神様への質問を公開でお答えする、【ドキドキ神様ほっとラインドキドキ 】。本日のご質問は「MIYO」さんからです。では、まず、ご質問の内容です。(MIYOさん、ご投稿ありがとうございます!)

---------------


MIYOといいます。いつも有難く拝見しています。

私は昔から動物が好きで、ずっとペットを飼っています。犬も猫もハムスターもいます。

神様にお聞きしたいのですが、動物には魂がありますか?

私は、あるような気がしてなりません。どうぞよろしくお願いします。


------------------


龍:「ああ、僕も動物、特に猫ちゃんが好きです! 動物に魂があるのかどうか。。。すっごいナイスな質問かと~!」

神:「はい。素晴らしい質問をありがとうございます、MIYOさん。では、結論から申し上げますと、

動物に魂は、あります


龍:「おおお~~~! なんか、嬉しい! えっと、だから、僕のペットにもあるんですね? 魂が」

神:「あります。人間と同じく、ペットも、あなたに会いたくて、あなたの家に宿ったと思ってください」

龍:「うわ! そうなんですか?」

神:「そう。でも、ペットはしゃべれません。だから、ペットの魂の声を聞こうとしてください」

龍:「魂の声。。。どうやって?」

神:「撫でてあげてください。やさしく、愛情を持って。できれば、頭を。どんな動物も同じく、目の上に、発信場所があります」

龍:「発信???」

神:「目の上をゆっくりゆっくり、やさしく撫でると、ふあーんと、出てきます」

龍:「魂が?」

神:「ペットが持っている、あなたへの愛情です。これは人間も同じです。手を触れると、愛情が出てくるのです。ただ目で見るだけでなく、実際に、触れてあげてください。そして、出てきたものを、あなたの中に入れるのです」

龍:「ど、どうやって???」

神:「私も愛してるよ、と思うだけで結構です。以前もお話しましたが、宇宙の理(ことわり)があります。頂いたものは、感謝して使い、そして返すのです。愛情も同じです」

→もらったものは感謝して使い、返す理論はこちらです


龍:「なるほどー・・・。ペットにもらった愛情を、ペットに返すんですね。愛情のキャッチボールというか」

神:「そのとおりです。そしてその愛情交換は、ほんの一瞬でできることです。繰り返しますが、人間も同じです。それを、愛撫(あいぶ)と呼ぶのです」

龍:「ああ、なんか、納得です・・・」

神:「そして、魂を持つ動物であるということは、単に、かわいがり、遊ぶだけのオモチャではない、ということです。ペットは、あなたに何かを伝えようとして、一緒にいます。ぜひ、その声を、聞いてあげてください」

龍:「なるほど・・・」

神:「人間と同じように、ペットも飼い主に対し、さまざまな感情や愛情があります。ですから、

ペットの心をもてあそぶようなことは、しないでほしいのです

つまり、責任を持って、死ぬまで、そのペットを飼い続けてあげること。それが人間にとって、大切なことになるのです」

龍:「えっと、途中で捨てたら、どうなるんですか???」

神:「捨てた人間の魂が、しぼみます」

龍:「えええっ???」

神:「魂を風船だと思ってください。ペットをもてあそび、捨てるようなことをすると、その魂がしぼんでしまいます。そして、それを元に戻すのには、時間がかかってしまうのです」

龍:「こ、こわあ~~~・・・」

神:「脅すようなことは言いたくないのですが、今、そういったことが、人間界で非常に多く、神々も危惧をしているところだったのです。この質問を機に、くれぐれもお伝えしたいことは、

あなたに繋がった魂を、引き離すようなことは、しないでください

ということです。どうか皆さん、お願いします」


以上です。ペットを捨てる行為。最近増えているということですが、僕も気をつけて、愛情深く、付き合っていこうと思いました。MIYOさんも、愛情のキャッチボール、続けてくださいね! タイムリー(?)なご質問、ありがとうございました!

明日は、「どうしたら人を愛し、感謝し、憎しみを消せますか?(Yさんからのご質問)」をお伝えしていきます!


嬉しいニュース!「やどかりたぬき」さんが、このブログを大きく紹介してくれました! 人のブログでご紹介いただいたのは初めて、だと思います(そうじゃなかったらすいません!)たぬさん、いつもあたたかい応援、ありがとうございます! ますます、がんばっちゃいます!!! ドキドキドキドキドキドキ皆様もぜひぜひ、訪れてみてくださいね!

→たぬさんの優しさが伝わるブログです。


感想のコメント、心よりお待ちしております(*^▽^*)

AD