2017年03月20日(月) 06時50分25秒

チベット人が中国政府のチベット政策に抗議して焼身自殺をはかる。2011年以降チベットで146人目

テーマ:チベットニュース

18日、チベット人ペマ・ギャルツェン(24)が、中国政府のチベット政策に抗議して焼身自殺をはかった。今年初めて起きた焼身自殺だ。

 
ギャルツェンは、カルゼのニャロン在住だ。ギャルツェンは午後4時頃、自らの体に火を放った。その後、警察が、彼の黒焦げになった体を持ち去った。
 
チベット難民2人からの情報によると、ギャルツェンは四川省成都の病院へ搬送されたという。この2人のうち1人は、ギャルツェンは息を引き取ったと述べているが、もう1人は、ギャルツェンは一命を取り留めたと述べている。
 
現場を撮影したとみられる1分間の動画を見ると、中国政府が現場からチベット人を追い払っていることがわかる。涙を流している女性の姿もあった。この後、当局は、人気の SNS WeChat を遮断した。
 
「その夜、ギャルツェンの親族10人がカルゼ県警察署へ出向き、ギャルツェンへの面会を求めました。しかし、当局は家族を激しく殴り、一晩拘束しました。彼らは一晩中立たされました。」
現地とコンタクトのあるチベット難民はこう語った。
 
「激しく殴られた彼らは、歩くこともままなりませんでした。しかし、釈放はされました。」
 
「ギャルツェンは、ダライ・ラマ法王のチベットへの帰還を求めました。また、チベットには自由がないとも叫びました。」
別の情報筋はこう語った。
 
ギャルツェンは、5人兄弟の長男であったという。
 
「ギャルツェンは、一家の大黒柱でした。」
 
カルゼ警察は、RFA の取材には応じなかった。
 
今回の焼身自殺で、2009年以降のチベット人焼身自殺者は147人となった。
 
【亀田浩史訳】
 

【4月30日まで】

新規会員様募集キャンペーン!

1日14円からの難民支援

 

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
にほんブログ村

 

 

AD

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

メルマガ購読・解除
 


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。