あわせて読みたい なかのひと
2006年07月01日(土)

本日のお題は・・・

テーマ:美容と健康

当方で開講している、『オステオパシー教室』での一幕です。


健康に生活するうえで、人間の身体で重要なのはバランスだと思います。

   骨格と筋肉の構造的バランス。

   身体の前後の筋肉のバランス(柔軟性と筋力)。

   身体の左右の筋肉のバランス(柔軟性と筋力)。

   身体の上下の筋肉のバランス(柔軟性と筋力)。

   瞬発力と持久力のバランス。

などが考えられます。

以上のように主に筋肉のバランスが重要です。


筋肉といえば、よくエンジンを「車の心臓」と言ったりしますが、これは喩えが少し間違っていると思います。
エンジンは駆動力を生むのですから、人間でいうと「筋肉」です。
じゃあ「心臓」を車でいうなら・・・燃料ポンプ?・・・です。
「心臓 = 中心になる重要なもの」という意味で使ってるんでしょうけどね。

じゃあ「車体は?」と言うと、やっぱり「筋肉」・・・。
筋肉(骨格筋)は「その収縮によって関節の運動をし、収縮と弛緩により血液循環を補助し、身体の外容を形づくり、グリコーゲンの貯蔵をする」という役目を持っています。(筋肉ってすごいんです!)


さて、忘れてはいけないのが「排気量」と「重量」
普通車のクラスのエンジンでは、一気筒あたり「400cc+α」がベストと言われます。
これ以下だと高回転の吹けは良くても、出だしのトルクが弱くなるようです。
ということは、6気筒エンジンにおいては、6×400cc=2400cc以上が良いとなりますね。
僕は2リッターエンジンは4気筒(1気筒あたり500ccになりますね)がベターだと思っています。(重量も軽いですしね!)

これが軽自動車クラスなら、一気筒あたりなら200cc、バイクなら125ccだと思います。
すなわち660ccの軽四は3気筒、バイクなら125ccは単気筒で250ccは2気筒・・・がベターだと勝手に理解しています。

理想的バランスを持ったエンジンは・・・・・・<この辺りのくだりは理想の筋肉/理想のエンジン へ>


座学を行っているとついついあらぬ方向に話が展開してしまいます。ガーン


あるときは・・・

「メダカは毎日ないし一日おきに10~20個くらいの卵を1ヶ月近く産み続けるそうです・・・

メダカの孵化日数の公式は、”水温×日数=250”です。

すなわち、水温25度ならば10日で孵化することに・・・・・・・・・」


またあるときは・・・

「レットビーシュリンプの飼育に適した水質は・・・、

総硬度2~10、pH6.0~7.0、亜硝酸濃度はできるだけ低くというのが条件となります。

その方法として、アクアソイルと呼ばれる粒状に土を加工したものを底面に敷き詰め、ウイローモスなどの苔類を繁殖させ・・・・・・・・」


生徒さんたちは、「また始まったか・・・」と温かい目で見守って?くれています。ニコニコ



そして、また明日も授業が始まるのです。

「え~、本日のお題は・・・」

                     ・・・落ちはありませんけど・・・晴れ


~take care~

PS.やるべきお勉強はちゃんとしてますので・・・、念のために書き添えます。(*^.^*)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■悲しくなる医者が多いようです

始めまして、姫路でひょんな事から人の足と靴にかかわるようになりました。

 現役のプロスポーツ選手から歩行障害のある方までいろいろな悩みを持って相談に来られます。

 私どもは「医療従事者」ではないので、お客様の問題を治療する事は出来ませんが、25年ほど前からスキー用のオーダーメイドインソールの会社のシステムで一般の方が使える(現地フランスでは医療用として確立されています)インソールがようやく近年日本でも製作販売が出来るようになり、手がけました。

 そうすると、次の問題点が「靴の選び方」「靴の使い方」なのです。

 みなさま、医者に言ってもTakeさんの言うとおり触診もしない医者にしょうがなくかかっているようです。
 膝や腰のトラブルの要因の一つに足骨格の歪み(アーチの低下)があると思いますが、靴がその原因になっているようです。

 医師も患者さんの靴のチェックをせず装具士さんに中敷(足底版)を作らせています。その装具士さんもモチロン靴のチェックはしないようです。

 すべての医師や装具士さんがそうではないと思いますが、多いのは現実です。

 そして、靴販売 靴屋

 足も測らず、チェックもせず、ただ見た目(ファッション的)が良いものや、脱ぎ履きがしやすいだけの靴を平然と売っています。

 正しく「足と身体を守る靴」を選び、ヒモをしっかり締めるなどちょっとした靴屋のアドバイスがあれば、世の中 膝痛や腰痛で悩む方が少しは減ると思います。

 微力ですが、ご来店の方にはお一人お一人こんな靴のお話をしています

コメント投稿