こころのことば

基本的に私の仲の良い人に心の中を伝えられたらと思います。


テーマ:
今日からまた頑張って更新していこうと思いました。
なんかなかなかしばらく書けてないとその間の前提がないままその日のことを書くのが意味がわからなくなりそうで嫌で…。
それまでの経過を書いてから…と思うとたまってしまう始末(|||__ __)
経過はおいおい書いて行くのでたまに過去の日付にも目を通して貰えると嬉しいです。
今日はとにかく体調が悪かったです。
朝起きたときから頭痛くて、授業中保健室行ったらベッドがいっぱいで、とりあえず帰ったけどやっぱりダメで昼休みから5時間目いっぱいずっと保健室で寝てました(o_ _)o.zZ
それでもよくならず6時間目死にそうでした。帰りも倒れずにいられたのが奇跡のようです。
帰りに廊下で悠君に会ったけど全く相手できませんでした。喋る体力もなく
「大丈夫ですか?」
に対して無言で首を振ることしかできませんでした。体の弱い私ですがこんなに具合が悪いのは初めてでした。
今日はゆっくり寝よう…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ウチと付き合うと疲れるよ?」
私は付き合う前にも後にも何度か悠君に言った。
なんでかというと私は仲の良い男子にかなりなついてしまうから。

前にも書いたが行動がまずい、らしい。
どんな行動がいけないのか自分ではよくわからないから人に言われて初めて気付く。
言われたことは特に気をつけてはいるつもりなのだが。
彼は物凄く妬く人らしい。
本人も自覚していて、まわりから見ても明らからしい。私から見てもそう思う。
この前私は生徒会の外交で討論会に出た。
そのとき私がSCの人にたくさん会った。
書記を頼まれたりとかいろいろしてて、
すごく楽しかったけど友達いわく悠君は終始機嫌が悪かったらしい。
なぜかというと多数の男子とずっと仲良く話してたから。
なんだか可哀想なので
「嫌だと思ったら言ってね、ウチわかんないから」
すると
「いや、全然気にしてませんよ?」
とか言ってた。
あとで友達に聞くと
「あゆみ先輩は素でやってるんですから、あんまり言いすぎると疲れさせちゃうから

そういうの言わないで下さい。」

と言われたらしい。
けなげだなぁ…
うん、ヤキモチ焼かれるのは好き。
可愛いと思う。
できるかぎり気をつけようと思った
その帰りやたらにティッシュをもらって、悠君に1個あげると、
「これキャバクラじゃないですか!!なんであゆみ先輩はこんなんばっか貰うんだろう…」
おぃおぃティッシュなんて誰にでも貰うって、配るって…(-_-;)
そんなものにまで妬くのはちょっと問題かも(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

別れ話を出したのは最初は怒っていたからでした。
でも途中から、私と付き合っているのは彼にとって良くないから。という話になりました。
「今でも私は君にひどいことしてるんだよ」って。
「ひどいことしてるならやめればいい話だし。」
いや、違うんだよ。やめられるならとっくに…
もう耐えられなくなりました。
傷つくと思って言いたくなかったけど罪悪感に耐えられずとうとうMの話をしました。
君と付き合う前好きだった人がいて、その人に告白して、また1年後ということになってたぶん体よく振られただけだから諦めた気でいた。君に告白されてそのときは忘れたと思ってて、君のことは人間的に好きだし、落ち着くし可愛いと思うし何よりほっとけないと思うから付き合った。でもこの前会って好きだと思ってしまったと。どうする気もないけどこんな中途半端な気持ちで付き合うのはあまりにも可哀想だから。あとの判断は君に委ねる
ということを言った。
すると
こんなことを言われました。相変わらず理屈でわかりにくいので要約すると
・初めから好きで付き合ってくれてるわけじゃないとは思ってた。

・それでも付き合ってくれたのは自分にそれだけの価値を見てくれたからだと思ってる。

・その価値がないなら振られてもしょうがないけどあるなら付き合ってて欲しい
・1年後でも邪魔になったらいつ切り捨てても構わない
と。
こんなことを言われて私が別れられるわけがない。
私の性格をわかっててやっているのか?と思ってしまいそうなくらい。
もしここで私が彼と別れればいくら否定したとしても

彼にとっては自分が価値がない、私にとって邪魔なんだと思わせることになってしまう。
私は悠君は好きだ。一緒にいたいと思う。ただどういう好きかわからないだけ。
そして返事をする前に「なによら俺はあゆみ先輩が好きだから付き合ってて欲しいです」
もう何も言えなかった。
愛されてる、と感じる反面、悲しくなった。
なんでこの子はこんなに私を好きでいてくれてるんだろう?

