仁の目指せ作家道 -会社に全てを捧げない人生-

会社に勤めて一生を終えることは避けたい人間です。

全力で怠惰な人生を送ること画策しています。


テーマ:
前回のブログで死にそうになった夜勤の話を書きましたが、
その功績を称えられて(大嘘)上司(♂)よりバレンタインプレゼントをいただきました。


ずばり、入浴剤。


入浴剤なんてワタクシ、人生で10と使ったことがありません。
というか、ここ十数年使ったことないです。
正直使い方も微妙だったんですけど、とりあえず浴槽に貯めたお湯にぼふり。
香りが五種類あって、昨日使ったのは檜でした。
浸かっていてとても心地よくて、おもわずいつもより5分くらい長風呂しちゃったんですね。
ホクホク顔で風呂からあがり、最近ルーチンになりつつある筋トレをして、
異様なほど身体の暖を感じながら昨晩は寝ました。


これがよかったのかなぁ。
今朝起きてみると身体が軽ーい、目覚め良ーい。
間違いなく社会に出てから一番調子が良い朝を迎えることができました。
びっくりだよね。
こんな些細なことで、仕事のパフォーマンスは上がるわモチベーションも上がるわ、
良いこと尽くめでした。


身体を暖めてから寝るのが良いとは聞いていたんですけど、
正直ここまでとはね。思わなかったね。
入浴剤入れたお風呂に少し長めに浸かるのと、筋トレしてさらに暖める。
寝る前にこれ、少し続けてみようかと思っています。




えーと。




コードギアス亡国のアキト 最終章見ました。
感想を一発。


なんでこれやったの?


そう思ってなりません。
一期と二期の間の話をやるのはいい、本編ではほとんど描かれなかったEU周辺を描くのもいい、
でもそこでの展開を本編へつなげず、登場人物の心情も曖昧なまま、
キャラクターが死んだり、幸せっぽくなったり、
何がしたかったのかさっぱり分からん。


つまりは製作者が何を意図してこの映画を作ったのか見えてこないんですよ。
コードギアスという名前と世界を利用して一儲けできないか。
そこに終始していたのかしらね。
まあ僕に知る由もないんですけど、見てる側にそんなこと感じさせちゃった時点でだめだよねぇ。
ちなみに連れも全く同じ感想抱いていたようでした。「ほーん。。。ふーん。。。」って感じでした。
まぁ、わかんないよね。


んで最終的に「まぁでも最後のレイラちゃん可愛かったからいいんじゃね」となりアイ終わりましたとさ。
皆さまのご判断にお任せしますが、映像クオリティ以外は褒めるべきところがないんで、
腕を振って見に行くようなことはしなくていいのではないかと思います。
もういいからルルーシュ生存ルートで3期作れよ。アンチもどうせ見るよ買うよ儲かるよ。


で、で、で
今週のどっかで仕事帰りのペルソナ3レイトショー決めてこようかと思います。
こっちはもう大丈夫。絶対。過去2,3章見に行って外してないんでね。
ていうか原作やってるから展開しってるけど、映画のクオリティ良いから素直に楽しみです。
はー楽しみだー!


というわけで、本日はこの辺で。


おやすみなさい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ただ、それだけでよかったんです (電撃文庫)/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

¥594
Amazon.co.jp




おすすめ度:★★★★★


-あらすじ
ある中学校で一人の男子生徒Kが自殺した。『菅原拓は悪魔です。誰も彼の言葉を信じてはいけない』という遺書を残して――。  自殺の背景には“悪魔のような中学生”菅原拓による、Kを含めた4人の生徒への壮絶なイジメがあったという。だが、Kは人気者の天才少年で、菅原拓はスクールカースト最下層の地味な生徒。そして、イジメの目撃者が誰一人としていなかったこと。彼らの接触の証拠も一切なかったことなど、多くの謎が残された。なぜ、天才少年Kは自殺しなければならなかったのか。 「革命は進む。どうか嘲笑して見てほしい。情けなくてちっぽけな僕の革命の物語を――」  悪魔と呼ばれた少年・菅原拓がその物語を語り始めるとき、そこには誰も予想できなかった、驚愕の真実が浮かび上がる――。  圧倒的な衝撃、逃れられない感動。読む人全てを震わせ4,580作品の頂点に輝いた衝撃作。
(電撃文庫公式HPより)


こういう作品が大賞に輝いたことが素直に嬉しい!

