あわせて読みたい なかのひと
2006年03月24日(金)

整体ってなに?

テーマ:美容と健康

そもそも「整体」って何なのか?


よくお電話で「おたくはマッサージですか?、整体ですか?」とか問い合わせがあったりします。

「カイロプラクティックですか?、整体ですか?、指圧ですか?」とも聞かれたりします。


一般の方は漠然としかそれらの区別はついていないのだと思います。

整骨院(国家資格の柔道整復師が行うもの。接骨院ともいう)と整体院(民間療法を行う)の区別もついてない人がほとんどだと思います。


狭義での「整体」は・・・

野口流整体術(正式名称が違っていたらゴメンナサイ)

山田式整体術(これは大正時代に日本に伝わった初期のオステオパシーの変形です)

などの多数ある日本古来からある武術が基礎となった手技療法です。比較的「ボキボキッ」とやるようなハードな手技が多いかもしれません。

日本古来から”あんま”や”整体術”など民間に伝わる手技療法は沢山ありました。

一般にこれらを「整体」と位置づけている場合が多いかもしれません。


広義での「整体」は・・・

アメリカから流入したカイロプラクティックやその元になったオステオパシー、操体法や日本古来の整体術、中国風の整体など、「身体を整える」全ての手技療法の総称といえます。

これにスポーツマッサージやロルフィングなども入るかもしれません。


もっと拡大解釈すると・・・

慰安的要素のマッサージやリフレクソロジー、アロマテラピー、ストーンセラピー、音楽療法、気功、レイキなども「整体」の部類に入るかもしれません。


もっともっと拡大解釈すると・・・

整骨院(柔道整復師)や鍼灸院(鍼灸師)、マッサージ・指圧院(あんま・マッサージ・指圧師)が行なう手技療法も”身体を整える意味合い”からは「整体」といえなくもありません。


書いているとややこしくなってきましたネ

整理します・・・

たとえば職業別電話帳での区分は、国家資格である「整骨院・接骨院」・・・「鍼灸院」・・・「マッサージ・指圧院」は、それぞれが職業分類となっています。(たしかそうだと・・・)

それ以外の民間療法のものは、「各種療法」という職業分類のなかで、

「各種療法(カイロプラクティック・整体)」

「各種療法(気功)」

「各種療法(心理・精神)」

「各種療法(電気・電子)」などの区分がされています。


(カイロプラクティック・整体)の分類に入るものが圧倒的に多く、一般の方はこれらを「整体」と広義で呼んでいる場合も、日本古来の整体術を「整体」と呼んでいる場合もあるようです。

ここで、カイロプラクティックのみ名称が出てくるのは、それを名乗っているものが多いためであり、その名称を認知させるために活動してきたからです。

ただし、本当にアメリカ流のカイロプラクティックを行なっているところ以上に、この名称が流行った頃に古来の整体を行なっていたところが名称のみ「カイロプラクティック」に変更したところが多いともいわれています。


(カイロプラクティック・整体)で一括りであった分類が職業別電話帳の切り替えに合わせて、

「各種療法(カイロプラクティック)」

「各種方法(整体)」

の2つに分かれることになったようです。

中国地方では広島のある地域で「”カイロプラクティック” と ”整体”は違うじゃないか!」とクレームがあったとかが原因だとのこと。(もしかしてカイロの団体からの圧力かも?)


「正統なカイロプラクター(カイロの施術師)は”整体”や”整体院”なんて名乗らない!」といっています。

しかし、正統なカイロプラクター(アメリカで資格を取った人)でも一般の人にわかりやすくするために「カイロプラクティックを施術する”○○○整体院”」と名乗っているところもあります。


ウチなんかオステオパシーですが、僕が岡山で臨床を開始した7年前なんて医師の方でさえ「それは何?」といわれていました。

開院前のボランティア時代(勉強のため出張形式で無料で施術させていただいていました。開業するつもりもなかったし・・・)は「ドリーム・オステオパシック・センター」という名称を使っていました。

  (オステオパシック・センターOsteopathic Center はオステオパシー・センターの英語表記です)

しかし、何度も電話いただいている方でも「オス、オスッ、、オスっ・・・」っていえません。

こちらがまず「ドリーム・オステオパシック・センターです」って名乗っても、律儀に「ドリーム・オステオパシック・センターさんですか?」といわれる方もおられ、中には”どもって”言えないことに恐縮されてしまうような繊細な方もおられました。

開業時には、いらぬ恥をおかかせしないように、また名称を見ただけで何をしているところのなのか察しがつくように「ドリーム整体院」と名乗るようにしました。

オステオパシーを”整体”と読み替えたのです。センターは”院”と・・・。(英語表記はDream Osteopathic Centerのままでした。現在はDream Osteopathy Clinical Center です)


「オステオパシーは医学体系であって、“オステオパシー療法”なんて言い方をしているところは信用しちゃいけない!。ましてや整体と混同したり、ソフト手技を標榜するなんて・・・」などと言っているところもあるようですが、名称や表現なんて個人の“趣向や哲学”で決めれば何でもよいと思っています。(遵法の範囲で・・・)


