私的PORTRAIT専科

イベント等でお見掛けした方々の私的記録です。


テーマ:

11月上旬に東京ビッグサイトで開催された東京モーターショー2015にて。
高橋 咲さん=豊田自動織機ブース。




高橋咲さん


豊田自動織機さんはトヨタグループの創始者が発明した画期的な製品が出発点。
豊田佐吉が発明・完成した自動織機の製造・販売を目的として、1926年に創立され、
その後、繊維機械、自動車(車両、エンジン、カーエアコン用コンプレッサーほか)、
産業車両、エレクトロニクス、物流等、多角化路線によって事業領域を拡大しました。
生産拠点は国内に留まらず、ヨーロッパ、北米、アジア(中国やインド)に幅広く展開し、
販売ネットワークは産業車両や繊維機械を中心に全世界を網羅するに至っています。
トヨタグループを語る上で欠かせない、原点としての存在感も放っているようです。


豊田自動織機


今回は「Be Innovative 環境技術力で、もっといい未来へ」を出展テーマに、
クルマ社会の課題に応える最先端の環境技術を中心に様々な技術・システムを紹介。
新型「プリウス」向けの電動コンプレッサー・4DC-DCコンバーター・各種インバーター、
「ランドクルーザー プラド」向けのGDエンジン・同エンジン搭載のターボチャージャー、
それ以外では、燃料電池車(FCV)用の各種製品、カーエアコン用コンプレッサーや、
この秋に発売したPHV・EV用新型充電スタンド、意匠性を高めた多機能樹脂ルーフ等、
トヨタ製車種向けの最新駆動装置や様々な自動車関連製品を数多く展示していました。
ブース内には、同社では初となる実車サイズの「スケルトンモデルカー」も展示されて、
同社製品の装着場所や機能について、より分かりやすく具体的に紹介していました。



高橋咲さん


前回は、東ホールの出入口に近い壁面沿いの立地に合わせたブース構成でしたが、
各面が通路に面した出展位置の今回は、基本構造や展示構成が若干変わった感じ。


豊田自動織機


豊田自動織機

豊田自動織機

豊田自動織機


前回は横に長いスペースで構成していましたが、今回は各面のバランスを取っていて、
ホールに入って来た来場者達の目に最も触れやすい位置にプレゼンステージを設置。
そのプレゼンで来場者達の足を止めて、ブース内へと動員する流れを作っていました。
ロゴに関しては、これまで「TOYOTA」の英文字ロゴの存在感が大きかったようですが、
今回は漢字の社名ロゴもそれなりに目を惹く配置になって、自分的には分かりやすく、
(前回は「豊田自動織機」さんと「豊田合成」さんのブースを混同していた記憶が・・・)
トヨタグループの部品メーカーさんが多数出展している中で、識別しやすくなりました。



高橋咲さん


高橋さん達は、オーソドックスなコンパニオン業務に加えてプレゼンにも登場。
他のブースではあまり目にしない演出で、どなたがいらっしゃるかも把握できました。
一方、プレゼン時間以外は、ブース周りや受付に幅広く配置されていて撮影しやすく、
その時の立ち位置次第で、背景に入るロゴや展示が少なからず違う写真が撮れました。
前回のユニフォームは、サッパリした女性らしさを感じるワンピーススカートスタイルで、
高橋さん達のユニフォームは、ちょっとユニークなフォルムの、展示会らしいデザイン。
(自分の拙い説明では伝わり辛いので、前回のユニフォーム姿の記事は→こちら
ロングブーツがニーハイまで延びる等、今回のデザインに合わせてアレンジが加わり、
部品メーカーブースに漂う或る種の無機質感に、自然に馴染んで見えるデザインです。

そんなユニフォーム姿のアクセントとなっていたのが高橋さんご本人のヘアアレンジで、
ゲームショウ(→こちら )でお見掛けした時の高橋さんとは、少なからず異なるイメージ。

豊田自動織機さんでは、モーターショー=髪色を黒く!というルールは無かったらしく、

高橋さんの明るい髪色やアレンジで、それなりに自由度が高かった様子が窺えました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。