私的PORTRAIT専科

イベント等でお見掛けした方々の私的記録です。

NEW !
テーマ:

2月下旬にパシフィコ横浜で開催されたシーピープラス2017にて。
葉月のりさん=Adobeブース。





カメラがフィルムのみ対応だった時代は専門のラボで写真にする必要があり、
いわゆるDPE(現像・焼付・引伸ばし)と呼ばれる一連の工程を経てプリント化。
それがデジタル化で一変して写真を「画像」として処理・保存できるようになり、
プロユースから気軽な加工まで様々な専用ソフト(アプリ)も用意されています。



アドビシステムズさんは高度な画像処理が可能な様々なソフトを開発・販売。
「Illustrator」や「PhotoShop」は世界中のクリエイターが愛用している定番で、
画像の処理という表現に留まらない「作品」作りに欠かせないツールと言えます。
CP+でも毎年お見掛けしていた気がしていますが、今回の出展が十年振りとの事。
(十年前はCP+ではなかったので、前身であるPIE時代以来の出展という意味の筈)
今回の出展では「Lightroom」や「Photoshop」の活用方法をセミナーを中心に紹介。
加えて、同社のエヴァンジェリストとして有名なジュリアン・コストさんも来日して参加。
(アドビ製品の紹介ビデオ=学習コンテンツに出演している女性として有名です)
他の大手メーカーブースとは一味違った、アカデミックな雰囲気が漂っていました。




出展ブースはセミナー用のステージと観覧席が大部分を占めるシンプルな構成。
ステージと背景の壁面を黒、それ以外の部分に白も交えてコントラストを付けて、
敢えて無機質な雰囲気が漂う空間造りに徹する事でアカデミックな雰囲気を演出。



ブースの左右側面に展示コーナーを設けて、同社製品や仕上がり見本等を展示。
(写真を楽しむ為のCreative Cloudプラン(月額980円)等を紹介していました)
本格的に写真に取り組んでいる来場者であれば最低限の情報を把握している筈で、
リアルの機会だからこそ得られる知識や情報を重視していたが伝わる光景でした。
セミナーの開催中は、メイン通路沿いまで観覧者達が溢れるぐらいの盛況振りで、
ブース全体のデザイン・構成の妙が伝わるきれいな写真を残す事ができず残念…。
それでも、アドビさんのブースを目にする機会が少ない現在、レアな記録かも。




メイン通路沿いには呼び込みを担当するコンパニオンさん達が常時数名ずつ常駐。
セミナーがメインなので、それ以外のコーナーを含めて極めてシンプルな運営で、
葉月さん達のユニフォームもコンパニオンさんであるのが一目で分かるデザイン。
ブース全体のイメージに合わせて、それを損なわないような控えめなデザインで、
セミナーで大混雑したブースに初めて足を運んだ際は、葉月さん達に気付かず…。
言い替えれば、そのぐらいセミナーに特化して割り切った運営に徹していたので、
目的意識をはっきり持ってブースを訪れた来場者達にとって居心地が良かった筈。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月中旬に幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2016にて。
島村 遥さん=ワーナーミュージック・ジャパンブース。





ワーナーは欧米を代表するエンタテイメントコングロマリットの一つで、
日本法人は大手芸能事務所の渡辺プロダクション等が出資して1970年に設立。
同グループがマネジメントする海外アーティストのヒット作・話題作に加えて、
渡辺プロ在籍歌手を中心に日本のアーティストも同社の売り上げに大きく寄与。
その後、本国の資本が様々な変遷を経た後もワーナーブランドを一貫して掲げ、
(現在は、タイムワーナー社から音楽部門が分離して存続しているようです)
洋楽・邦楽・クラシック、それらから派生するゲーム・アニメ音楽を幅広く手掛けて、
エンタメコンテンツとコラボしたプロモーションの機会も増えているようです。



ゲームショウ開催に先立ち、謎のカウントダンサイトを設けて話題性を高めつつ、
出展ブースでは大手ゲームメーカーの話題作とコラボした各種プロジェクトを紹介。
バンダイナムコさんとコラボした音楽公演「テイルズ オブ オーケストラコンサート」、
コロプラさんの人気ゲーム「白猫プロジェクト」のキャラクターソングプロジェクト等、
同社の事業領域である音楽をゲームを通じて収益化する方法が幾つか提示され、
一般来場者はもちろん、ゲーム関係者にとっても興味深い出展内容が多かった筈。
そして、ゲームショウの直前に、謎のカウントダウンサイトの正体を大々的に公表。
「SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語」というタイトルの完全新作で、
音楽とストーリーが融合する新たな形のエンターテインメントファンタジー作品です。
結果的に、今回の出展ブースはそのお披露目の舞台という趣きになりました。




厳密に言えば異業種ですが、同じエンタメ系のコンテンツを手掛ける一社。
ゲームと他のエンタメコンテンツ(アニメや音楽等)がボーダーレス化する中、
ブースの構成や演出を異なる展示会・イベントで共有できる環境になっていて、
(例えば、ジャンヌフェスタとアニメジャパンで共有するというイメージ)
今回のワーナーミュージックさんのブースもその点で汎用性が高いと言えそう。