ライトノベルというジャンルにおいて、
剣・魔法・美少女・ハーレム・異世界転生
これらの要素を保持しない作品が大賞を受賞したことに、発売前から驚いていました。
それと同時に、あらすじを読んだときから背筋にゾクリとくる直感もありました。
これは、すごく面白そうだ。
久々にライトノベルでそう感じることができました。


人間の真に迫る言動

漫画・ライトノベルにおいて常套手段ともなっている、事象と設定、展開で魅せる手法。
ワンアイディアだけで面白くなる話は、奇抜性もあり脚光の的となることもしばしば。
けれど今作は、奇抜な設定があるわけでもない、オリジナリティに富んだ設定をこらしているわけでもない、
あくまで一中学生が起こした「革命」と称される行動と、
それを取り巻く人間の「感情」が前面に押し出されています。
作中に登場する人物は皆、何かを感じ、何らか行動を起こすのです。

この話、誰を主人公に置いても成り立ちそうだな。。。

この感想を抱いた時点でもう、作者の方の勝ちですね。
一つの人間ドラマとして、あるいは革命戦争として、
その結末も含め十分に楽しめるものでした。


謎の扱いかたも丁寧で好感触

一つの出来事を二人の視点から描いていますが、
ボカされた部分と各章ごとの引きが絶妙ですね。
謎の部分を徐々に明らかにし、ときに予想を裏切る。
奇抜をいうなれば、まさにここを丁寧に描くのが珍しいなと思ったりしました。
謎の究明を目的とした作品の醍醐味ですから。
ただ真本格とかのミステリー好きには物足りないかもですね。


これを機に一辺倒だったラノベを救ってくれ。。。

やれハーレムだ俺TUEEEだ言われる昨今のラノベ事情。
これを鑑みて、今作は現状を打開するきっかけになりつつあるのではと、勝手に思っております。
人間の感情に浸けた作品は、もっともっと出ていい。
魔法使わなくても美少女にモテなくても異世界に行かなくても面白いものは面白いんだぞ。
そんな叫びを勝手にしておりましたとさ。


ご興味のあるかた、普段この手の作品を読まれない方は、
ご一読をおすすめしますね。


では、拙文を失礼しました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一昨日の帰り、夕飯に家系ラーメン食べたんですよ。
というのも、昨日-今日にかけて夜勤だったもんで、
次の日早くないし、少し気分が盛り上がり気味だったんですね。
だいたい注文するときは
「塩ラーメン脂少なめあと普通」+ライス
になってるんで、ルーチンのごとくそれ注文しました。


これがいけなかったんですかねぇ。


翌朝起きると、強烈な寒気と倦怠感に襲われまして、
身体が熱くて頭痛と吐き気がものすごかった。
まぁはじめのうちは脂っこいもの食べた後はたまになるよな-程度に思ってたんですが、
整腸剤飲んで寝ても一向に治る兆しがない。
夜勤は20:00~だったんですけど、18時頃までひたすら寝て、尚治らない。
尋常ではない頭痛・寒気・吐き気に襲われつつ出社しました。

いやね、普通なら休んでるんですよ。
ていうか明らかに体調おかしいから病院行ってインフル検査受けようと思ったくらいですよ。
でもインフルって診断されたら強制的に出社できなくなるじゃないですか。
今回の夜勤は、はっきり言ってどうしても避けれないやつだったので、
あらゆる障害を見て見ぬふりをして行ってやりました。

時折机に突っ伏す状況も多々ありました。
仮眠室行ってきなよと言われ、予約ないと使えないとの張り紙に一蹴され、
泣く泣く使ってない会議室で椅子を並べて寝たりもしました。
結果、予定の一時間前に早退。

ひと眠りして昼前に病院へ。
そこで初めて熱を測ったんですが(怖くて測れなかった)、
39.0度でしたね。
いや、少し楽になったかなと感じていたので、
たぶん昨晩とか相当やばかったんだろうなぁと思っていました。
インフル検査もして、一応陰性だったようなんですけど、
お医者さん的には少し腑に落ちない感じらしく、
反応が出ないだけってこともありますからね、後日もう一度検査してみてはいかがでしょうか。
なんて言われました。

まぁ、社会人になるとインフルエンザの扱いがすごいよね。
インフル検査の結果を四人にメール連絡入れるとかね。
恐るべし感染症。。。


えーと。


プラチナエンド1巻読みました。
大場つぐみ/小畑健タッグ作品の三作目ですね。(過去:DEATH NOTE. バクマン。)
率直な感想としては、
「やっぱ亜城木先生さいこーです!!」
てな感じでしょうか。

亜城木夢叶が描きそうな世界観だと感じました。
話の展開としては少年漫画のそれに外れることない王道ストーリーになるのかなと。
それでも、ただの予定調和に終わらないことを期待してますよう(^◇^)
さしあたって気になるのはナッセのポジショニング。これ、結構引っ張るのかな。
絵はバクマン。のデフォルメが効いたものからデスノートのリアルタッチに戻ってます。
個人的にはどちらも好きなのでいいんですけど。
にしても本当小畑さんの絵って凄まじく引き込まれるものがあるよなぁ(感慨)


おいおいおい。
ペルソナ3とコードギアスのダブル最終章が映画館で公開中だって!?
明日祝日だし今からネット予約するしかないぜっ!
新宿バルト9ならとりあえずやってるだろ!
チェックチェック!


