あわせて読みたい なかのひと
2006年02月21日(火)

骨盤のゆがみ

テーマ:美容と健康

「骨盤のゆがみ(ズレ)は何回くらいで良くなりますか?」

とのご質問をよく頂きます。


普通に骨盤と表現している骨は、中心部の仙骨(センコツ)と左右の寛骨(カンコツ)から形成されます。

寛骨は腸骨(チョウコツ)と恥骨(チコツ)と坐骨(ザコツ)が一体となった骨のことです。


骨盤のゆがみ(ズレ)と表現されているものにも、種々の状態があります。

   我々が『腸骨変位』と呼んでいる、『骨盤の左右の骨』が前後にズレた状態。

   骨盤の左右(腸骨)の高さが大きく違った状態。

   仙骨が傾いた(前後左右)状態。(実際はねじれた状態になります)

   骨盤の左右(腸骨)が広がった状態。  

など・・・、実際には上記が複合して起こります。


骨格のズレが起こるのは「筋肉が硬く縮こまった事で骨を牽引してしまう」からですので、筋肉の緊張をほぐす(リリース)する事ににより正常な位置にもどす矯正をします。

特に腰痛などが激しい状態や筋肉が衰えから非常に硬くなっている人でなければ、通常は一度の施術でほとんど状態が整う場合が多いのです。


そして、一過性の原因で筋肉の縮こまりが起こったのではなく、日常生活などの慢性的な要因がほとんどの場合ですので、正常に整った状態を維持できるように『筋肉の緊張を取る運動』を日々行なってもらうようにします。


ですから、当方では、

  1回目=状態を整える手技矯正

  2回目=前回の矯正で整った状態が維持できているかの確認。再度状態を整える手技矯正。

        そして、日々のケアーの仕方(運動方法)の指導。

といったパターンが一番多いです。


ただし、長年骨盤の関節(腰仙関節と仙腸関節)を可動させる事が少なかった為などによる『仙骨と腸骨の癒着(靭帯が硬くなったり癒着した状態)』や『第5腰椎と仙骨間の椎間板病変』などが起こっている場合は長期間を要する場合があります。日々のケアーをしながら定期的な来院が必用になります。

また、左右の骨盤の大きさ(骨の実際的大きさ)が違う場合は、残念ながら当然そろうことはありえません。


なお、会費制で骨盤体操などを毎回エクササイズとして行なう(施術はしない)ところがありますが、運動だけで重度の骨盤変位や可動不全を改善してゆけると考えるのは無理があると思います。


~take care~

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■変位であれば・・・

骨格(骨盤)の変位であれば改善できるはずです。
通常は筋肉が縮こまった為に骨格を引っ張って起こる「変位(ズレ)」であるはずですから。
靭帯の癒着などが起こっていれば長期間を要したり、軟骨の磨耗などの損傷が起こっていれば改善が難しいと思われますが、いずれにしても早い時期に手をつけたほうが良いと思います。~take careです~

6 ■ありがとうございます

とても詳しく教えていただいてありがとうございます。知れば知るほど『骨盤』の大事さとむつかしさで頭がいっぱいです。医学の知識など全くありませんから、ちょっと太ってきたな、とおもったら運動と食事制限に頼っていましたので、今この状況に本当に戸惑っています。自分の骨盤の状態がどうなのか、見れるものなら見てみたいものです。私が通っている整骨院は、20分ほど背中から腰、足の指圧マッサージをしてくれます。痛みが止まらないときはテーピングやつぼを刺激するもの(シール)をはってくれます。しかし一時的なものであるかぎり完治することはないのですね。。
しかし正しい治療をすれば骨盤の形は元に戻るのでしょうか?(今より改善されるのでしょうか?) まだ(かろうじて)30代ですし直せるものなら努力して治したいと思っています。

5 ■pinkさんへ3

コメントが全角1000字を超えましたので、続きです・・・。

>「筋肉の状態を見てもらえるところ・・」

残念ながら病院では「筋肉の縮こまり」などには目も手も触れません。当院に来院される整形外科医の先生でも筋肉の縮こまりなどの状態はわからないと言われます。
ボキボキッしない手技療法を行なうところを探さないとダメだと思います。
必然的に民間療法の施術院になってしまいます。

