新年の挨拶は特にありません。なぜなら、もう18日なのですから。

初夢は自分にとって最高の内容だった。
2017年最後の夜に、「もし、自分の言葉が届いているなら云々」と、頼み事のようなことをしてみた。ある種の試しにも似たような。あまり信じてないけど、霊的世界に対しての願いだった。そして眠りにつき、

目覚めると、これ以上ないほどのような初夢だった。もし届いているならと頼んだけど、それに対する返事のようなものが自分の想像を超えていたので不思議だった。本当に届いているのかはわからないけど、やはり不思議。

そして、毎年のように繰り返される決心と覚悟。そして失敗。私は夢の中で夢を見ていた。どうせこれも、夢だろう。


なぜ、ずっと眠らずに起きていたくなるのだろう。夜になればなるほど生き生きとしてくるのはなんでだろう。
宇宙が好きなのに、何故か、夜空の空を、綺麗な冬の月を見上げることはほとんどない、気が向いた時しか見ない。
そして、時々見た月は自分の言葉をさらに失わせるほどに不思議に存在している。

太陽を見て不思議だと感じることはない。

夜の月と、真夜中の静けさだけが、ますます自分を不思議にしていく。

不思議すぎて何が何だかわからないけど、なんだか、ワクワクしてくるようでなにか楽しいような、なにか嬉しいような気分になってくる。不思議に包まれて。

だから、夜が好きなのと、夜になると、眠る気がなくなってしまうのだと思う。


(電波っぽいような感じの文章を少し長めに一応真剣に書いたけど、電波っぽい…から今回は省略。このスペースは最初自己満足っぽく始めたけど、なんか段々意識してきて書きずらくなった感じがあるので、またずっと前みたいに戻そうかと。なんというか、自分に宛てた手紙というか。あと、この世のどこかの理解されない領域に迷い込んでしまった存在たちへのメッセージのような。 ?)


混沌としているのに静かなのが自分らしさ…


具合が本当にとても悪くなってくると、なにか感覚がとても過敏になって、食べ物たちの匂いとか化学薬品のような匂いのようなものに吐き気や目にまでざわざわとするような状態になる。
(年に数回)

その状態になって抵抗ないのは(あまり調べてない)、自分は梅干しと米。あと水か麦茶。

このことに自分で気付いた時は驚いた。梅干しと米がこんなに美味しいのかと。本当に凄く美味しく感じられる。身近にある食べ物では梅干しが最強だと思う。

それでは、音楽停止で夢は終わり、旅は続く、走馬灯の数を増やし続けたいから、人々は生き続けるのでしょう…。 では、おはよう、おやすみなさい。


不思議な存在



追記

去年のクリスマス頃、録画してた地味なキリスト映画を観ました。「奇跡の丘」
これまで大作っぽいような聖書とかキリストの映画はいくつか観たことあるけど、それらとは違って、信仰心のない自分にも何か響くようなものがありました。同じく地味だけど好きな「ジャンヌダルク裁判」という映画とも似たような感触を感じた。なんというか信仰心の美しさのようなもの。

これまでの自分の世界観に、キリストはあまり重要な感じではなかったけど、映画を観て、興味というか関心が出てきました。結局飽きて読み終えていない聖書を死ぬ前に読んでおきたいと思った。

死の危険のある病の克服という点で、「奇跡」

仏陀の方が自分には特に意味ある存在だけど、奇跡という点では、キリストの方が自分の力になってくれそうという期待というか希望のようなもの。


あと、もう一つ。「自己喪失の体験」の
バーナデット・ロバーツ(Bernadette Roberts)が2017年に亡くなられたようです。


この本は自分に大きな意味があったのかはわからないけど、一応その後にその記述と似たような体感の状態になったので(なんとか戻せた、何故自分がそうなったのかの理由も今はわかる)なんらかの意味はあったと思うし、気が向けばまた読んでみたい。

自分は2020年までは大丈夫だろうけど、今の所は確実に死ぬことが決まっている状態。(生きたくても生きられないぐらいの厄介で不可思議なものを抱えている)
自分はいつまで生きていられるのだろう。

