フリースタイル分娩

テーマ:
今 笑ってこらえての出産を見た

フリースタイル分娩というものでの出産

赤ちゃんを自分でとりあげていた。

すごい!感動!私も今度はあの方法で産みたいっておもった。

今読んでいる本「分娩台よ、さようなら」では、私は見事にりゅうの出産で
本では必要ない、すべきではないっていう方法をいっぱい行っている。

・母子別室
・分娩台での出産
・会陰切開
・生まれてすぐのりゅうに対する処置
・母乳のこと
・カンガルーケアなど何もない
・分娩室の様子

などなど、笑ってしまうほど・・・

そういうこともあって、今度は助産院での出産を希望している

旦那さんも両親も反対してることもあってどうしようとおもっていたら、
産婦人科と助産院を併設している病院を見つけ、そこの助産院で産もうと思う
(旦那さんにはまだ内緒)
といっても、里帰りなので来月病院に行って検診を受ける予定

だから、したいことはいっぱいある

カンガルーケアは絶対
自分でとりあげたい
母子同室
フリースタイル分娩
などなど、これからバースプランたててみようと思う

ただ、それが絶対っていうことでもない
会陰切開も必要だったらそうしたほうがいいだろうし
促進剤も必要だったら仕方がないのかなぁって・・・

まぁ出産なんてどうなるか分からないからきっちりかっちり考えず
今はやってみたいことをいっぱい考えてみようと思う
AD

小豆と安産

テーマ:
ネットで遊んでいたら、

「陣痛が始まりだしたらなるべく早く、小豆(硬い豆のまま)を8粒ゴクリと飲めば、安産になる」

なんて情報を入手!

子宮口が開いてくるらしい

ということで

陣痛頑張るグッズの中に小豆が加えられました


・テニスボール(背中やお尻に大活躍)
・飲み物(とにかく喉が渇く)
・ストローがさせるペットボドルの蓋(横になったままでも飲めちゃう)
・小豆

このほかに何かあったら教えてくださいm(_ _)m
AD

性別判明!!!

テーマ:
またまた久しぶりの日記になってしまった・・・

今日は1ヶ月ぶりの検診

今日こそは性別が判明するだろうか!?と半信半疑だったけどお休みの旦那さん
と一緒に病院へ。

「先生、今日こそは判別できますかねぇ?」
「分からない場合は女の子が多いんだけどなぁ・・・」

どきどきしながら、ベベの心音を聞いたり血圧を測ったりして待つ

「旦那さんきてくださぁい!」と呼ばれる

頭の形を見たりして、いよいよオマタをしらべた

「こりゃ、女の子だね!おめでとぉ!」

うっそぉぉぉぉぉぉって感じだった

旦那さんもそうですかぁ。と、とっても嬉しそう。
りゅうはママママと呼び続けている。

女の子かぁ

男の子だとばっかり思っていたし、ちょっとは女の子も欲しかったけど
いざ判明するとめっちゃめちゃ嬉しい♪

旦那さんはホントはすごーく女の子が欲しかったくせに
「僕はどっちでもよかったんだよ。元気であれば」
なぁんて強がっている。

すぐにお父さんに電話するとこれまた大喜び
お母さんも大喜び

旦那さんのお母さんはきっと一番女の子を望んでいたからもっと喜ぶと思う

あぁ、名前決めて
一枚でも女の子の服買いに行こ♪
AD

台を購入

テーマ:
トイレの時や洗面の時にちょっと抱っこするのも辛くなってきた。

ということで、雑貨屋をプラプラしていると・・・

2段の段差つきのプラスチックの台を発見!

900円だったので、即購入した。

トイレ、洗面とっても便利

なにより、りゅうが自分で登れるのがうれしいらしく、リビングなどへも持ってこようとする。

私もりゅうも嬉しい買い物でした

腹帯を買いました

テーマ:
だんだんとお腹も大きくなり、
腰もしんどくなってきそうだったので、何かよい腹帯がないかと探していました。

戌の日に安産祈願でご祈祷してもらった時に買った腹帯は
夏仕様のものだったんだけど、
これが全然サポート力がない・・・

私はしっかりと支えてくれるものが好きなので、
前と同じタイプにしようと思っていたけど、ちょっと違うのがないか探していた。

そこで、買ったのが
エンゼルという会社の腹帯。

お腹が小さいときはタグを下向き
大きくなると上向きに変えて、後ろで交差させてマジックテープを前で止めるタイプのもの。

これが、すごくいい!!!

肌触りもとっても優しいし
なによりも私好みのしっかりしたヤツ

がっちりとお腹をサポートしてくれている

暑くなるとしんどいかもしれないけど、使っていこうと思う。