2012年07月10日(火) 21時04分02秒

若きチベット人が中国の弾圧に抗議の焼身自殺(2011年以降チベット本土で42人目)

テーマ:チベットニュース


7日、チベット自治区ラサ郊外の村で、チベット人男性が中国のチベット統治に抗議して焼身自殺をはかった。

20代のこの男性は、ラサ州のザムシュン県で、ダライ・ラマへの支持を訴えながら、自らの体に火を放った。

「7月7日のことでした。場所は、ザムシュンの古いコミュニティ・ホール前でした。彼は炎に包まれながら、100メートルほど歩き、倒れました。」
ラサの匿名の人物はこう語った。

「彼は、ダライ・ラマ法王の長寿を願うスローガンを叫んでいました。」

警察が彼を病院へ運んだという。


状況不明

この男性の氏名や現在の状況は確認できていない。しかし、ザムシュンのチョデ村の22歳か23歳の男性である可能性が高いという。

「警察が、この男性をザムシュンの地方病院へ運びました。しかし、そこでは治療ができず、ラサ市内の病院へ運ばれました。」

「体の90%に火傷を負っていたということです。」

ザムシュンにコンタクトのあるチベット難民によると、焼身自殺をはかった男性との面会を警察が禁じているという。

「病院へ運ばれた後、面会は認められていません。また、焼身自殺の情報をまわりに漏らさないよう警告されています。」

「現段階では、彼の所在は不明です。生死もわかりません。」

ザムシュン警察署にコンタクトを取ったが、彼らは焼身自殺が起きたことを否定した。

現地とコンタクトのあるチベット難民によると、この事件以降、ザムシュンの取り締まりは強化されているという。

「現在、ザムシュンの監視は非常に厳しいです。すべての電話回線は遮断されています。ラサの住人はザムシュンとコンタクトを取ることもできません。」


43人目の焼身自殺

この事件で、2009年2月以降焼身自殺をはかった人物は43人目となった。彼らは、人権が奪われているとして、中国の政策に抗議していた。

43件の焼身自殺の中で、チベット自治区での焼身自殺は4例目だ。

そのほかの焼身自殺は、四川省、青海省、甘粛省で起きている。

この1年間、チベット人の焼身自殺が相次ぎ、中国当局の取り締まりも強くなっている。

中国当局は、僧院から僧侶数百人を拘束し、チベット人のアイデンティティや人権を主張した多くのチベット人作家、芸術家、歌手、教師を投獄している。


5月の焼身自殺

5月にラサで焼身自殺をはかった2人のうちの1人タルギャルの状況は不明である。

RFAは、ツェテン・ドルジェが7月7日夕刻に息を引き取ったと報じた。

しかし、続報によると、タルギャルは依然集中治療を受けているようである。

「7月7日、タルギャルは死の兆候を示していました。しかし、ラサの警察病院の医療チームが3時間の緊急治療を施した結果、彼は息を吹き返しました。」
ラサ在住の匿名の人物はこう語った。

ラサで2人が焼身自殺を行った後、当局はラサの取締りを強化している。2人が宿泊していたホテルと2人が働いていたレストランは閉鎖された。

「焼身自殺後、ラサの規制は強まっています。監視の目は厳しいです。」

7月6日のダライ・ラマの誕生日の前は規制は特に強く、特にチベット自治区外のチベット人が標的にされたという。

「ラサ市民ではないチベット人はラサに滞在するのに5種類の許可証を取得する必要があります。東チベットのカムやアムド出身のチベット人に対する規制は強まっています。」


【亀田浩史訳】

元の英文記事はこちら




応援左クリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:残念なことです

>旅行好きさん

今現在、チベット自治区は外国人立ち入り禁止ですね。
立ち入り禁止が解かれても、外国人が自由に旅するのは当面無理かもしれません。

1 ■残念なことです

チベットは秘境として憧れがありましたが、もう当分立ち入ることが難しそうですね。
平和に訪れることができることを願います。

コメント投稿

AD

メルマガ購読・解除
 


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。