あわせて読みたい なかのひと
2006年05月09日(火)

側湾症の考察

テーマ:美容と健康

当ブログへのアクセスワードやメール相談などで最も多いものの一つに『側湾症』があります。


側湾症についてはテーマ 子供の身体があぶない! をご参照いただきたいのですが、

「本当に構築性側湾症は治るのか?」

「施術を受ける価値があるのか?」

「病院では、”打つ手がないのでただ経過をみよう”と言われたが・・・」

などなどのお問い合わせも頂きます・・・。

そこで、改めて『側湾症について手技療法的考察』をしてみます。


特発性側湾症については、いまだに原因不明とされています。

椎骨(背骨)や椎間板(椎間円板)を変形させ、脊柱の側湾や前湾・後湾の異常を発生させる原因としては、

   疾病やケガの後遺症。

   先天的・遺伝的要因。

   成長期の栄養不良による骨の未発達。

   筋肉異常。

などが挙げられています。


骨や椎間板自体が変形している状態を手技療法で形状を整形することは当然できません。

しかし、筋肉異常が側湾の原因になっているのならば改善できる余地は残されているし、症状を進めない手段として、手技療法が有効に働く場合もあります。


ある研究者によると・・・

「いままで筋の関与については、多裂筋、回旋筋など体幹の最深部にある” short muscles ”について論議されていた。

側湾図 しかし、”椎骨一つ一つに加わる力を生体力学的に考察し、脊柱全体の形でなく脊柱一つ一つ椎骨の変形に着目していくと、椎骨間に走行する小さな筋群より、上肢に付着する大きな筋群の関与が大きいとも考えられる。腹側と背側には、脊柱に起始し上肢に停止する大胸筋、僧帽筋、広背筋からなる筋のシステム” ventral dorsal triradiate system ”があって、これらの筋の筋膜(腱様膜)が棘突起に付着していることを挙げ、筋の収縮方向と棘突起の変形が、解剖学的にも一致する」と述べています。



上記のような筋肉の収縮が長期間続けば椎骨や椎間板に過度な圧力がかかり、それらを変形させてしまう原因となります。

また、成長期から筋肉が収縮した状態が続いていれば、筋肉自体も成長が制限され『筋収縮=筋肉が硬く縮こまったままの状態』では無く『筋短縮=筋肉本来の長さが短い状態』ともなりかねません。

右半身と左半身の筋肉が同じように収縮または短縮していれば側湾など発生しないのですが(バランス的にはそろっている)、左右の差異が側湾の原因となります。


さて、オステオパシーの観点からすると・・・、

最深部にあり『椎骨変位=スパイナル・リージョン』の原因となる多裂筋、回旋筋などのローカルマッスル。

浅層にあり身体運動に使われる、上記では大胸筋、僧帽筋、広背筋などのグローバルマッスル。

これらの筋拘縮を開放=リリース(ほぐす)することで、側湾への筋の関与を解消して行きます。

その後に、残った側湾状態が「真性の側湾状態」だと考えられます。


構築性側湾と機能性側湾を純然と区別しなけばならないのですが、

病院などでは側湾が20度を超えると「側湾症」と診断されますが、レントゲン撮影をする時にこの筋肉の関与を取り払わず撮影する為、筋拘縮を開放すると側湾度は半減する場合も多々見受けられます。

また、「しっかり運動しなさい!」とよく言われますが、硬い筋肉にしてしまったら何にもなりません。


特発性側湾症は初期の段階では痛みなどの自覚症状がほとんどないため、発見が遅れる場合が多いといわれます。側湾が進行してしまうと手術しか治療方法がなくなるため、早期に発見して進行を食い止める為の治療を行なうことが重要です。

筋拘縮を開放する手技を施し、筋肉の柔軟性を維持する運動方法を日常的に行なうことで、側湾症の改善や進行の抑制に効果を発揮できるものと考えられます。


~take care~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