2011年10月04日(火) 20時06分03秒

10月3日に焼身自殺をはかったチベット僧に関する続報

テーマ:チベットニュース




中国治安部隊の監視が続く四川省の僧院の若きチベット僧が、月曜日、自らの体に火を放った。焼身自殺をはかったのはこの1週間で3人目だ。


週末、四川省では、ダライ・ラマの写真とチベット国旗が取り外され通りに投げ捨てられた後抗議活動が起きていた。僧侶が焼身自殺をはかったのも同じ四川省だ。


この僧侶は、カルサン・ワンチュク(17歳もしくは18歳)(訳注:別の情報筋では17歳となっている)で、ンガバのキルティ僧院の僧侶だ。現地にコンタクトを持つ亡命チベット人の情報によると、彼はンガバの野菜市場の近くで、自らの体に火を放ったという。


「彼はダライ・ラマの写真を掲げ、スローガンを叫んでいました。しかし、近くにいた人にはスローガンの内容までは聞こえなかったようです。」

元政治犯で現在はインドで暮らしているテンパ・ダルギェは述べた。


インドにある同名のキルティ僧院の僧侶カンヤク・ツェリンによると、警察と消防士がすみやかに火を消し止めたという。


「消火終了後、彼らは手に持っていた物を使って、カルサン・ワンチュクを殴りました。」
とツェリンは語る。


「多くのチベット人がこの様子を目撃し、抗議を始めました。しかし、武装警察がやって来て、武器を群衆の方に向け脅したのです。このため、人々は散らばっていきました。」

ツェリンによると、カルサン・ワンチュクは、Choejema街Soruma家の僧侶だという。父親の名はツルドリ、母親の名前はデモチョクだという。


テンパ・ダルゲェによると、警察に連行される前、カルサン・ワンチュクの上半身はひどい火傷を負っていたように見えたという。


カンヤク・ツェリンによると、数日前、現地で、状況が改善されなければ、他のチベット人も命を捧げる準備はできていると書かれたチラシが配られていたという。


ンガバは警察の厳しい監視下にあり、夜間外出禁止令が敷かれている。また、何人たりとも街への出入りは禁じられているという。



「息の詰まるような規制」


9月26日には、18~19歳のロブサン・カルサンとロブサン・クンチョクという2人の若きキルティ僧院の僧侶が自らの体に火を放っている(⇒詳細はこちら )。

ロブサン・カルサンは、3月に焼身自殺を遂げたキルティ僧院の21歳の僧侶プンツォ(⇒詳細はこちら )の弟だ。


僧侶たちは禁じられたチベット国旗を掲げ、宗教の自由を要求し、「ダライ・ラマに長寿を!」と叫び、自らの体に火を放った。


8月には四川省カルゼ、タウのニツォ僧院の29歳のツェワン・ノルブも焼身自殺を遂げた。彼はチベット人居住区への中国政府の統治に対して抗議して自らの体に火を放った。


匿名の人物がRFAに話した情報によると、あるキルティ僧院の僧侶は、キルティ僧院の僧侶たちが「息の詰まるような規制」の下に置かれていると語ったという。


「他の人と話をすることもできません。僧院に出入りするには警察の許可が入ります。」

と彼は語った。


公表はされていないが、焼身自殺以外の方法で自殺したキルティ僧院の僧侶もいるという。彼はそうした自殺を2件知っているという。


「私のクラスメイトの兄弟ジンパはナイフで自殺しました。ジャンペル・ギャツォという教師はストレスと失望で亡くなりました。」


チベットの他の場所の僧院でも似たようなことが起きている可能性があると彼は言う。



高まる緊張


中国共産党政権掌握62周があるため緊張が続くと思われていたが、週末に抗議活動が起き、月曜日に僧侶が自らの体に火を放ったことにより、緊張は高まっている。


土曜日のカルゼのセルタでの抗議活動には200人以上のチベット人が参加した。ダライ・ラマの写真とチベット国旗が建物から取り外され通りに投げ捨てられたからだ。


抗議活動参加者はダライ・ラマのチベットへの帰還とチベットの自由を訴えた。


月曜日にセルタの政府宗教事務局へ電話取材を試みたが、オフィスアワーにもかかわらず、誰も応じなかった。中国は現在、土曜日の建国記念日以降「ゴールデンウィーク」となっている。


しかし、電話に応じた警察署の「宗教教育」担当役人は、抗議活動の発生を否定した。


「抗議は起きていない。誰がそんなことを言ったのだ?」


「抗議については知らない。」

そう言って、彼は電話を切った。


中国のチベット政策に異を唱える有名な活動家テンジン・ツェンドゥは、四川省のチベット人コミュニティに最近次々と軍が介入していると語った。


「一連の抗議活動は、中国軍の弾圧に対する抵抗の表現です。」

とテンジン・ツェンドゥは語った。



包囲された僧院


プンツォの焼身自殺の後、中国当局はキルティ僧院の包囲を続けている。抗議はその最中に起きた。


中国治安部隊は僧侶300人以上を連行し、拘束した。


カルゼではチベット人の抗議活動が頻発する。個人でもグループでも抗議は起きる。中国警察に拘束され暴力を奮われる恐れがあっても抗議は起きる。


また、ラサの警察は長期休暇中、ゲストハウスやホテルの監視を強めいているという。現地の実業家の話だ。


「建国記念日のため今は規制が増えています。」

ラサの家族経営のゲストハウスの従業員は月曜日、電話でこう述べた。


「宿泊者はIDカードの登録が義務付けられています。役人が夜にやって来て、抜き打ち検査を行う可能性もあります。」


別のゲストハウスのオーナーは、最近、警察により営業を禁じられたという。


「警察によってです。ゲストハウスは営業していません。」

と彼は語った。



政治


ニューヨークのスタテン・アイランド大学の政治科学の教授Xia Mingは、チベット人と中国共産党の緊張が和らぐ兆しはないと述べた。


「中国政府は、転生にまで政治を使おうとしています。これは、苦痛を伴う対立であり、同時に、とても基本的な対立です。」


Xiaは、問題の根源は、中国政府が無神論者であることだという。


「現在の中国政府の政策下では、政府とチベット人の衝突は続くでしょう。」


Xiaは、中国政府のこうした態度がチベット全土に広がっているという。


「中国政府の考えることは物質的なことです。生きていくために必要な物質的なことを考えています。」


「しかし、人間は動物とは違い、精神的な意義や価値を追求していかなければならないのです。」


【拙訳】


元の英文記事はこちら






応援左クリックお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

メルマガ購読・解除
 


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。