あわせて読みたい なかのひと
2017年06月30日(金)

Facebook

テーマ:その他の日記
長い間Ameba blogの更新がおろそかになっています...ガーン

近頃SNSは、もっぱらFacebookがメインとなってしまっています...キョロキョロ

(ツイッターやLINE 、インスタグラムはやっていません)

長文記事は書いてませんが、写真の加工やアップロードが簡便なので日々の近況など小ネタを投稿していますね。

ただし、友達限定の記事がほとんどで、一般公開は一部となっています。グラサン

ぼちぼちコチラのblogもがんばろうと思っていますので、宜しくお願い致します!ニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年06月27日(火)

手のうるおい

テーマ:美容と健康
{41BF4A3D-1E04-44FA-8EFD-872EC6C72641}
※※手相見ないでね...(笑)

よる年波には勝てぬのか?
掌(てのひら)のうるおいが無くなってきています...ショボーン

手技療法において手は治療器具であり検査器具であります。
特に繊細な手技療法においては「掌のうるおい」はとても重要なものなのです!

過去記事をご参照 : セラピストの手

畑違いではありますが寿司職人で「銀座すきやばし次郎」創始者の小野二郎さんは「掌のうるおいがなくなり酢飯がくっつくので頻繁に手を濡らしたり、握りに時間をかけてしのいでいる...」といいます。

90歳過ぎの二郎翁と50半ばの僕とでは比べようもありませんが、手を使う職人には「道具」の維持こそが至難の技なんでしょうね。

皮膚や筋膜の繊細なけん引・ストレッチを行うとき、「圧迫や引っ掛けて引っ張る」のではなく「掌をクライアントの皮膚に吸いつかせてけん引する」のですが、うるおいが少ないと上手く吸いつかない感じがします。

反対に手に汗をかいて水分が多すぎると、それはそれで滑ってダメだったりしますので適正なすべり抵抗値が欲しいのです。

(寿司職人では掌の皮膚が乾くために酢飯がくっつく、手技施術者では乾くとクライアントの皮膚がくっつかない)

掌をセンサーとして使う場合は、身体内部から皮膚表面へ伝わる微動、皮膚の微妙な歪みや質感、言葉では表現できないような違和感、体表での体液の流れの制限、などを察知し難くなってきたもよう。

掌を治療器として使う場合は、前記した皮膚と吸いつく感じの減少、生体電気の浸透性減少(磁波は接触していなくても伝搬するので影響なさそう)、などでしょうか。

掌のうるおいには適正な汗をかくことも必要ですが、年齢とともに汗の質も変わってしまいます。
体液の代謝や皮膚組織の柔軟性も加齢によって変質してしまいます。

Bestを100として、現在は97なのか96なのか、微減だとしても着実に衰えによる機能低下は否めません。
現在は手を洗う度や頻繁にハンドクリームを塗ること等でしのいではいます。

あとは二郎翁と同じように「積み重ねた知識や経験値」でカバーするしかないのかもしれません。

日々精進いたしましょう!ニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月23日(金)

くらしきの物語(シリーズ1)

テーマ:倉敷チボリ公園
〜もし、倉敷チボリ公園が開園していたら今年が成人式なんだって〜

{37DD46D6-2A9C-4A37-84BD-05BC12741994}

今は亡き倉敷チボリ公園のグランドオープンは20年前!

開業プロジェクトの慌ただしい業務に従事して頃が懐かしくも鮮明に思い出されます。

産みの苦しみは何事にもあり、決して安易に出来あがったものではありませんでしたので、大きな喜びも大きな傷も残っています...。

{66BA8D12-89B7-40FE-A693-4F5DE0560C90}

さて、来月7月1日〜23日まで倉敷物語館で倉敷チボリ公園の展示が開催されます!
17日はスペシャルデーで10:00〜17:00まで特別展示が!


Tivoliの懐の深さや暖かさ、そして今だからこそ新しい何かを見つけることができるかもしれません。
ぜひ足をお運びください!ニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)