あわせて読みたい なかのひと
2005年05月09日(月)

5月病を克服しよう!⑧

テーマ:5月病を克服しよう!

「うつ」「キレる」を克服しよう!・・・外見をスッキリ見せよう!(最終回)

       『セルフケアーの仕方』⑤・・・【顔つきを引き締める体操の仕方】

 

顔の『噛み締めるための筋肉』や『表情を作る筋肉』も非常に堅くなりやすい所です。

 

まず筋肉の硬さをチェックしましょう。

  1、鏡を見ながら、大きく口を開けていきます。上下(縦長)に長く口が開きますか?

  2、口を開ける時にアゴの関節のところが痛んだり、カクッとしませんか?

  3、アゴが斜めに開いて行ったりしませんか?

  4、ほお骨の下の筋肉(咬筋:コウキン)を触ると痛くないですか?

  5、口を横に開く(ニッーと言う)のがつらくありませんか?

  6、ほおの下にたるみはありませんか?

  7、あごの下(えら?の所)がグリグリしていませんか?

                          何かあればケアーしましょう!

 

①お風呂上りの簡単ケアー

  【口を動かす運動】

    1、口を大きく縦(上下)に開ける。

    2、口をすぼめる。

    3、口を「にッー」と横に広げる。

                       これを、3~5回繰り返す。

  【顔のマッサージ】

    1、ほお骨の下(咬筋:コウキン)をさぐり、硬い所や気持ちがよい所を

                            『のノ字』を書くようにやさしくマッサージする。

    2、口角(唇の端)とほお骨の間(頬骨筋:キョウコツキン)をやさしくマッサージする。

    3、こめかみ(側頭部)を『のノ字』を書くようにやさしくマッサージする。

 

②アゴが斜めに開いたり、ガクッとしたり、開きにくい・閉まりにくい方は・・・

  【口を開ける運動】・・・この時に、アゴの下を指で支えて抵抗を少しかけます。

                3割位の力で『3秒運動・・・5秒休む』。これを10回やります。

 

  【口を閉じる運動】・・・この時に、指を軽く噛むようにするか、割り箸などを噛む。

                3割位に力で『3秒運動・・・5秒休む』。これを10回やります。

 

  アゴを左右に動かしてみて、動きやすい方に・・・

  【アゴを横に動かす運動】・・・アゴの横を指で支えて抵抗を少しかけます。

                3割位に力で『3秒運動・・・5秒休む』。これを10回やります。

  ・・・どちらか分からなければ、左右両方やります。

 

少なくとも3~4週間くらいはやらないと効果は期待できません。

引き締まった表情を作るために・・・やさしい顔つきを作るために・・・コツコツと続けてみて下さいネ!!

それが、気分も晴れやかにして行きます。

「ほらほら、そこのあなた・・・やらなきゃ、損ですよ~!!」

 

~take care

  

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

dreamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■ぐたさんの姿が・・・

これが”ぐたさん”ですか・・・(笑)←この”笑”どういう意味?
ふふっ・・・できる事からコツコツと・・・がんばってくだしゃんせ!

1 ■ととととても

ひとには見せられませんわ。(^_^;)
だからブログを見ながらモニターに向かって練習してます。
先生、見えましたか?

コメント投稿