【新潟・長岡】30代からの自分らしい生き方&メイクの学校!阿部夢子のブログ

自分らしく生きたい女性を応援するイベントやセミナーを開催しています。2017年8月〜松原靖樹さんの超コンサルタント養成講座を受講しています。

NEW !
テーマ:

阿部夢子、現在松原靖樹さんの超コンサルタント養成講座受講中です。
徒然や課題本の感想を書いています。

 


 

昨日バーベキューでサザエを焼いてたんですけどね、

なんと、数が100個もありました!

新潟県は海あり県なので、海産物が豊富なのです♡

 

 

image

きっと天使が助けてくれる クリステル・ナニ

http://amzn.asia/3riMz53

 

 

我が家の3番目の天使と一緒に。5時から起きてるから朝寝しちゃう。

 

 

この本は、結構読み始めがスムーズにいかなかったんです。

なぜかって、今まで私の頭に『天使』という概念がなかったからです。

 

 

天使・・・天使・・・

仏様でも観音様でも神様でもなく、天使・・・

まったくもって、初めましてです。

 

 

ヨーロッパの教会や絵画では天使というモチーフは当たり前のように出てくるし、

それはそれで認識していたんですけど、

この本でいうところの天使って、もう少し身近で。

最初、わからなくってモヤモヤしてました。

きっと守護霊みたいな存在なのか・・・?

 

 

読み終わってからわかるのは、理解なんて不要だったって事ですが。

 

 

この本ではタイトル通り、「きっと天使が助けてくれるよ。だからこんな方法でコミュニケーションをとったり、こんなスタンスでいたりするといいよ。こんな風に変化して行くよ」ということが書いてありました。

 

 

ただ、懸命に助けを求めればいい。

シンプルに力強く、それだけが書いてありました。

 

 

懸命にっていうところがなかなか難しいなと思っていたんですよ。

上にも書きましたが、そもそも天使の存在が、私には身近ではないので。

こころから信じることが、ハードルが高いなと思っていました。

 

 

が。

 

 

今さっき、「あれ、私って天使の存在心から信じているんだ!」と気がついたことがあったんです。

それは、これ。

 

 

image

 

 

末っ子です。

マジで、心から、この子は天使だなと思っています。

そういう存在としてとらえている。

 

 

てことは私の心の中にも『天使』という言葉と存在がすでにあったということなので、

存在の意味はまったく違えど、急に捉え方が楽になりました。

 

 

また、死後の世界について書かれていることが、この前読んだ

『人生に意味はあるのか』に共通してる部分があって、興味をそそられました。

死後の世界は、強い光に満ちているという部分です。

 

 

様々な宗教、哲学などによって死後の世界の捉え方は千差万別ですが、

『強い光』という部分は共通するんですね。

それが何なのか、何を意味するのか、その後どうなるのか。

考えても全くわかりようがないのでおもしろいです。

 

 

この本ももう少し後でもう一度読んだら、捉え方が変わっていそうです。

再読候補にします。

 

 

この著者の本はもう一冊課題になっているので、ちょっと楽しみ。

シンプルで、力強くて。知覚外だけど心地よいです。

 

 

 

そして、天使と言えば!

 

 

 

 

プラチナエンドですね〜(マンガ)

 

 

これはデスノートの作者の新作です。

デスノートが黒だとしたら、プラチナエンドは白。

(やっていることはあまり変わらないけど)

 

 

この人のマンガも設定が詳細で、期間を開けて読むとちょっと忘れている・・・

同じ作者でも、バクマンとは毛色が違います。

 

 

たくさん人が死ぬし設定も細かいけど、

絵もストーリーもなかなかではないでしょうか。

(少年青年マンガは、人が死ぬマンガ多いですよね。少女マンガでは滅多に死なない。死ぬ時は大きくストーリーの中心で描かれている。けど、少年青年マンガは、すぐ死ぬ。死んだからと言って、取り上げられないことも多い。)

 

 

マンガ読み慣れている人にはお勧め◎

読み慣れていない人は、バクマンをどうぞ!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阿部夢子、現在松原靖樹さんの超コンサルタント養成講座受講中です。
徒然や課題本の感想を書いています。

 


 

我が家はお盆休みになると、毎年夫のおばあちゃんの家に長いことお世話になります。

大人も子供も毎日が夏休み!日常を忘れて美味しいものを食べ続けて、着実に体重が増えてきています!

