あわせて読みたい なかのひと
2006年12月11日(月)

チャイルド・オステオパシー

テーマ:美容と健康

当院は夕方以降、僕一人で施術を行なっている為、現在は17:00~と18:30~の2枠しか受付を行なっていません。

ここ数ヶ月は17:00~の枠は、小学生や中学生でほとんど埋まってしまっています。

18:30~の枠は、高校生や一般の社会人で埋まってしまいます。

土日も最終的にはほとんど一杯になりますが、平日では上記2枠が一番取りにくい枠となっています。

前日や当日などのお問い合わせはほとんどお断りせざるを得ない状態となっています。


乳幼児はどの時間帯にも来院されますし、学童児でも重症の場合は学校を休んででも来院されることは当然あります。

ココのところ小学生(中学生もですが)以下の学童・乳幼児の来院が特に増えています。

チャイルド・オステオパシー(小児療法科)を設けていますので、子供の施術の重要性が認知されてきているのだと思います。子供の身体があぶない! ご参照>

子供の施術はいろんな意味で難しいので、厳密に処置対応しているところは少ないと思います。


最近の若年層(3才くらい~18才)の来院者の傾向は・・・、

慢性頭痛

姿勢の悪さ(側湾症・凹円背を含む)

身体や頭が真っ直ぐ前を向いていない

不眠

身体のふらつき

などが多いです。

体性機能障害は病院ではわからないことの方が多いため、最終的に手技療法家の手に委ねられるのことになるのでしょう。


もちろん慢性の痛みやスポーツ障害などもあります。

いずれにしても「気付いたらより早く処置をする」ことが一番だと考えています。


~take care~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