響を及ぼす懸念があるとして募集を一時中断していた。
  

今回は、蓄電池利用で問題を解決するなど影響対策がまとまったため募集再開を決めた。
  

〇六年度の募集規模は出力二千キロワット以上の大規模風力が五万キロワット、二十キロワット以上二千キロワット未満の中規模が五千キロワット。

風力発電事業者はいずれも、蓄電池などの出力制御による周波数変動対策の条件をクリアする必要がある。
  

このほか、出力を一定に制御する風力発電について技術的な検証を行うため、別枠で五万キロワットを募集する。
  

東北電力は三月二十二日、仙台市の同社本店で風力発電を計画する事業者や自治体を対象とした説明会を開催し、具体的な購入単価などを明らかにする。
  

同社によると、〇六年度末で約四十七万キロワットが同社の電力系統に連係される予定。

うち青森県分は約二十四万キロワット。
  

県のアクションプランでは、一〇年に三十万キロワット、一五年に四十五万キロワットの導入目標を掲げている。
  

また、日本風力開発が六ケ所村などで大規模な蓄電池併設型の風力発電事業を計画している。

  

(デーリー東北新聞社・2月28日)

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

沖縄電力は17日、沖縄本島の電力系統に風力発電をつなぐ(連系)申し込みの受け付けを一時停止すると発表した。

出力量の変動が大きい風力発電の連系が増大することで電力品質が不安定になることを防ぐため。今後は募集枠を約1万キロワットに制限し、抽選で事業者を選定する。

  

風力発電の連系が増えて周波数が変動すると、工場のモーター回転が一定しないなどのトラブルが発生する恐れがある。

経済産業省の手法で計算した結果、沖縄本島系統の風力発電連系可能量を2万5000キロワット(暫定値)と設定した。

2月現在の本島系統の風力発電連系量は、約1万5000キロワット。残り約1万キロワットについても可能量を上回る照会があるため、17日付で新規の照会と申し込みを一時中断した。

 

今後は約1万キロワットの募集枠を設けて6月に事業者の募集を始め、9月ごろに抽選で事業者を選定する。

県内のほか11系統でも、連系可能量の設定を検討するという。

 

(沖縄タイムス・2月21日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【愛知県】

中部電力の子会社シーテック(名古屋市)が、三重県の青山高原で建設していた風力発電所「ウインドパーク美里」(津市)が20日、営業運転を開始する。

同社単独の開発による風力発電所の第1号で、一般家庭約1万1千世帯が年間に消費する電力を供給できるという。
 
ウインドパーク美里は2004年10月に着工、昨年12月から試運転を始めていた。

発電した電気はすべて中電へ売る。
 
総出力1万6千キロワット。

国内最大級の1基当たり2千キロワットの発電機を8基備えており、年間発電量は約4千万キロワット時を予定している。

それぞれの風車は長さ39メートルの3枚羽根で、1分間で最大27回転する。

支柱の高さは60メートル、総重量は238トン。投資総額は46億円。
 
青山高原は、若狭湾から伊勢湾に抜ける「風の通り道」に当たり、年間を通して毎秒平均約7・6メートルの風が吹く風力発電の適地という。
 
このためシーテックはウインドパーク美里の北に位置する三重県伊賀市と津市にまたがる山林地帯に、風力発電所「ウインドパーク笠取」の建設も予定。

出力2千キロワットの発電機20基を設置、総出力4万キロワットを計画しており、中電管内5県(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)で最大規模となる。

10年3月の運転開始を目指し、調査を進めている。

 

(中日新聞・2月18日)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。