刺身は日本酒だし、モツ焼きにはビールです!!

 

 

毎日海やらなんやらで、作業が何も進まない!

 

 

image

人生を変える80対20の法則 リチャード・コッチ

http://amzn.asia/0P753rZ

 

 

お盆休みでみんなが寝静まってから、暗闇でPCやってて。

撮れた写真、畳感すごいですね。コード写ってるし。けど取り直しできない。

 

 

まずざっくりと感想を。

非常に効率的に考えることができて、私は好きなタイプの本です。

 

 

多くの物事について、80対20の法則が生きている。

要因の20%が結果の80%を決め、

努力の20%が結果の80%を決め、

豆乳の20%が算出の80%を決める。

 

 

『多くの物事が超不均衡で、その多くが80対20の形(に非常に近い)形をしている』

ということが、ビジネスの角度から、生活の角度から、語られています。

 

 

読み始めた当初は「ええーマジすか!おもしろーい!」と、初めて知った感覚で読んでいたけれど、読み進めるうちに既知感が。

そうだ、これは前に松原さんのコラムか何かで読んだことがある気がする。

効果の高い20%の作業だけ残し、後は全部やめるといい、というような内容だったような・・・(あやふや。)

 

 

ともかく、これは実用性が高そうです。

20%が80%がどーのこーのというよりも、

『ありとあらゆる、自分に関わる膨大な量の物事から、自分に大きな影響を与える20%に着目して行動する』という方向性が、たくさんの無駄を回避できそうで良いです。

より、選びやすくなる。

 

 

できるだけ少ない努力で最大の成果を上げれらるなんて、知らない手はない。

知っておいて損はない。

例外はもちろんあるだろうけど、当てはまるかもしれないという前提で行動しても、そこまで損は大きくなさそうです。

 

 

成果に馴染みがない人でも実感しやすいなと思ったのは、人間関係について。

関係の価値の80%が関係の20%から生まれるという仮説が成り立つのであれば、

私たちはもっと大事な人に時間と労力を使うべき。

 

 

たまに聞くんですよ。

一旦仲良くなったのだから、近くにいるのだから、子供どおしが仲がいいのだから・・・

そう言って違和感を抱える自分を正当化して、無駄に関係を続けている人の話。

 

 

どーして一旦近い関係になったら、一生近い関係でいなければならないのか。

普通に考えても関係を解消すればいいし、この法則に当てはめるとどれだけ価値のない時間と労力を使っているか・・・と思ってしまう。

違和感を感じたら距離を取ることにはしてるけど、この法則が生きるならなおさらですわ。

 

 

ともかく、自分の身の回りで80対20の法則がどんな風に働いてるのかを考えるだけでも、面白いと思う。

 

 

私がまずふと思ったのは、『自分が苦労して考えて作っている夕飯も、実はメニューの20%で80%の満足を得ることができるのではないだろうか。だったら悩まず20%をフル活用するのはどうだろう』でした。

ザ・主婦の考え!

自分がそこまで夕飯作りに頭を悩ませていたことにも驚きでしたわ・・・

 

 

とにかく『80%を作り出す20%』という考え方、使ってみる価値ありそうです◎

堅そうに見える本ですが、思った以上に読みやすく実用的なので是非どうぞ◎

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阿部夢子、現在松原靖樹さんの超コンサルタント養成講座受講中です。
徒然や課題本の感想を書いています。

 


 

連日甲子園で熱戦が続いてますねー!

高校野球好きとしては全試合見ておきたいところですが、子どもが生まれてから、ゆっくり見れてません。

試合つけておくと「つまんない!」と言われて見れません…

 

 

image

2日で人生が変わる「箱」の法則 アービンジャー・インスティチュート

http://amzn.asia/3SRSFMX

 

 

この本のタイトル、「2日で人生が変わる『箱』の法則」・・・

最初、「軽いタイトルだな」と思いました。笑

という斜めな感じで読み始めましたが、内容は第一印象と違って濃いです。

 

 

苦手な翻訳本で、しかも登場人物の名前が全員カタカナ。

カタカナ、覚えられない、私。(世界史のテストも散々だったなー…)

が、それを物ともせず読み進めることができる内容でした。

 

 

箱っていう表現は独特ですが、箱は自分を正当化する枠のこと。

 