国家資格のところでは、鍼灸院やマッサージ・指圧院の方が整骨院よりは比較的筋肉の状態に関してはアプローチできるとは思います。

4 ■pinkさんへ2

>朝起きたら朝起きたら寝すぎたときみたいに腰が痛いなと思っていたら・・・

ということは、以前から腰痛を抱えていた経験があるということですよね・・・

>子供は生んでいませんが、下腹が出がちで太ももや腰周りがこの一年異常にサイズが大きくなってきた状況でした

反り腰または骨盤を前方に押し出した姿勢があり、骨盤(寛骨)の開きや大腿骨の大転子の変位などがうかがわれます。

実際に触ってないのでわかりませんが、
臀部(お尻)では、大殿筋・中殿筋・梨状筋
骨盤の奥の、大腰筋・腸骨筋
腰椎の周りの深い位置にある、回旋筋
背部の脊柱起立筋、背部奥にある腰方形筋
太ももの前の大腿四頭筋、裏のハムストリングス、内股の内転筋
などの縮こまりが疑われます。

>整骨院では足・背中の緊張をほぐす治療を行ってもらっています・・・

一般的には整骨院での治療はほとんど物理療法だと思うのですが・・・
低周波治療器・磁気治療器・ホットパック・ローラー治療器・牽引治療器・赤外線治療器などを使うだけでほとんど「手技治療」は無いんじゃないでしょうか。あっても5分~10分程度・・・。
残念ながらそんなものではなかなか筋肉の状態は改善できないと思います。特に深部にある筋肉に関しては・・・。

当院での標準施術は75分で全て手技で行ないます。オステオパシーの手技療法では検査と治療が同時に行なえるテクニックが多いのですが、それくらい時間をかけないと正しく状態を把握し改善させることはできません。場合によればそれでも足りないくらいです。

整骨院で治療対象となるのは、脱臼・捻挫・打撲などの外傷性の怪我やその後遺症。意志の同意があった場合は骨折の経過治療。となっていると思います。
お問い合わせの症状は、慢性的な要素をはらんでおり基本的に整骨院で対処できることでは無いのだと思うのですが・・・。

整骨院で行なえる治療は全て「整形外科」で行なえるものばかりです。
脱臼や捻挫などの場合もレントゲン撮影ができる病院での受診が安全確実です。
骨折や組織的病変、ウイルス性の症状などの併発もありえるからです。
整骨院を開業している知人なども実は「整骨院不要論者」だったりします。

3 ■ありがとうございます

ぶしつけな質問でした。すみませんでした。腰は朝起きたら寝すぎたときみたいに腰が痛いなと思っていたら、だんだん痛くなって動けなくなってしまったのです。整骨院では足・背中の緊張をほぐす治療を行ってもらっています。子供は生んでいませんが、下腹が出がちで太ももや腰周りがこの一年異常にサイズが大きくなってきた状況でした。また「筋肉の状態を見てもらえるところ・・」というと整形外科になるのでしょうか?

2 ■pinkさんへ

はじめまして・・・。
残念ながら身体の状態がわからないので、なんともいえません。
まず、「腰を傷めて・・・」がどういう言う状態なのか?・・・怪我の後遺症なのか、腰椎捻挫なのか、整骨院ではそのようなことしか対処できないはずですが・・・。
そして「骨盤のゆがみが原因・・・」、通常は筋肉が縮こまって骨盤のゆがみを起こすのですが、筋肉的な影響なのか、骨盤自体(骨)の問題なのか・・・。
いずれにしても、整骨院で対処できることとは違うように思われます。
体操などは筋肉の状態に合わせた事をやっていく必要がありますので、その状態がわからなければ何が効果的なのかもわかりません。喧伝される無理なことをすれば逆効果な場合もあります。
一度、筋肉の状態をきちんと診てもらえるところでご相談された方がよいと思います。
お答えになってなくて申し訳ありません。

1 ■はじめまして

最近腰を痛めて整骨院通っています。骨盤のゆがみが原因という事で治療には時間がかかりそうなのですが、この一年で下半身の体系が明らかに変わっていて、正直あせっています。骨盤体操など世間には溢れていますが何をするのが効果的なのでしょうか?

コメント投稿