ハワイアン☆パラダイス ダイアリー

13年以上住んだルイジアナからハワイ島へ導かれて早や2年。毎日が感謝と畏敬の念で溢れています。身も心もどんどん自然に還りつつある日々の変化を綴っていけたら・・・、と思っています♪


テーマ:
リンゴさんの今回のハワイ島旅行の1番の目的は、イルカと泳ぐ事でしたおねがい




私がハワイ島で1番大好きなビーチである、Ho'o kenaは、2年前の誕生日に初めてイルカと泳げた特別な場所ラブラブ




そこには、満月の日なら必ずと言って良いほどイルカがいるそうなのです。





リンゴさんがヒルトンを予約してくれた日程は、6月9日の金曜日から翌週の金曜日まで。





その9日は満月の日だったのです満月





でも、この日はうちからワイコロアへ移動するので、翌日は満月ドンピシャではないけど、近いし大丈夫でしょう、と余裕をこいて翌日の土曜日にHo'o kena に向かったのでした。





ところが、満月の余韻がまだ残ってるはずなのに、イルカの姿は全く見えず、ビーチでいつも働いているおじさんに、この日イルカの姿は見えたか聞くと、





「昨日は一日中いたけどね〜、今日は来てないね〜。その前は4日間全然来なかったよ。」とのこと。






リンゴさんはガッカリしたけど、朝の方が会えるチャンスが高くなるので、その次の日はもっと朝早く起きて、そこもイルカのよく来る「2ステップ」という湾に行ってみることにしました。






翌朝、5時半に出発して、2ステップへ。







でもイルカの姿はここでも見当たらず…。








ま、せっかく来たのだからと、Pu'uhonuaoHonaunauという、国立公園に行く事に。






まだ開園してないのだけど、門も開いてるし、普通に入って、ハワイの白黒の石で遊ぶゲームがあったので、ボーイズはそのゲームをして遊びました。

{F8745DA4-E433-4098-865E-940F1890706B}



この後ろに見えるのが、2ステップの湾です。







するとにわかに、ボートがやって来て、沢山のスノーケラー達が海でプカプカ浮いてます。








もしや、イルカがやって来たか⁈と思ってリンゴさんと走って湾まで行き、海に飛び込んだけどいませんでした。







うーん、イルカさん達がいつ来るのかが分からないけれど、リンゴさんもイルカさんに会わずにしてルイジアナに帰りたくないでしょう。







そして三度目の正直を願って、15日のリンゴさんの誕生日に、再度5時起きでHo'o kenaに行ったのでした。






いなくてもしょうがない、と執着せずに着いたら、沖の方でスピンしてジャンプしているイルカの姿がイルカ!!






ヤッホーイ爆笑音譜と深い所が苦手な娘以外はみんな海に飛び込みました。







リンゴさんとリンゴさんの息子さんのキウイ君にとっては初めてのイルカと至近距離でのスイミングイルカ







私と息子にとっては三度目ですが、何度目でも感動は衰えません。






{D67A16CC-75AC-4BA6-BE84-101C33AC3DF8}



{F2B313DC-B011-434D-A465-892798D1D78F}

動画を載せたいけど、出来ないのでスナップショットのみです。






余談ですが、いつも使っている水中カメラを家に忘れて来たので、スマホを入れて水中で写真を撮れる専用のバッグを$20で購入しました。







(水の中ではボタンを押しても感知してくれず、水中写真は撮れませんでしたが、水の外でボタンを押せる動画は撮れました。水中カメラの方が断然良いです。)





子供のイルカも沢山泳いでいて、私達の周りのあちこちでスピンジャンプしてました。






子供は何でも元気がいい音譜






スノーケリングしながら、優しく歌を歌いながら泳ぐ白人の女の人がいて、イルカの群れが彼女に沿って泳いでいたのがとても印象的でしたラブ






湾に来るイルカ達は、休みに来ているらしいので、なるべく邪魔しないように距離を置いて泳ぐ方が良いです。






でもイルカの方から近くに寄って来て泳いでくれることもあります。






リンゴさんにとっては、最高の誕生日となったようですラブラブ






美しい海と、そこに住む美しい動物達に会うたびに、この海と地球とありとあらゆる動物達がどうぞ護られていますようにと、心から願わずにはいられません*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*








