読者になる

Message


時々日常は魔法の世界のようだと思うことがあります。

よく見ると、道の端には綺麗な花が咲いていたり、
まっすぐで平坦な道が見方によって曲がりくねった
道になったり…。

いか様にも変わる世界。
笑顔を探せば、そこには数え切れない笑顔がある。

今まで気づかずに通りすぎていた幾つかの奇跡や、
日々の出来事に込められた、私たちを光へ導くメッセージを
私の視点からゆっくり書いていきたいと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年11月28日

冬の木に…

テーマ:コラム:生き方

週末、思い立って街を離れて
色々と夫婦で話し合うこともあって、
豊かな国有林に囲まれた静かな宿に来た。

最寄りの駅からタクシーで20分。
洋風の香り漂う街並みはすぐに並木道に変わり、
すぐに山道になる。
カーブをゆっくりのぼっていくと、
紅葉を終えた葉が落ちて土に還った後、
裸木となった木々が例年より早くうっすら積もった白雪の上に
冬の陽に照らされながら閑静に佇んでいた。

その様子があまりにも厳かで美しく、潔くて
思わずなんて美しいんでしょう、ともらすと
紅葉を見てつぶやくならまだしも、
どちらかと言えば寒々しい景色なものだから、
タクシーの運転手は何も返す言葉がなかったみたい。

私は木が大好きなので
お風呂を上がった後、
微睡む頃に夕寝したい衝動にベッドに横になるも
窓越しに暮れゆく空に表情を変える国有林の様子を
ずっと見ていた。

夫のみひろうくんが「木と話してるの?」と言い、
はっとして話しかけてみたり・・・

葉っぱがなくて寂しくないのかと問うと
葉っぱがない今だからこそ、
幹(自分自身)にエネルギーを充電できるのよ、
だから、寂しいよりもみなぎっている感じだよ、
というような勝手な会話をしながら、
枝の先までシャンとした姿に背筋が自然と伸びる。

冬の間、今年まとっているものをすべて脱いで、
自分というものにじっくりと眼を向けるときなのかもしれない。

明日の朝早くに東京に戻るが、
忙しいリズムに戻っても
自分に向き合い、充電する時間を大切にしたい。

その時間や在り方が
美しい裸木としての自分を創り、
きっと素晴らしい葉や実をつけるのではないかと思う。


{A8758D53-A530-42E4-BC8E-4B5F93870066}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年10月31日

誰かに何かを伝える時に大切にしてること

テーマ:コラム:生き方

誰かに何か

(モノ、コトバ、情報)を伝えるとき、

その心のスタート地点はすべて

分かち合いで在りたい。


期待や

自分の何かにバランスをとるためでなく。


何かをしてあげれば誰かが喜ぶ。

誰かが喜ぶから私も喜ぶ。


こういったシーソーのような

エネルギーの交換を突き抜けて、

言動の瞬間から

そこにインスピレーションの循環が

生まれるように。


ひとつのものからぱっと飛びちった雫が

キラキラと音を立てて、

くるくる回っている誰かの

エネルギーの輪っかの光の潤滑油となり、

その人生の輪から

じんわりと溢れた出た光を受けて

互いが光り合うような、

そんな分かち合いがいいなと。


何気ない一言でも、

伝えるコトバと

そこに乗せられるエネルギーや、

常に誰かと繋がるなかで交換される

目に見えない細い糸が、

誰かの人生にどれだけ強く影響を与えるかが

よくわかるようになったから。


これはみんなに言えることだと思う。


だから、ただなんとなく会話の流れで

伝えるみたいなことはせず、

伝える時やあげる時は思いきり出し尽くす。


だからこそ、

一つひとつ発するものと

そこに関わる存在に対しても責任を持って、

関わる前の思いを大切に扱う。


昔はそれがうまく出来なくて

模索してきたけど、

今は出来ても出来なくても

そういう意識だけは大切にしてるつもり。


自分の中で決めた

自分のためのひとつの選択が

繋がってる誰かの在り方を変えることがある。


きっとこういうことが

日常的に色んな場所で起こっているんだ思う。


そのくらい目に見えなくても

人も生き物も関わり合っているからこそ、

たったひとつのこの自分のための選択を

どんな状態でどんな思いでするかが

私には重要に思えてならない。


何かを伝えたり、あげたりする時は

例え会話の途中でも、

こころがほんわか柔らかくなって

蜜が溢れ出してくるまで、

それをしないように努力している今日この頃。


そんなわけで、

私は誰かとのコミュニケーションでも

時々タイムラグが生じることがある。


いつでも何処でも繋がれる今だからこそ、

互いの存在や状態を尊重して、

今は何を大切にすればいいのか

常に立ち返り、

自分にも誰かにも正直に向き合いたい。


まだまだ精進中(*☻-☻*)


{01D6104F-6E61-4910-958E-C57CEAA62B44}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月18日

The more you know, the less you need.

テーマ:コラム:生き方
The more you know, 
the less you need.

知れば知るほど少ないもので生きていける、
というような意味なのだそう。

これはものに限らず、
自分のあり方に言えること。

何かを持ってますからあげますよ、
ということよりも
その何かを敢えて
誰かの前に振りかざす必要はもうないのかもしれない。

人と繋がる手段において、
自分を知れば知るほどに
そういうことは本当に必要でないことが
お腹の奥の方でもわかってきて、

こだわる矛先は
提供していくもの(商品)ではなく、
この在り方や生き様そのものしかないと思った。

その時々の出逢いの中で
今私が持ってるものの中で一番輝く星を
私にとっての精一杯で提供していきたい。

その為に今までやってきた事で
おそらく一番大事に持っていたものを
手放すことの準備はもうできたような気がする。

今までの人生の中で、
何か自分を生きる上で変化をするときや
本当の本当に自分がエネルギーをかけていくことがわかった時は、
その時まで1番大事に持っていただろうと思うものを
手放すということをしている。

そのタイミングがくるまで
ゆっくり時間をかけて丁寧に向き合いながらも、
その時がきたら、
その手に持っていたもの持ち手を思い切り手放す。

それが私の生きる道であると
小雨がじんわりと地面に沁みていくように
じわりとじわりと心が潤っていくのを感じる。


{6F9FAE3B-9A15-44C9-88E0-7AF7B7E478D6}




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。