なんというか生きていられることにもう少し感謝した方がいい。

あと、これの治療は不可能だと思うので(リスクがありすぎる)
でも決まりさえ守り続ければ安定してほぼ完全に抑え込めるのだから(初期の恐怖で震えてた頃で決まりも完全に守り続けられていた)
それに加えて、肉体の方からも効果のありそうなことと、あとはやはりスピリチュアルの力をこういう時に役立てたい。

ここから先は夢の妄想だけど、もし自分がこの厄介な病というかもう呪いでもいい・・・を乗り越えることが出来たなら、その頃はもう水面下での死の発作の乗り越え回数が一万回を超えたので、自分のおかしなバグがなんらかの作用で変化を起こして、そこから先は不思議な不思議な出来事が起こって、本当に神の意識だけでなく、本当の神にまで進化する。

でも、自分はかなり夢見がちなタイプなので、油断してると、映画未来世紀ブラジルみたいになって、物語は終わります…。

では。  (追記が長くなってさすがに疲れた)


追記
(注意してたのに、新年の最初から、酔っ払ったような状態で記事を書いてしまった…。)


AD

???

「                       」




電子の糸を紡ぐように

バグという名の奇跡

00000000000000000

墜落した天使
ヤギのシンボル


悪魔のシンボル

悪魔

すべてを支配する者

大天才

夢で見たような景色

宇宙、未知への羽ばたき2

宇宙、未知への羽ばたき4





果て宇宙

抽象的仏陀



仏陀

喪失

幻影のみに許された、まどろみの沈黙。


悲しみのどしゃぶり

色彩の魔術その2

星の神経

宇宙からの視点-

熱のプレゼント


宇宙の出来事レコード

因果の世界から登れば竜になる。

色彩ノイズ(破壊的な静寂衝動)

太陽3


自然の命

3

木の中で眠る妖精

木の中で眠る妖精2

妖精たち

中心から世界にどこまでも広がる世界


宇宙の謎々

バグという名の奇跡

進化のビジョン

光り輝く鉱石


光と色彩の悲しみに触れて

ハートのエネルギー

おかしな模様

不思議な鉱石


モノリス


無面目(混沌)
混沌0
瞑想座禅
抽象的仏陀
00000000000000000

自然界


電脳世界 私 悲しい

mystery


胡蝶の夢(dream-music88)


宇宙、熱の奥深く


爆発する寸前のエネルギー

誕生の壊れ方

仏陀と宇宙

宇宙宇宙∞宇宙宇宙

エッシャーの世界にばらまかれた宇宙写真

燃える時計

ふくろうと、こけし人形


闇の宇宙

闇の宇宙2

ミクロ

カラフルパラレル

発達的宇宙意思

発見、宇宙人。


宝石輪廻


c2

火の輪(新年)

宇宙生物


全てを知るもの


宇宙の仕組み

宇宙の謎々。不思議に吸い込まれるーーーー


デジャヴュが続く3

宇宙人?.

これから、意識の飛躍

結晶化世界

闇から星を創造する力--ブアグアドゥラ--

意図なき宇宙

遠い果ての宇宙の心象風景

らせん状に続く瞑想

世界を見下ろす不思議なワールド

叶わない地球1週旅行

植物たちの溢れる生命力


とけてく、たいよー。

木のハート

暖かなエネルギー

世界の降臨












88888888









宇宙の夢を見る、子供たち

「宇宙の夢を見る子どもたち」
































夢は彼方から消え失せてしまったかのようにまどろむ。

逆さまに吊るした時計と、蝉の声。

ここに、私が刻んだ永遠。










AD

フィクション (物語の断片)

テーマ:

ある所に1人の存在が、存在していた。

その存在は呪われていた。

その存在は常に死の近くに存在していた。

その存在は平然としていた。

その存在は決して理解されることはなかった。

その存在はこの世界のことも、自らのことも理解出来ていなかった。

その存在はきちんと数えた訳ではないが、ざっと数えてみただけでも、5千回以上の死を自力で乗り越えて、生きて存在していた。

その存在は信じられないような物語の中を生きていた。

妄想や夢などではなく、その存在にははっきりとわかる原因と結果、その存在は生と死の中間に存在することになったのである。

その存在は常に試されていた。神に、宇宙に、自らの呪われた運命に。

しかし、その存在がこの世界で奇跡的に生きていたこと、そして死んでいくことをこの世界の誰も知ることはないだろう。

何故なら、そのような存在などきっと本当は存在していなかったのだから。

だから、その存在のことは自分の心の中にそっと閉まっておこう。



00000000000000000












追記
(なうがなくなったのでここで…。なうとしてはほとんど使ってなかったけど記事の下書きのようなことやメモには使ってたのでなくなるとやはり物足りない。)