 

正当化が生まれるパターン、正当化の種類、そこからの抜け出し方などを

数人の登場人物の会話に乗せて、わかりやすく表現しています。

会話なので、小説を読んでいるかのように読みすすめられました。

 

 

コンサルティングに役立つのは正当化がいかにして作られ固定化されていくのか、というところでしょうか。

正当化は多くの人の日常にたくさん転がっている事柄なので、汎用性が高いと思います。

ほんと、気をつけないと簡単に落ちる穴。

しかも正当化している自分に気がつきづらく、更に周囲の人に迷惑をかける。

やっかいなもんです。

 

 

個人的に生活に役立つなと思ったのは、箱を脱出する、自分が抱え込んでいる正当化の枠から抜け出すきっかけの作り方。

これが非常に簡単で、いつでもできるものだったのです。

気がついたら簡単に試せそう。

 

 

私はこの箱からの脱出方法、子育てに使えそうだなと思ったんです。

うちは上の子2人が女の子です。

娘に対する母親って、どうしても同じ『女同士』の目線になってしまって、言い争いになってしまいませんか?私はそうなんです。

 

 

そんな時にこの箱からの脱出。

言い争いになっている時は、大体お互いに『私が正しい!』という争いモードに入っています。

そんなとき、箱から脱出して平和な心を取り戻したら、多くのことが丸く納まるんじゃないかとふと思いました。

娘が、ではなく、もちろん私が。

 

 

良い感じに作用するといいな。

 

 

これもまた、時間を置いて、もう一度読みたい本です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阿部夢子、現在松原靖樹さんの超コンサルタント養成講座受講中です。
徒然や課題本の感想を書いています。

 


 

今日は長女の七五三の前撮りです。

あんなに真っ黒でいいんだろうか・・・まあいいか・・・

そういえば自分が7歳の時に撮った写真は、その後自分で一度見た程度です。

自分の写真とか・・・興味なし。要らない。

 

 

image

コーチングから生まれた熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ 鈴木義幸

http://amzn.asia/7lOgqmh

 

 

170ページくらいで行間も広いので、すぐに読めました。

人を『コミュニケーションの取り方』で因子分析し、4つのタイプを表しています。

コントローラータイプ、アナライザータイプ、プロモータータイプ、サポータータイプ。

4つの各タイプの人の特徴、そしてタイプ別効果的なコミュニケーションの取り方を解りやすく書いています。

 

 

自分のタイプを知りたいという人向けにチェック項目もありましたが、

正直それをやらなくても、本体を読んでいれば自分のタイプは解ると思います。

それくらいシンプルなタイプ分けでしたが、シンプルであるが故に実用性が高いなと思いました。

 

 

松原さんの4つのポジショニングセミナーでも各ポジション別のコミュニケーションの取り方を話しますが、それとも通づるものがあり、リンクさせながら読む事ができました。

より4つポジが深まったかな。

 

 

私自身は完全なるアナライザーという、慎重冷静客観的タイプなので、プロモーターというエネルギーに溢れた注目されるのが好きなタイプの人が苦手です。

が。夫はプロモータータイプ・・・。

テンション高めで自分が他人に影響する事が好きだし得意。

一方私はテンション低めでノリとか要求する人嫌いです。

 

 

じゃあなぜ結婚して10年近くうまくいっているかというと・・・

良い感じで補い合えるんですよね。

相手の不足が自分の得意でまかなえるので。逆もまた然り。

意外にも夫婦の相性にも考えさせられました。

 

 

コミュニケーションについて書かれている本ですが、

人の特性を見ることに役立つ本だと思います◎

簡単に読めますよー♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月13日(水)は長岡市で託児付き自宅パン教室をやっている大竹綾子さん宅で

『可能性を広げるポイントメイクの会』を開催していただきます♪

お招きいただきありがとうございますー!!

 

 

左が大竹綾子さん、メグ、左が私です

 

 

 

ポイントメイクの会は久しぶりの開催です♪

しかも長岡は初めて。

空きがあと1席あるのかな?よかったらぜひともお越し下さい♡

 

 

メイクってとっても楽しいですからー♪

お悩み解決ではなく、もっと楽しむ為に是非お越し下さい!

 

 

お申込み、詳細は大竹綾子さんの記事へどうぞ!↓↓↓

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)