2014年02月15日(土) 10時44分22秒

若きチベット人が中国政府のチベット政策に抗議して焼身自殺。2011年以降チベット本土で126人目

テーマ:チベットニュース



13日、チベット人元僧侶が中国政府に抗議して自らの体に火を放った。場所は四川省ンガバのキルティ僧院そばで、今年に入ってから2件目の焼身自殺だ。

焼身自殺をはかったのは、ロブサン・ドルジェ(25)だ。彼は、13日夕方キルティ僧院そばで自らの体に火を放った。その後、中国治安部隊が彼を車両で連行したという。インドのダラムサラにある姉妹寺院キルティ僧院のカンヤク・ツェリンからの情報だ。

「ドルジェは炎に包まれながら、中国のチベット政策に抗議するスローガンを叫びました。」

「現場に多くの中国治安部隊が駆け付け消火を行い、ドルジェを黒い毛布で覆い、車で連行しました。」

「彼は起き上がろうとしていましたが、中国警察が彼を抑え込み、連行しました。」


不明な状況

ンガバでは取り締まりが強まっており、ドルジェの現在の状況は不明だ。

「彼は連行された時点では生きていました。しかし、現在の状況は不明です。」
ツェリンはこう語った。

ドルジェは若くしてキルティ僧院の僧侶となったが、キルティ僧院で聖なる踊りチャムが行われた後、還俗したという。

ンガバではチベット人の抗議活動が頻発している。ンガバのメインストリートでは焼身自殺が相次ぎ、2012年、通りは「英雄の通り」と名称を変更された。

今回の焼身自殺で、2009年以降の焼身自殺者は127人となった。彼らは中国のチベット統治に抗議し、亡命中のダライ・ラマのチベットへの帰還を求めていた。

【亀田浩史訳】

元の英文記事はこちら




[2月28日まで] 新春新規会員様募集キャンペーン! 1日14円からの難民支援


[3月15日] 国際協力セミナー『今あなたに届けたいチベット難民からのメッセージ 2014』


ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

メルマガ購読・解除
 


ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。