てなわけで、本日はこの辺で。

おやすみなさい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この間夜勤だったんですね。
ていうか毎月第1営業日から第1営業日+1はほぼ夜勤やってるんですけど、
毎度迷うことがあるんですよ。


例えば寝る時間。
もう今の現場で一年半もやってきてて何言ってんだって話なんですけど、
これの正解知ってる人っているんですかね?
私の場合、何もなければ 23:00~8:30 の普通の勤務時間になるんです。
これに向けてどう調整するかってすげー難しい。


パターンとしては二種類。

1.17時くらいまで普通に生活してそこから寝る。→22時頃起きて準備して出社。
2.前日夜~翌日昼くらいまで起きてて寝る→22時頃起きてry

これ、夜勤前のパターンね。
夜勤後も含めると、

1.9時くらいに帰宅→寝る→14時頃起きて普通に生活して夜寝る
2.夕方くらいまで起きてて日が落ちたころに寝る→翌朝起きて出社

2×2の4パターンなんですけど、これがまた定まらなくてねぇ。
そん時の気分で決めてるからいいのか、統一したほうが楽なのか。
でも個人的には夜勤後は眠い中無理やり起きてるより速攻寝たほうがいいよなぁとか思ったり。
すぐ寝て昼起きて平日休みの友達と遊ぶとかもやったりして、案外いい感じだったし。
もう夜勤後はそれに統一しようかな。
夜勤前は、、、要検討。


話は変わりまして、
夜勤中に休憩時間が一時間あるんですが、
そこで飯を食うか否かもなかなか迷いどころでして。
8割方食うんですけど、夜食べるのって美味い分反動がいろいろとあるんですね。。
しかも夜に食べる家系ラーメン。なんであんなにうんまいんでしょう。
太るなー体に悪いなーお腹壊すなーとか言いつつライス付きで食ってますからね。
もう身体と脳みその不仲説浮上ですよ。少しは統一見解示してほしいもんです。
軽めのおにぎりとか、、、そういうのにしようかな。


えーと。


今期、「この素晴らしい世界に祝福を!」がそこそこいい感じです。
あの何とも言えないユルい感じ、好きな人そこそこいそうだなー。
あと「灰と幻想のグリムガル」もいい感じ。
なんだろう、あの間延び感を恐れない堂々たる会話劇。現実におけるリアリティ追及してる。私好きですよ。
でもって展開とか演出回り、特に背景がやっべーーね! FFタクティクスっぽい。デザイン同じ人なのかな。
余計な音がなくて洗練されてる、挿入歌が毎回変わって情感あふれるね。ストーリー展開次第ではすごい良い作品になる気がする。
楽しみだなー。


って、



原作者、十文字青先生じゃん!!!



ファンタジー小説のベテランさんですね。北海道大学出身の高学歴作家、だった気がする(うろ覚え)
いや、作家で学歴とか関係ないんですが。
薔薇のマリアまだ一巻読んでませんすいません。


というわけで、本日はこの辺で。
あ、そろそろ髪切らないと。
引っ越して現在やや良い区に住んでますが、たけーよ5000円とかふざけんな半額にしろ。
小岩は指名料込み3900円だったよ!!


ではまた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何もしないでただ寝て起きて食べて何かして寝てを繰り返していると、人はダメになるそうです。
よく知らないんですけど、自分で屑だなーって自覚することが、より屑度合いを上げることになるんですって。


逆にすごく頑張っている人って、自分のことを好きになれるから、もっと頑張ろうって思えるようになる。
結果、人生楽しめるケースが多いらしいです。


それ、「自己達成感がある」っていうんだそうです。


分からなくもないですね。仕事でもプライベートでも、
「今日は充実した!」
って日は大抵何かをやり遂げてるような気がします。
でもって、誰かと会うわけでもなく没頭するような趣味をしたわけでもない、
なんとなく過ごしてしまった時間って、すごくもったいないし、
そんな時間を過ごしてしまった自分アホだな~って思う。


何をするか決めて、それをやり遂げる。
何においてもそれは大事ってことなんですね。


今度の土日で学生時代の故郷、八王子へ行ってきます。
でもって私にとって世界一美味しいラーメンを食し、
温泉に浸かり、
漫画喫茶に一泊します。(注:金曜日の仕事終わりにIN!!)
実はこれ、社会人になってからもう5,6回やってるんですけどね。


最近漫画熱いです。
最近読んだ「中卒労働者から始める高校生活」と「からかい上手の高木さん」はとても良かった。
オススメあったら教えてください。
個人的には「町田くんの世界」って漫画すごく気になる。私、気になります!


というわけで、本日はこの辺で。


おやすみなさい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。