追伸

美しい海とサンゴ礁を守るためにできる事の一つに、スプレータイプの日焼け止めを使わないことがあります。





ナチュラルでない日焼け止めもですが、スプレータイプの日焼け止めに入っている化学薬品は特にサンゴ礁をころしてしまいます。






私は基本、日焼け止めを使いません。






多少焼けても、また普通の暮らしに戻れば肌の色も戻ります。





今回はさすがに毎日のように海に入ったので、顔や肩など赤くなりがちなところには、ナチュラル素材で作られた日焼け止めを塗りました。






皺やシミは正食をすれば防げると言います。(と言いつつゲストと過ごしている今は正食できてないんだけど滝汗)






海を汚してまで守るべき美肌は無い!!と断言したくなるほど、ハワイの海で出会う色とりどりの魚や海亀、イルカは愛しく思えますうお座イルカハート


































AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
只今、ルイジアナからリンゴのひとりごとさん親子が遊びに来てくれてます。





リンゴさんが持っているタイムシェアに私達親子も招待してくれて、ヒルトン ワイコロアに7泊もさせてもらってますラブ







しかも部屋の番号が
{C69DF724-52ED-456A-8261-10FA6D99F0BA}

この数字、私と息子の誕生日なのですチュー(実は今回のメンバーの5人中4人が11月生まれの蠍座という)






息子が、" It's too good to be true! " を連呼する程の、超豪華なホテル?と呼ぶの?キッチン付きの2ベッドルームのコンドに気前よく招待してくれるリンゴさんお願いラブラブ







ルイジアナと言えば、保守的でスピ系の話など出来る人はほとんどいなかったのですが、輪廻転生の話などが出来た、数少ない友達の1人がリンゴさんなのでありますりんご







ですから、是非ここに連れて行かねば!と行ったところが、前にも記事にしたことのある、マウナラニリゾートの洞窟。







で、今回も色々とオーラ写真を撮ろうと試みてみましたよ。





まずは娘のオーラ検証!


{A987E21F-53F9-4BDE-9081-E61DFFC96E31}

ブルーっぽい?コバルトブルーの服を着ていたのよね。





お次は息子。

{A26DBEED-7A67-408F-B34E-4CA1D4844A01}
こちらもブルー。というか、2人ともブルー系の服を着ていて、ただ単にその色が反映しているだけかも!?






次はリンゴさんの息子さんのキウイ君。

{7AB1C9C3-D393-4224-A2B5-4588E99356EC}

うーむ、これはやはりオーラというよりも服の色そのものでしょうか?






ではでは、ブルー系の服では無く、色んな色の混じったワンピースを着ていた私では?


{7AF7152F-231F-420D-BF5A-80A296CF3B48}


うーん、何色とはっきりと言えないけれども、ブルーではないわね。






ではではリンゴさんの番

{2CEAD342-B5DD-4078-B2CA-B222BB390553}

ブルーやピンクの入った服がやっぱり反映しているような?






オーラが写ってるのか何なのかははてなマークはてなマークはてなマークでしたが、ワイワイと楽しい撮影会でした音譜







是非機会があれば、行ってみて下さいね〜おねがいラブラブ







マウナラニリゾートに入って、spaのサインがある所を左に曲がり、すぐの所に右側にHistoric trailみたいな看板が出ているので(うろ覚えでごめんなさい)、そこに入って駐車し、トレイルに沿って歩くと、この洞窟が出てきますよ〜〜ウインク







PS オマケの写真

{BF8B8DDB-1EF9-4FF6-B403-5956C271F5F3}

海に行くと、子供の海亀が顔を出した所を丁度激写出来ましたウインク


















AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
日本で子供時代を過ごし、留学、国際結婚を経て、海外生活の方が長くなりました。




実は中学生になった頃から、日本を出たくて出たくて仕方なかった私真顔




バスケ部に入った途端、先輩、後輩というのに縛られて、学年が一つ違うだけで、名字を呼び捨てにしたりされたりという不思議な世界が待っていました。




小学生の時によくケンカしていた2つ上の先輩からは、ここぞとばかりにこちらがやり返せない立場になった途端、頭をよくはたかれました。




逆に仲良く遊んでいた1つ下の女の子とも、それまでのように付き合えなくなり、目に見えないしがらみに悶々としていましたニヤニヤ




その頃に見た映画、スタンドバイミーとか、親友がお父さんの転勤でシカゴに移住することになったりとで、私もアメリカに行ってみたい‼️という気持ちはこの頃固まったように思います。