優しい人や可愛い人ならほかにたくさんいるのに。
どこが好きなの?
聞くとと悩む。
全部、としか言いようがない。
と。やっぱり理想化していると思う。でも彼がそれでもいい、というのなら付き合って行こうと思った。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近一悶着ありました。

悠君は私の友達にはすこぶる不評です。
確かに歴代彼氏の中じゃ決してカッコいいわけではありません。
というかウチは常に彼氏は
「え?なんで?」
とかしか言われたことしかない気すらします…Σ( ̄□ ̄|||)
でもたぶん今回こんだけ不評なのは別の問題があります。
まず、カップルに見えないということ。見た人全員に言われます。姉弟にしか見えないとか。
といっても確かに私は実年齢より上に見られるのもあるのですが、

悠君は185くらいあって顔も別に幼いわけでもないので

見た目的にはあからさまに年上年下って感じはしないと思うのだけれど。
たぶん役割の問題でしょう。
私は性格を知ってる人なら誰もが認めるSキャラで、また母性本能も強いみたいなので

とにかく彼を守ってあげようと思っているからです。
そして言われます。
「あゆみがしてあげるばっかだよね。なんか疲れてる気がする」
私は基本的に人に何かしてもらうことが苦手です。

人に甘えたり、自分のことで人が嫌な思いをしたり、迷惑をかけるのがホントに嫌いです。
確かに言うとおりかもしれません。
私は悠君を守ってあげたいと思います。

甘えさせてあげようと思います。

心の支えになろうと思います。
でもなにかしてほしいとは思いません。
甘える気もないし、守ってほしいとも思いません。
私を支えるのは彼には役不足な気がします。

私の心の闇は彼には重すぎます。
ただ私を本気で好きでいてくれてる、

それだけで自分が大嫌いな私の存在意義ができたような気がして、

それ以上は何もいらないんです。

自分という存在が求められているということが私の支えなんです。
でも今彼は私の全部が好きだと言います。
やっぱり理想化してるのは否めません。
そうすると理想が崩れた私を好きでいてくれてるのだろうか?

と思うとなんだか疲れてしまいます。
そうして一番の問題はMのこと。
私の中では終わったと思っていました。
思えばたぶん自分に言い聞かせていたのでしょう。
しかしこの前会ったときの私の必死さや態度はまだ、明らかに私はMに恋していました。
Mに会う機会が1年後の前にもうすぐ1回あります。

私はMとどうする気もないけれど、でもその日以来、悠君に対する罪悪感がすごかったのです。

苦しくて苦しくて潰れそうでした。

私は悠君といると落ち着きます、可愛いとも思います。

人間的には明らかに好きです。

でも、男として、彼氏として私は悠君が好きなのでしょうか?

それがわからなくて。とにかくほっとけないっという気持ちが一番強いのです。

ほっといたら身を持ち崩しそうで怖くて。
「自分が主体じゃない、相手の気持ちだけを気にして自分の気持ちがない」
みたいです。
だから、別れたほうがいいと思いました。
こんな気持ちで悠君と付き合うのはあまりにも可哀想で失礼だと思いました。
そしてある日、些細なことで私が本気でキレてしまいました。
そのときに…別れ話を持ち出しました。
続く

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
報告が遅くなりましたが、私は今後輩の悠君と付き合っています。
だいたい今日で2週間くらい。
だんだんメールとかでも好意があからさまに感じとれるようになってきて、でもすごい曖昧でイマイチ何が言いたいかわからなくて。「俺先輩がいなくなったら生きて行けない」
とか
「俺には先輩が必要なんですよ」
とか。なんか甘えることを初めて知ったような感じで、甘えられる私を理想化してしまっている。私は彼が思ってるほどいい人じゃない。
ある日、メールで告られた…っぽい。付き合っても悪くないとは思ったけど、断ろうと思った。というかなにより最初にあの人が自分を勘違いしてて、理想化したウチが好きなんだと思ったから。
言ってることがすごく曖昧だったし、メールでそういうことを伝えようとする姿勢も気に食わなかったし。
なんか忘れてくれてもいい、とか言い始めた。
おいおい勝手に自己完結?意味がわからない。私は直球人間なので変化球には気付きもしない、理解できない。
イライラしていた。
そしてちょっと寝てしまっている間にメールがきていた。
はっきりと
「好きです、付き合って下さい。」
と書かれていた。
少し心に響いた。
そのあと電話した。
私の第一声。
「君はウチを勘違いしてるよ」
ただ辛いときタイミング良く私がいて、それで私を理想化してる。私はそんなにいい人じゃないから嫌になると思う。ということを言った。
しかし彼は頭がいい。口で戦うと勝てない。なんだか言いくるめられてしまった。
「先輩は自分の評価が低すぎる、人の評価なんて自分からだけじゃわからないじゃないですか。俺から見ていい人だと思ったし、好きと思ったんですから」
「ウチは君といると落ち着くし楽しいしほっとけないとは思う。守ってあげたいとも思うよ、でもね、ウチは君が思ってるような優しい人間じゃないよ?」
「それでもいいです」
といったようなことをもっとややこしく。
「なら…いいよ。」
なんかここまで自分のことを好きと言ってくれるのが嬉しかった。やっぱり不安ではあるけど。
自分を好きでいてくれる人を大切にしたいと思った。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はMの学校の体育祭。Mは団長だった。行くかどうか悩んだ。悠君がいるから。でもずっとこの日のために頑張ってきたMを見ない訳にはいかなかった。喉が痛くて辛かったけど見に行った。
かっこよかった。応援席でMの名前ばかりを叫び、ファンクラブと間違えられてしまうほど(笑)
終わったあとMの名前を大声で叫んだ。
気付いたら帰ろうと思っていたけどこっちに駆け寄ってくれた。そして一緒に写真を撮った。物凄く嬉しくて泣きそうになった。バカなノリも変わってなかった。ごめんね、悠君。やっぱこの人好きだ、と思いつつ帰った。もう会うこともないかもしれない。きっと私の短い儚い恋はこれで終わりだ。悠君を大切にしてあげなきゃ、と思った。
でも今日だけはMを好きだった1ヶ月前の気持ちに浸っていたい。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。