そういえば、今年の夏は庭に蟻の巣が出来る事もなく(全部は調べてない)部屋に蟻が迷い込んで来ることもなく、出かけた先でも、蟻を見かけることもなくで、蟻のいない夏になりそうだったけど、夏の終わりに畑で取れたトマトの袋の中に蟻が一匹入っているのを見つけた。(なぜか蟻が好きなので嬉しい。見つけたのは夜だったので、蟻の巣の場所もわからないので死ぬ前天国、砂糖のかたまりと共に寒くなりはじめた夜の自然に放置。)

上は夏の終わりの頃の夜の記憶。確か、昨日(11月23日)の深夜に眠気でうつらうつらと暗い部屋。片付けか何かをしていて、何か地面に動く影。見ると、蟻が一匹迷い込んでいた。やはり蟻がすきだなと…。🐜 Q只0´


追加

[10/19 21:40] 自分の抱える死を理解する者はいない。所詮その程度。想像を絶するような死にまつわる物語がこの世にあるということは自分しか知らない。そしてそれを証明するためにはその「死」で死んで見せなければならないけど、自分にその勇気はない。自ら終わらす。だからきっとこの死の物語は未完で終わる。





12月17日
こっちで追記

ちょっと体調悪化でかなり具合悪いのに、なんとなくこれまでの絵を適当に大量に配置。一応さささっと並べたけど(それでも時間がかかった)、並びに物語が少しは感じられるように工夫。新作はないけど(そもそも、まだ絵の基本練習すらしてない…ただの落書き)これまでのを並べて、なんとなくの自分のずれた世界観、PCで上下に画面を高速で動かしまくって絵が残像のようになって、それを見ているとなんか不思議な気分になってくる。・・・それにしても疲れた。

----------

続 追記
・・・そういえば、なんで走馬燈という記事を書こうとしたのかが全くわからない。(書いたことは覚えてるけど)



────────────────────

続 追記
来年は今年のように失敗しないで、本当に覚悟、

些細なことでも救いになる。ありがとう。

────────────────────


2018年 追記…メモ


これ以上ないほどのような初夢だった。もし届いているならと頼んだけど、それに対する返事のようなものが自分の想像を超えていたので不思議だった。本当に届いているのかはわからないけど、やはり不思議。





AD

四季 壊れた時計と時の果て

テーマ:

列車が来る前に 列車が来る前に 化石が通り過ぎてしまうよ



化石に頼まれたんだ。「ここに落ちていてくれ」と。

壊そうと思った空は青々と。

サイコロのように宇宙を旅する。



 彼は静かだった。彼は突然のことのようにこの世界に現れた。本当は突然でもなんでもないのだが彼の抱える、なんらかに気付いた者は皆、突然のように現れた。そのような印象を持ったことだろう。









冷凍庫にしまっておいた悲しみ。冷えて固まり、苦しみ。砕いて壊し、お地蔵さま。






不思議な世界

「存在の不思議」








(ブログはずっと停止だけど、時々自分の中から出てきた言葉を載せようかと。自分の言葉は音のないノイズ領域の言語翻訳のようなものです)




追記

やっぱり何かを載せるのはやめようかと…。(まだそこまで感覚が研ぎ澄まされていないので)


…あと、以前に出来た抽象的な仏陀の絵をなんとなく色とかを少し変えてみると以前のよりも良くなったと思います。色を変えてみて気付いたけど、これは菩提樹か何かの木の要素が含まれていた。


抽象的仏陀






夏もそろそろ終わってしまう。花火のように。




「沈黙のおとぎ話」

テーマ:

