あわせて読みたい なかのひと
2007年04月13日(金)

ストレッチの功罪

テーマ:美容と健康

ここのところ来院者やメールなどので、

「スポーツや武道をしている人から教えてもらったので、筋肉の状態を整えるにはストレッチをすれば良いんですよね・・・」

といったご質問があります。


何度も書いてきたことですが、

「痛みが激しい時や非常に硬くなった筋肉を無理やりストレッチすることは、余計に筋肉に負担をかけ悪くしてしまう」ことの方が多いと思います。

筋肉が冷えている時などはなおさらです。


通常ストレッチが効果的なのは、

「運動直後で疲労はしているが、筋肉は温まっている時」

「お風呂あがりで、筋肉が温まっている時」

などです。


「ラジオ体操をすれば良いですか?」

とも、よく聞かれます。

過去ログラジオ体操の正体? でも書いたとおり、ラジオ体操は振りをつけた(反動を利用した)動的ストレッチ運動バリスティック・ストレッチングと呼ばれています。

これは、運動不足や身体が悪くなっている人が突然始めるにはかなりきつい運動になります。


あえて、やるならば静的ストレッチ運動スタッティック・ストレッチングです。

これは普通にストレッチと呼んでいるものです。

「でもね、ストレッチって難しいものです。」

力加減や伸展させる方向性を間違ってしまうと、筋肉だけでなく関節や靭帯を傷めてしまうこともあります。

ストレッチをすることが良いことだと思って行っても逆効果になることもあるのです。


ストレッチをするのなら、「毎度のことながらこちらをご参考に!

無理は禁物!!

自分の体調と相談しながらやっていきましょうね!ニコニコ


~take care~

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■ひろさん・・・

軽い症状や整体などに来るまでもないような状態の人、スポーツの準備運動や整理運動とすれば、ストレッチも有効なんですよね!

問題は時と場合による・・・
ストレッチの方向性を間違えない・・・
その理解が必要ですよね!

1 ■無題

かくいう私もストレッチを推奨しているひとりです ( ̄^ ̄)エッヘン
とりわけラジオ体操はよくお勧めしています

しかしやっていい人・悪い人
やっていい時・悪いとき

あくまでも予防目的であって現に発生する痛みを治す目的ではないということです

どんないい薬でも使い方を誤ると毒に転ずるということですね

コメント投稿