あわせて読みたい なかのひと
2007年02月05日(月)

線維筋痛症

テーマ:美容と健康

「日本テレビの大杉君枝アナウンサーが『線維筋痛症』を苦にして自殺か?」と報じられています。


線維筋痛症(あるいは線維筋痛症候群)とは・・・ (繊維筋痛症と書く場合もあるようです)

全身に及ぶ強度の筋骨格の痛み、疲労感、睡眠障害、不快感、過敏性胃腸障害、頭痛、生理痛などを主訴とする病気で、近年までリウマチ更年期障害と区別が出来ていない病気でした。

40~50歳代位の女性の発症率が高く、未だ原因は特定されていませんが、気候や神経的ストレスにも左右されると言われており、長期の不調からうつ症状を併発することもあります。

免疫性の疾病(リウマチ)や膠原病などの検査が陽性でなく、全身18ヶ所の圧痛点のうち11ヶ所以上に疼痛を認めれば線維筋痛症が疑われます。


末梢部(痛みや不調を感じている部位)の軟部組織の変質もありますが、中枢神経(脳)の異常(末梢部の異常でなく、脳が誤作動で痛みを感じている)であるとも考えられるようになり、しばしば“坑うつ剤”などが処方されたりするようになりました。

坑うつ剤は根治薬ではなく、極端に言えば「身体を麻痺させる、脳の機能を低下させて不調を感じなくさせる薬」です。それが副作用をまねく危険もあるということです。


他人から見ると「何処が悪いのか?」わからないのですが、風が肌に当たっても痛む事もあり、患者は違う意味でも強いストレスにさらされてしまいます。

日常生活がままならなくなることもしばしばあります。


当院にも年間10数人は、この線維筋痛症が疑われる方、線維筋痛症と診断されている方が来院されます。

この症状がある方は「ペットボトルのフタ(一度開けて緩んでいるモノ)を空けるくらいのことでも疲労を起こしてしまうこともありますので、筋エネルギーテクニックなどの「自分で筋肉を動かして行なう」テクニックはほとんど使用できません。

筋膜リリースでほんの少し皮膚に触れただけでも耐え難い痛みが出る場合もあります。


主に使うテクニックは・・・

ストレイン&カウンターストレイン (患部を触らず、筋肉を縮める一番安楽な姿勢を90秒維持することで筋拘縮を開放する)

神経・筋テクニック (肌にオイルをつけて指を滑らすようにして神経修復や筋拘縮を開放する)

頭蓋仙骨療法 (脳脊髄液の流れ・リズムを調整する)

といったテクニックを使用していきます。


施術後に改善されるかどうかはケース・バイ・ケースです。

相当楽になる場合も、なかなか効果が出ない場合もあります。


線維筋痛症(線維筋痛症候群)と脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)は、現代医学が21世紀に抱えた課題になっているのです。

研究テーマ

~take care~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