あわせて読みたい なかのひと
2006年11月05日(日)

睡眠と食事と運動

テーマ:美容と健康

身体を維持するために必要のことは・・・、睡眠と食事です。


睡眠はその長さではなく、質の方が重要です。

脳の疲労回復のためには深い睡眠が3時間必要なようです。


そして身体機能維持のエネルギーを補給しなければなりませんので、食事も重要な要素だと思います。

睡眠不足で死んだということは聞きませんが、飢え死にはありえますよね。

自分の経験上からも、「どんなに忙しいときでもしっかり食べさえしていれば、3時間寝れば身体がもちます!」。

だから、食事が一番重要な事だと思います。


これが健康に身体を維持するためとなると・・・睡眠と食事に運動がプラスされます。

尚且つそれらの質とバランスが重要になります。

睡眠の質・・・

食事の質・・・

運動の質・・・(運動の後の休息も含みます)

健康に生活するための3大要素と呼んでいます。(個人的に・・。)


最低必要な睡眠時間を3時間だとしても、深い睡眠とれて脳の疲労が回復しないのならば6~7時間は眠りたいものです。

成長期ならば、学童期までは9~10時間、思春期までは8~9時間くらいの睡眠が必要なのかもしれません。


成長期の食事は身体を作り上げるために必要な栄養素をバランスよくとることが必要ですし、ジャンクフードなどはもってのほかだと思っています。

成人してからは栄養過多に気をつけないと成人病の元になりかねませんし、メタボリックシンドロームが現在は多くなっていますよね。


運動は文字通り身体を動かすということです。

成長期には身体を動かすことで筋肉や骨格が発達します。(反対に言うと、身体を動かさないと発達しない)

成長期以後に運動しないと衰えてしまいます。

ただ闇雲に運動すればよいというものではありません。

運動すれば必ず筋肉疲労を起こしますので、休息が必要です。運動と休息のバランスが重要なんですね。


睡眠と食事と運動のバランスがとれた生活をすることが健康な身体を、健康な心を維持するのだと考えます。


~take care~


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■粗食

粗食である必要もないですし、高級な食材である必要もありませんし、食べ物はバランス良く摂取しないといけませんよね。
美味いにこしたことはありませんが・・・。

でも睡眠・食事・運動をバランス良くは難しいですよネ。

1 ■無題

まったくもって同感です

睡眠と食事と運動は「生きるための三大要素」として言い続けています
これらのバランスを損なうことが体調を崩す要因になっていると思います

コメント投稿