2012年03月05日(月) 11時06分03秒

チベット人女子学生と成人女性が焼身自殺。中国の弾圧に抗議。(この1年でチベット本土で24人目)

テーマ:チベットニュース




週末、チベット人未亡人と女子中学生の体が炎に包まれ、2人は命を落とした。未亡人の焼身自殺は中国四川省で、女子学生の焼身自殺は甘粛省で起きた。2人は、チベットの自由と中国のチベット統治の終焉を求めていたという。


2009年2月以降、焼身自殺をはかったチベット人は25人にのぼる。彼らは、中国のチベット統治に異を唱え、ダライ・ラマのチベットへの帰還を求めていた。


2件の焼身自殺の後、中国当局は当地の取り締まりを強化している。3月10日には、「チベット人蜂起記念日」が控えている。3月10日は、ダライ・ラマ亡命のきっかけとなるチベット人の抗議活動が1959年に起きており、2008年3月10日にもチベット人の抗議活動が起き、血なまぐさい弾圧が加えられた。


3月4日、リンチェンという名の女性が四川省ンガバのキルティ僧院前で焼身自殺を遂げた。リンチェンは、未亡人で4児の母だ。即死だったという。


キルティ僧院の正門には中国警察が監視のため駐留していたが、リンチェンはその目の前で自らの体に火を放ったという。キルティ僧院は中国武装部隊に包囲されており、数百人の僧侶が昨年から拘束されたままとなっている。


「リンチェンは、ダライ・ラマのチベットへの帰還とチベットの自由を求めていました。即死でした。」

インドのダラムサラにある姉妹寺院キルティ僧院の僧侶カンヤク・ツェリンはこう語った。



学生


3月3日には、甘粛省カニホのマチュでは、チベット人女子学生の体が炎に包まれた。


女子学生の遺体がチベット人に持って行かれないよう中国人商人が警察に警告したという。


「マチュの市場の中国人商人は燃え盛る女子学生の体に石を投げました。」

現地とコンタクトのあるチベット難民はこう語った。


女子学生は即死だったという。


「現場にいたチベット人は動揺し、その後、チベット人と中国人の衝突が起きました。」

リンチェンの遺体はキルティ僧院の僧侶が運んだが、女子学生の遺体は警察に持ち去られたという。


この学校では、以前、チベット人に対する厳しい統制を終わらせるよう抗議活動が起きていた。そして、中国当局に抗ったとして、多くの学生が拘束された。



議会


3月5日には、全国人民代表大会が行われる予定となっており、この場で、チベットの状況に関する議論が行われると見られていた。2人の焼身自殺はこの直前に起きた。


今年、中国では指導者の交代が予定されている。今回の人民代表大会は、指導者交代前の最後の大会だ。


中国当局は、焼身自殺を行うチベット人にテロリストのレッテルを貼り、仏教の教義に反して焼身自殺を奨励し緊張を生み出しているとしてダライ・ラマを非難している。


一方、ダライ・ラマは、チベットに対する中国の「無慈悲で不合理」な政策を非難している。


焼身自殺が相次ぐ中、中国当局は弾圧を強めている。数百人のチベット人が逮捕されている。そのほとんどがンガバの僧侶である。


【亀田浩史訳】


元の英文記事はこちら





2月上旬の3人の焼身自殺の事実関係の確認ができていないようなので、この記事から、焼身自殺者の人数からこの3人を差し引いています。


3人を差し引いても、この焼身自殺の数は異常です。


応援左クリックお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

メルマガ購読・解除
 


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。