あわせて読みたい なかのひと
2006年02月27日(月)

仙骨のねじれ

テーマ:美容と健康

仙骨の運動や変位(ねじれ)を理解するのはとても難しいので、自作の模型で勉強しています。

仙骨模型 ← コレです。仙骨君1号・・・笑っちゃいけません      

(斜軸以外にも仮想軸がついていますが、ココでは斜軸以外は考えちゃいけません!。

 頭の中がむちゃくちゃになります・・・。)


仙骨の回旋運動は斜軸を軸として行なわれると前回書きましたが、仙骨のねじれも同様に起こります。

仙骨右斜軸模型     仙骨左斜軸模型 

  右斜軸を軸とした右回旋変位            左斜軸を軸とした左回旋変位

左上が前方に回って出、下方しています。      右上が前方に回って出、下方しています。

下端は後方に、そして左にずれながら上方に。   下端は後方に そして右にずれながら上方に。

(逆に左上が後方に回るのは、左回旋です)     (逆に右上が後方に回るのは、右回旋です)


どうですか?~・・・

仙骨って本当に訳がわかんなくなるでしょう!・・・

(実際には上記の回旋変位に屈曲・伸展・側屈などが合わさった変位を起こします


このややこしい性格??の仙骨君をこよなく愛している女性がいました。

ウチの卒業生の彼女は、他人の仙骨を触っているととても幸せな気分になるそうです。

ウ~ン、セラピスト向きの性格です・・・かな?。

我々は彼女のことを「仙骨美人」と呼んでいました。とってもチャーミングなお嬢さんです。

卒業後、アメリカへ行って、その後は札幌に在住してるはずなんですが・・・、デンマークに行くという話もあり・・・、

当分連絡がありませんが・・・、「仙骨美人」は何処へ


確かに健康な仙骨は触って気持ちが良いものではあります。

仙骨の上部を押さえると「ぷにぷに」とマシュマロのようなやわらかさがあります。

ココを押圧すると仙骨の可動性を良くすることにもなるので、ケアーにもなります。

仙骨押圧ポイント

押す所は、骨盤(腸骨)の後の左右の飛び出している所(上後腸骨棘=PSIS)の少し内側の上あたり。

健康な人なら「えくぼ」のようなくぼみがあるはずです。

うつ伏せの姿勢で、そのあたりを両方の親指でやわらかく押さえてあげます。

(ゆっくりと沈み込ませるように・・・。けっしてグイグイ強く押さえないで下さいネ♪)


さあ、どうですか~?

「ぷにぷに」してますか~


そうそう、仙骨は前傾30度くらい傾いています。

    傾き過ぎも、起き上がり過ぎも良くありませんヨ。

仙骨(側面)     脊柱

    仙骨+尾骨も付いてます。         脊柱全体ではこうです。(左が前方)

 

~take care~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