要は中身であって、より”安全”で効果がある手技を如何に使えるかが問われるのだと思います。

(当方は結果を出しているから、県外来院者や医師などの医療関係者の来院が多いし、忙しくさせて頂いているのだと自負しています)


次期の広告について電話帳の担当営業の方が来院したおりに、「”カイロプラクティック”と”整体”は何が違うんですか?」と聞かれましたので、上記のようにお答えしました。

そして、「こちらはどうされますか?」と問われました。


「ウチは別に何でもいいんですよね~」・・・(投げやりなわけではありません、こだわってないのです。)

「カイロじゃないんですよね・・・、”ドリーム整体クリニカル”と整体って入ってますから”整体”でいいですか?」

「じゃあ、それで・・・」と決まりました。


話を戻します・・・

「整体」ってなに?

日本では民間療法の範疇で行なわれる”身体を整える手技療法の総称”で、その中にはアメリカ・ヨーロッパで始まったもの、中国やアジアで始まったもの、日本古来のもの(狭義の整体など)があり、現在では多くはミックスされたり交流されています。

ハード手技系やソフト手技系がありますが、現在はソフト系が主流になりつつあるようです。


こんなところでしょうか・・・。ニコニコ

 

~take care~

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■確認しました。

名簿では確認しました。
ありがとうございました。

7 ■町田(東京)

で院をしておられます。昔、東洋オステオパシー学院の理事をしていたことがある先生です。

6 ■hamukoさんへ

協会の名簿でみると、田中さんですよね・・・。
総会へご出席されていないようなのでお会いしたことが無いようです。
HP見てみます。

5 ■確かに・・・

難しいところです。私は協会を仲間の先生と作っています。先生は東洋オステオパシー協会の協会員さんなのですね!私と交流ある先生も東洋オステの出身です。有名な方なのでお知りあいかもしれません。

時間ありましたらうちのHPのリンク先にボディケアクリニカル治療院とありますので、御覧くださいませ。

4 ■法制化

hamukoさん、はじめまして!
お仲間?だとか・・・今後ともヨロシクです。

手技療法を生業とする限り、一日に対処できるクライアント数は限りあるものです。
どうがんばったって10人くらいですか?
となれば、自分に縁のある人を診て最善を尽くしていけば良いのだと思っています。

カイロ法制化に向けて努力している団体もありますが、NPO法人3団体並立の現状では望むべくも無いのだと思います。

仮にカイロや整体が法制化されるとなると、法の網が被せられ効果の実証がなテクニックや、少しでも危険性や疑わしいテクニックは法規上行なえなくなるかもしれません。
それはそれで良いことなのですが、それを決めるのは”お役所”だったり”医師会”だったりするのでしょうから、カイロや整体などの手技療法が”整骨院”と変わらなくなってしまうかもしれませんネ。
カイロが法制化されるのならば、アメリカのように”理学療法士”の開業権を認めなければ整合性が取れなくなってしまうと思います。そうすれば、現在民間療法師が行なっている業務は独立開業した理学療法士のテリトリーに入ってしまうことにもなってくると思います。

オステオパシーにしても法制化の可能性があるとすれば、それはもう医師の治療行為の範疇に入ってしまい、法規上は非医師が行なえるものでなくなる可能性がありますし、アメリカの現状のようにD.O.オステオパシードクターの内10%くらいしか手技を使わないといった本末転倒にもなりかねないと思います。

hamukoさんや我々が日々クライアントと自分のスタンスで向き合える現状が一番適しているのかも知れませんネ。

長くなってしまいました・・・。

3 ■正統派

ひろさ~ん・・・
僕らは亜流でしょうか?異端児でしょうか?
でも、僕的にはこの「亜流」とか「異端児」って響きの方に惹かれてしまいます・・・変ですか?
クライアント第一に考える・・・それについては”本流”ですよね。

2 ■私も日々悩んでおります。

整体という一言で区切られると、今や様々な手技や店舗が百花繚乱する中、同じ枠組みでとらえてほしくない。という考えと、そもそも整体の定義とは?と自問自答をしていました。

実際は病院や接骨院に行っても治らない人が来店され、症状が改善され帰っていく。お客様がそれを治療と感じて来ているのなら・・・日本でも、カイロや整体を法制化してほしいです。国家試験をしてほしいと思う日々です。

1 ■こだわり

なかには妙なこだわりを持つ方がいます
正統派であろうが亜流であろうが・・・
保守本流であろうが異端児であろうが・・・
クライアントにとってそんなことはどうでもいいと思うのですが・・・

自分の技術向上のためには
オステオパシーであろうがカイロプラクティックであろうが・・・
有名な大先生であろうがクイックマッサージのアルバイトであろうが・・・
いいなと思ったもをを取り入れて
少しでも上手になればいいとすら思います

どっちを向いて仕事するか・・・
一番大事なことなのかもしれません

コメント投稿