なんか書くことを失った小鳥のように静かな声でせせらぎを聞く。黄泉の花は鳥を食べる。前世での復讐のため。現世での祝福のため。


記憶を伴わない記憶は時として、不思議を伴いながら現れる。

それはまるで音を立てずに消えた記憶のように。


暖かなエネルギー

「暖かなエネルギー」

生命エネルギーがなくなってきた。数年前までは神にまでなろうとしていた(本気で…)存在が。人は変わるものだ。

・目覚めるのは太陽。まばたきするのは月。

・感謝に扉は必要ない。

・わたしが生きようとしたことに疲れた

00000000000000000


…無について、この領域は自分だけにあるもの。瞑想っていうのがいくつかあるけど、自分の場合は逆。

この無の領域というのは完全に静寂な領域。しかし、苦痛を感じる。無が有の世界にあることにより、それが大きな苦痛となる。(実際は苦痛どころではない)

だから自分はこの静寂である無から、様々な方法を使って、出来るだけこの領域から意識を離している。でも、なにか不思議だなと感じるのは

自分は言葉が苦手で(昔はかなり。今は慣れで使ってるけど普通の人の使い方とは違うし、言葉自体にあまり意味がない)

でも、自分に響く言葉だなと感じる自分から出てきた言葉、それはこの無の領域からか、それか無の領域を通過して出てきた言葉だと感じる。

-------------

(今の自分の感覚に自分の言葉が追い付かない。自分に響かない言葉だらけになってきた。
それに詩的な言葉が降って来るように浮かぶことがなくなった。)

(ほとんどの言葉が響かない。そもそも自分は言葉の概念がずれている。-わたくしという現象は- …何故か響く不思議な詩。
でも集めた重要な本たちを読んでいけば、なにか変化があるはず。もし、自分の言葉がすべて自分に響くようになれば、自分の言葉はすべて自分にとって詩になるはず。)

(詩とか書くの苦手というかほとんど書けないけど、「言葉の苦手な詩人」っていないような。もし自分にそのようなことが出来れば面白そう…。)

(今回の記事は今年更新回数ゼロになりそうなのでちょっと無理して書いたのでイマイチ。。)
(あと、絵のストックがなくなってるので少し増やしたいような、出来れば絵の具でも描いてみたい)

-------------

「無」を抱えている。実際にそのことを証明も出来るけど、構造の特殊さが理解されるぐらいで、本当にそれが原因であっという間に死ぬほどのものを抱えてるという部分は実際にこの無で死んで見せなければ証明までは出来ない。

-------------


「私はいない」という世界観がちょっと流行ってるようだけど(精神世界で)その思想自体は理解できるような感じもあるけど(このブログの言葉と絵も自動書記のようなものだし、仏教もそのような所がある)、でも特に共感する感じもしない。自分の本音は自分だけが存在する。自分だけが存在しない。どちらでもいい。(どうでもいい…)


・ランダムに並べられた椅子に意味などない。座れという君の眼には君しか映っていない。



-------------

世界観の1つとして自分の心の中にも宇宙があるというのがあるけど、自分もずっと、そんな感触かと思っていたけど今はそうでもない。自分の中に宇宙があるというよりも、宇宙すらも包み込むほどの無がある、がしっくりくる。

-------------

1000回以上の死を乗り越えているということは、自分だけしか知らない物語なのか…。

-------------

なんでこんな危険なものを自分が抱えることになったのかは最初からだったので、自分ではどうすることも出来なかった。(最初は危険さ、まではなかったのでこれがあることにずっと気付かなかった。)前世は何だったのか(あるなら)知ってみたいような。なんでこんな奇妙なものを抱えることになったのか。でもこれがなくなると、自分は自分でなくなるような。

-------------

抱えてる無の領域に意味が感じられなくなると、無が虚無という無意味な感情に覆い尽くされて苦痛だけが残る。無に意味などあるのかどうか。あるのかどうかはわからないけど自分にはこれだけが自分の意味のように感じるから自分を信じて全力するしかない。

回復させないと危険な領域に入っていつか必ず終わる。一部にしか理解されないけど「無」を抱えているということだけが自分の真実、意味。しかし、この無に意味があるのかはわからない。今の段階ではたいしたことがない。自分が本当にしようとしてることは夢と無と宇宙の垣根を壊して新しい世界を創造。


2017年宇宙



・有の世界にあることにより、無には違う意味も出来る。永遠に意味を供えた花束