2017年05月20日(土) 07時46分23秒

チベット僧が中国政府のチベット政策に抗議して焼身自殺。2011年以降チベット本土で149人目

テーマ:チベットニュース

19日、中国青海省でチベット僧ジャミアン・ロサル(22前後)が焼身自殺を遂げた。中国政府のチベット政策に抗議したとみられる。

 
今回の焼身自殺で、2009年以降のチベット本土での焼身自殺者は150人となった。

ロサルは、19日午前5時頃、ツォジャンチベット自治州カンツァ県人民病院のそばで自らの体に火を放った。
 
「彼は息を引き取りました。」
匿名の人物はこう語った。
 
「ロサルの遺体は警察が持ち去りました。家族が警察署に遺体を引き取りに行きましたが、警察は拒否しました。」
 
「ロサルは、カンツァのナンラ街にあるギェルテン僧院の僧侶でした。」
 
カンツァの中心から南に30 km離れたこの僧院では約20人の僧侶が学んでいるという。

ロサルは、カンツァのナンラ街のドン・ギャ村の生まれであったという。
 
【亀田浩史訳】
 

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。