読者になる

Message


時々日常は魔法の世界のようだと思うことがあります。

よく見ると、道の端には綺麗な花が咲いていたり、
まっすぐで平坦な道が見方によって曲がりくねった
道になったり…。

いか様にも変わる世界。
笑顔を探せば、そこには数え切れない笑顔がある。

今まで気づかずに通りすぎていた幾つかの奇跡や、
日々の出来事に込められた、私たちを光へ導くメッセージを
私の視点からゆっくり書いていきたいと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月13日

一緒に。

テーマ:コラム:生き方

まっすぐに降り注ぐ大きな大きな太陽と

一瞬にして世界をしずかにピンク色に染める

真っ赤でまんまるな夕日。



地球上の砂の数よりも多いと言われるのが

よくわかる満天の星空に流れる流れ星。



霧のように降り注ぐ雨に心の靄を流して、

木々の合間に零れ落ちる

雨上がりの陽の光にただ素直にさせられる。



どこまでもピュアにキラキラと光を放ち、

ただ美しいという言葉しか出てこない

エメラルドグリーンの宝石のような海。



人生で泣くことを忘れた人が

嗚咽をあげてわんわん泣きじゃくり、

愛を恐れていた人が

もう一度愛することに希望を見出し、

少年少女の頃の

余計な価値観がダウンロードされていない

素の自分に再会できる場所、

マウイ。



マウイの自然とそこに暮らす人々が紡ぐ

slowであたたかな生きるリズムで、

堂々巡りをしていた頭の中に

よくやく余白が生まれて、

もともとあった自分のインスピレーションに

気づいていく。



この身体と魂で生まれてきたからには、

大切に磨き続けなければいけないものが

それぞれの自分の中にある。



そんなことに素直に気づいたり、

そこまでの感情のアップダウンのプロセスを

安心して感じ、分かち合えるそんな時間を

一緒につくりあげられたらと思っています。



WAKANA 



一緒に行きませんか?


http://www.shitsumon.jp/maui/


{279A71F4-9C9F-4433-9377-DAF6C7BCA6A2}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月04日

ただ、喜びの存在で

テーマ:コラム:生き方

ただ、この自分で、

喜びの存在でありたい。

何時、何処に、誰といても、
万物に対して。

それでいいじゃないか、
それが大事なんだよと妙に納得した年明け。

これは夫婦二人ともよくあることなのだが、
自分は役に立っているのだろうかと
落ち込むことがある。

本当に相手や何かにとって
役に立つとはどういうことかは
この自分には分かり得ないことで、

大体そんな風に落ち込む時は
自分の外側に目が向いてる時か、
もっと自分を生かしたいという
魂の声だということはわかっていて、

ただ、自分は何者かに成らなくてはいけないような、
何かを達成させなくてはいけないような、
そんな気持ちになることがこの社会の中にいると、
ふとした瞬間にあるのだ。

役に立ちたいとは、
人として生きる上で自然な欲求であり、
喜びで、
自分を自分で認める分かりやすいことだと思う。

だから、互いに答えがほしいわけではないので、
「あーあぁ〜」とため息まじりに
ただただ落ち込む。

みひろうが
「僕は役に立ってるかなー」と落ち込めば、
励ますことはせず、自分も
「わたしこそ、役に立ってるのかなー」
と落ち込んで、
宇宙の闇に投げかけてみる。

ほんの短い間の落ち込みを
年末年始、
みひろうの実家の手伝いの出前の間に交わす。

そういう落ち込みは人をより謙虚にするし、
自分の可能性を改めて探す
とても大切な時間なのだよね。

そんなことをしてしばらくしてから、
ふと頂いたことば。

「何かを努力して成し遂げることよりも、
ただ、喜びの存在であればいい。」

その場に笑顔の花が咲くように。
その人の心が僅かでも軽くなるように。
そのものが心地よくあるように。

ただ、そのままの自分で
最高に笑って、食べて、伝えて、踊って、
抱きしめて、分かち合って、今を生きて。

思い切り傷つき、落ち込み、ふくれて
怒っても、
その後にはちゃんと自分も相手も許して。

保育園で習ったように、
小さなことにもありがとうを言って。

2017年も何かを成すことよりも、
ただ喜びの存在であるように努めることに
生きていきたいな思う。

遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(╹◡╹)

昨日まで頑張って働いた山形を発ち、
あたたかい沖縄へ〜

暑いところが恋しくて
配達の車の中で歌ったのは、
もっぱらTUBEの「夏だね」でした…笑


{E13B6EB1-1B86-415F-BA8A-CDDB88D6E2A4}

寿司屋の手伝い中
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年11月28日

冬の木に…

テーマ:コラム:生き方

週末、思い立って街を離れて
色々と夫婦で話し合うこともあって、
豊かな国有林に囲まれた静かな宿に来た。

最寄りの駅からタクシーで20分。
洋風の香り漂う街並みはすぐに並木道に変わり、
すぐに山道になる。
カーブをゆっくりのぼっていくと、
紅葉を終えた葉が落ちて土に還った後、
裸木となった木々が例年より早くうっすら積もった白雪の上に
冬の陽に照らされながら閑静に佇んでいた。

その様子があまりにも厳かで美しく、潔くて
思わずなんて美しいんでしょう、ともらすと
紅葉を見てつぶやくならまだしも、
どちらかと言えば寒々しい景色なものだから、
タクシーの運転手は何も返す言葉がなかったみたい。

私は木が大好きなので
お風呂を上がった後、
微睡む頃に夕寝したい衝動にベッドに横になるも
窓越しに暮れゆく空に表情を変える国有林の様子を
ずっと見ていた。

夫のみひろうくんが「木と話してるの?」と言い、
はっとして話しかけてみたり・・・

葉っぱがなくて寂しくないのかと問うと
葉っぱがない今だからこそ、
幹(自分自身)にエネルギーを充電できるのよ、
だから、寂しいよりもみなぎっている感じだよ、
というような勝手な会話をしながら、
枝の先までシャンとした姿に背筋が自然と伸びる。

冬の間、今年まとっているものをすべて脱いで、
自分というものにじっくりと眼を向けるときなのかもしれない。

明日の朝早くに東京に戻るが、
忙しいリズムに戻っても
自分に向き合い、充電する時間を大切にしたい。

その時間や在り方が
美しい裸木としての自分を創り、
きっと素晴らしい葉や実をつけるのではないかと思う。


{A8758D53-A530-42E4-BC8E-4B5F93870066}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。