2012年11月18日(日) 18時14分02秒

3歳児の父親のチベット人が焼身自殺(2011年以降チベット本土で75人目)

テーマ:チベットニュース



17日夜、またもチベット人が焼身自殺を遂げた。中国政府に対する抗議と見られる。

サンダク・ツェリン(24)は、17日午後7時頃、東チベットのレブコンのドカル・モ街の中国政府の役所前で自らの体に火を放った。ツェリンは現場で息絶えた。ツェリンには3歳になる息子がいた。

この焼身自殺は、チャクモ・キの焼身自殺のわずか数時間後に起きた。チャクモ・キは、ロンウォの中国政府の役所外で自らの体に火を放ち、息絶えた。

17日、中国当局はチベット人を招集し、焼身自殺者の家族のもとへ慰問に訪れるのを禁じたという。

この命令に従わない僧院は閉鎖されるという。

「サンダク・ツェリンは、中国当局がチベット人を招集したまさにその場で焼身自殺を行いました。」
現地とコンタクトのあるチベット難民ドルジェ・ワンチュクはこう語った。

現場に駆け付けた中国治安部隊が消化しようとしたが、ツェリンは息絶えた。

「近郊の2僧院の僧侶と現地のチベット人数千人が現場に集い、遺体の火葬のために、ゴンシュル・サンガク・ミンドル・ダルギェイリンに運びました。」

ツェリンは、最近、チベットの自由のなさ、ダライ・ラマのいないチベット、相次ぐ焼身自殺に不満を漏らしていたという。

1週間ほど前、ツェリンは、チベットへの思いを詩にして友人にメールで送っていた。

その詩の最後の2行には次のように記されていた。
「雪山の勇敢な男よ、チベットへの想いを忘れるな」

ツェリンには、両親と妻パグモ・ツォ(24)と息子がいた。

今月だけで焼身自殺者は14人となった。このうち9件がレブコンで起きている。2009年以降の焼身自殺者は76人となった。

昨日、インドのダラムサラで行われたチベットサポーターの特別会合の場で、ダライ・ラマは、チベットの状況は「深刻」だと語った。

「中国政府が認めるか認めないかにかかわらず、確かに問題があります。この問題は、チベット人にとっても中国人にとってもよくありません。私たちは、チベット人と中国人双方の理解と尊敬に基づいて解決策を見出さねばなりません。」

「武力の使用は、満足いく結果にはなりません。」

【亀田浩史訳】

元の英文記事はこちら




応援左クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ


にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

メルマガ購読・解除
 


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。