ところが、いざ日本を出、海外生活も長くなると、日本の良さがよく見え出すもので、ときどき無性に日本が恋しくなります笑い泣き





シュタイナー学校で枕草子とか暗唱を試みさせたりするのですが、「春はあけぼの」から始まる日本の古典風景は、私の知っている田舎の風景をまざまざと思い出させてくれます。





雨の匂いや、鈴虫の音、カラスが夕暮れに鳴きながら山へ戻る姿など、枕草子を読むと、日本の田舎に住みたい気持ちが湧いて来ますお願い





もちろんホタルの量もあの当時よりずっと少ないし、見られる場所も激減したでしょう。






現代の山の端も、鉄塔が立ち電線に空は区切られ、昔の紫立ちたる雲の細くたなびく美しさには敵いません。






だけど清少納言の感じた日本の四季と自然の織りなす美しさは今も変わらず存在していて、人工の手が加わったとは言え、まだまだそれは生命体のように脈打ってるのです。






「君の名は」で新海監督が描く日本は、近代化した大都会の日本の新しい美と、自然の中に今なお残る古典美の両方を、それはそれは美しく描写されていて、あの映像美に浸りたくて、何度もあの映画を観たくなります。






でね、タイトルにもありますロバート・ブルームさんをご存知でしょうか?






過去記事でも取り上げたことがあるのですが、この人の描いた明治初期の日本が本当に美しいのですラブ






そんじょそこらの白黒写真より、ずっとずっと当時の日本にタイムスリップした気分に浸れます。






まるで声や音、匂いまで感じれそうです。





{3835FC97-FD70-4F74-8B8C-ABA3D77BE007}
昔を感じさせない躍動感や通りの活気が伝わって来ます。






{1E8C9D98-6FBE-4E61-BD55-8C71FFF70B11}
何、この花屋さんお願い!!
こんな豪華な花がふんだんに溢れかえる日常ってすごすぎ〜〜ラブラブ





{D255E2C3-E81F-4BBB-B563-1AF400B17AB0}

着てる服が違うけど、今の神社と一緒だ〜〜目ラブラブ
光が一緒なのよ〜〜。



{51C8ECED-A0C8-476F-AE61-E49BEE5FFADF}

優雅な呉服屋さん






{E6706266-FA5A-4719-9E84-5EF73FFC9499}

ただ寝そべる姿も本当に優雅お願いラブラブ 短パンにTシャツじゃこうはいかないわね滝汗





この古き良き日本を学校の子供達にも見せたくて、アマゾンで彼の画集を買いました。





このロバートさんもね、日本に魅せられた1人で、このような手紙を友人に当てて書いてます。






「日本の生活ぶりを見たら、なるほど日本の美術はこうして生まれたのかと思った。(中略)アメリカの三つの街よりも東京の一つの通りの方が絵になる。ここは絵の題材にあふれている。静かで規則正しく清潔だ。建物は小さく単純で見栄えのしないものだが、通りのにぎやかさのいい背景となっている。でも日本人は色と形を愛する事をどこかで見せなきゃいけないので、店や家のちょっとしたところに表している。それが画家の目を楽しませる・・・」






「私は魅惑の地に足を踏み入れたのだ。私の人生の中でぼんやりと憧れていた期待が本当になった、たった一つの例だ。できるだけ長くこの国にいたい」





今や時代は変わって、日本のアニメが世界中の人達を魅了させ、是非一度日本に足を踏み入れたいと思わせてますが、ロバートさんもその昔、今も変わらず存在する日本の本質の何かを敏感に感じ取って、日本に魅了されたように思えます。





私自身、海外生活が長いので、以前の私では気づけなかった日本の良さに気づけるようになりました。






そしてそれがどんなに日本が他の何処の国とも違うかという事も。






例えば、買い物して印をつける時、剥がしやすいように端を折ってくれるとことか、





レストランで順番待ちの紙面に名前を書くとき、あらかじめ、「様」が手書きで書いてあるところとか、





ケーキを買うと移動時間を気にかけて、保冷剤をつけてくれるところとか、もう沢山ありすぎて今度からメモっとかないと思い出せない。






日本人は人を喜ばせることが、自分の喜びというDNAを持ってるのかもしれないビックリマークと思います。





まさに気遣いの国。





それが日本独特の美を創り出し、世界中の人達を魅了して止まないのだと思います。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。