神様への質問を公開でお答えする、【ドキドキ神様ほっとライン ドキドキ 】。今回のご質問は、「マリマリン」さんからです。ではまず、ご質問の内容です。(マリマリンさん、ご投稿ありがとうございます!)

-----


いつも勉強になる話をありがとうございます!


結婚して20年近くになり2人の年齢も40代も半ばになってしま いました。が、子宝に恵まれていません。


この世の中、私たちのように子供が欲しくても授からない夫婦がい る一方、中絶をするカップル、子供を虐待をしてしま う親がいて・・・


子供を介して学ばなければいけない事がそれぞれ違うとは思いますがどうしてでしょう か?


私たちが日々幸せに暮らしているのが一番だとは思いますが、私たちを生んでくれたご先祖様にも申し 訳なく思ってしまいます。


-----


龍:「うむう。。。まず、ご先祖様に対して申し訳ないってお気持ちに関しては、この記事が参考になるかと思いますです。。。」


神:「あなたの場合、一度だけ、お子さんの魂が上の世界から降りてきそうになったときがあるんですよ」


龍:「ほげっ???」


神:「ただ、なぜそれをやめたのかというと、あなたがとてつもない苦労を負うことになるということが分かったからです。それで、降りきれずに、戻ったのです」


龍:「は、はあ・・・。そんなことがあるんですね。。。」


神:「その機会が一度だけあって、それから今生ではなく、違う生であなたと共に過ごせたら、と今は思っているみたいです」


龍:「ほおーーーっ!それはなんか、嬉しいですね!」


神:「だからと言って、希望を捨てるということは間違っています」


龍:「も、持っときましょうっ!希望!」


神:「とてつもない苦労をする、というのは、健康な状態で生まれてこないので、あなたは残りの人生をその子に全て捧げて生きていかなくてはならない、という試練があるかもしれないということなんです」


龍:「ふむ。。。」


神:「でもその覚悟をして、一緒に笑い、一緒に泣き、ともに成長しあえる魂をそばに呼び寄せたいという強い思いがあれば、もう一度、来てくれるかもしれません」


龍:「おおっ!なんだか、以前mayumomoさんにご質問いただいた記事を思い出しますね。。。ちなみに、mayumomoさんのブログです。」


神:「と、こうは言っていますが、あなたのその強い思いとか、動物達を愛するような
優しい心根があれば、もし生まれてくることができるなら、きっと健康な、あなたを助けてくれるような子どもが授かると思います。そのために、今、この一瞬一瞬が、大事な時となるということを理解して、生きてください」


龍:「今が大切、と・・・」


神:「だんな様をいつものように愛し、今いる動物であり、あなたの子ども達である
小さな魂を育み、家族全員で笑顔いっぱいの時間を過ごせば、それはそれで上にいるあなた達の子は喜びます」


龍:「謳歌しましょうっ!」


神:「どちらを選ぶにしても、あなたの『まつろわない魂』は、磨かれて浄化されますので心を沈めて、安心して、生活していってください


龍:「まつろわぬ???」


※まつろわぬ、とは服従しない、という意味らしいです。。。 


神:「さて、『子は宝』と言いますが、あなたの神様は、そんなあなたが宝だといっています」


龍:「う、美しいっ!!!」


神:「その宝に集う宝たちを、今一度じっくり眺めてください」


龍:「マリマリンさんのそばにいる魂たちですね!」


神:「そして、



輝きに共鳴して輝いている光を、

受け取ってあげてください。

それがよき方向にいく手助けとなるでしょう」




---


以上です。


マリマリンさん、いかがだったでしょうか?


かなり驚かれたかもしれませんね。。。


でも、上の世界で、お子様の魂が待っていてくれるとのことですし、なんか僕的にはすっごく嬉しかったです。


今の世界を愛し、楽しみ抜いて、素敵な将来を作っていってくださいね!



これは宝物だ、と思っている人間が宝物・・・ ニコニコ
そんなことを言ってくれる神様がまた人間の宝物ですね!ラブラブ!



さて、次回の神様ホットラインは、「ダガ」さんから頂いた、「家相・風水において、犬の場所はどこがいいでしょうか?」というご質問です。ダガさん、次回をお待ちくださいね!


---



(コメント、なかなかレスできなくてごめんなさい!でも全部、毎日拝見して喜んでいます!!!皆様の声が、更新の励みです!ありがとうございます!)




※このブログへのリンクやご紹介は大歓迎です!また、記事の引用や転載もご自由にどうぞ!私への申請や報告なども、特にしていただく必要はございません。できましたら、このブログを公共のものと思っていただき、一人でも多くの方々に広められたら、こんなに嬉しいことはございません。

AD