ゲームショウでは中規模ですが、一般的な展示会なら充分に目を惹くブース。
(主要ゲームメーカーの超大型ブースから離れていた事も幸いだったかも)
頭上にタイトルを掲げる為、トラス(金属製の支柱)をアーチのように組んで、
「SHADOW OF LAFFANDOR ~」のイラストが独特の雰囲気を生み出していました。
ゲームの試遊は無く、大型映像ディスプレイやキャラ達の等身大POPで構成され、
ゲームというよりも(アニメジャパン等で目にする)アニメのPRブースのような印象。
裏側にも紹介コーナーを設けて、先ずはキャラを浸透させる戦略のようです。




ブース前では、キャラに扮した4名のコスプレイヤーさん達が華を添えました。
「SHADOW OF LAFFANDOR ~」のヒロイン達の筈ですが、厳密な再現ではなく、
来場者達に作品の世界観を喚起させるイメージアイコンという感じでしょうか。



ちなみに同作の概要は、こんな感じ。
光と影という2種族が1つになる事で人が生まれたラファンドール国が舞台。
主人公の少年「リエン」は、さびれた村で妹と母と一緒に暮らしていましたが、
突如、村が何者かに襲われ、逃げ込んだ森の中で妹の「トレスタ」が重い病に。
「リエン」はフォージュと呼ばれるその病から妹を救うべく、冒険の旅に出ます。


 


おそらく、島村さんが扮していたキャラは、その妹の「トレスタ」だと思います。
オリジナルイラストが、或る種の曖昧さを感じさせる独特の筆致で描かれていて、
それをリアル世界のコスプレで表現する際は「中の人」の個性が大きなポイント。
タレントとして活動中の島村さんは、明るい「トレスタ」という感じでしょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月下旬にパシフィコ横浜で開催されたシーピープラス2017にて。
高橋舞衣さん=Panasonicブース。





日本を代表する総合家電メーカーのパナソニックさんが力を入れているのが、
フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4K」撮影ができるハイエンドデジカメ。
その動画機能を使って決定的瞬間を800万画素の静止画に切り出す「4Kフォト」が、
アマチュアからプロまで幅広いユーザーの支持を獲得してシェアを伸ばしています。
スマホのカメラ機能が充実した結果、写真を撮って楽しむ需要は右肩上がりな一方、
カメラメーカーが得意にして来たコンパクトデジカメのシェアが大幅に落ち込む中、
最新テクノロジーを組み込んだハイエンド機が同社のカメラ事業を左右しそうです。



今回の出展では、4K動画機能を使って新たに提唱する「6K PHOTO」についても紹介。
それを実現した最新ハイエンドモデル「LUMIX GH5」を大きく採り上げた構成でした。
(発売は3月下旬予定でしたが、本格的な撮影環境でいち早く試せる機会でした)
タッチ&トライコーナーの横には「GH5」に関する技術説明や内部パーツが展示されて、
「空間認識AF」や「Dual I.S.2」といった同カメラに搭載されたテクノロジーを詳しく解説。
様々な試写用被写体も用意して「GH5」に掛ける意気込みが伝わって来る内容でした。




出展ブースは、大規模な出展スペース全体が広々と見渡せる開放的な空間構成。
ブースの外周に沿って、細めのトラス(金属製の支柱)でシンプルに枠取りを組んで、
メイン通路からブース全体をパッと見た時に、空間を遮る要素を極力減らしています。



ブースのど真ん中に、女性モデルさん達が被写体として立つ体験コーナーを展開。
カメラの実機がタッチ&トライ用を兼ねて体験コーナーの周囲に展示されると同時に、
「LUMIX」シリーズや交換レンズのラインナップ、技術の紹介等をバランス良く配置。
全体を見渡すと、大手カメラメーカーのオーソドックスな出展構成の見本的な展開で、
過去数年の出展風景に相通じた雰囲気が、パナソニックさんらしさとも言えそうです。
モデルさん達が立つステージは写真がきれいに撮れるように照明をふんだんに使い、
ステージを中心に、ブースが明るく浮かび上がるような演出効果にもなっていました。




女性モデルさん達がステージで被写体役を務めるタッチ&トライは昨年同様ながら、
昨年まで行われた、MCさんの進行を交えたプレゼンテーションは無くなっていました。
その分、女性モデルさん達がローテーションを交えながらほぼ終日ステージに立って、
タッチ&トライの待機列も、他社ブースに比べると若干緩やかだったと記憶しています。
モデルさんは高橋さんを含めて4名で、いずれもポートレートモデルさんらしいコーデ。
頭上のバルーン装飾を背景に撮らせて頂くと、何となくスタジオ撮影っぽい雰囲気で、
ポートレート撮影の雰囲気に触れてみたい来場者達にとって絶好の機会になった筈。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月上旬に幕張メッセで開催された東京オートサロン2017にて。
来栖ちえみさん=ANY'S INTERNATIONALブース。





幕張メッセ全館を使った国内最大クラスの展示会である東京オートサロンでは、
中小規模の出展社さんが果たしてどんなポジションか把握し難い場合も数多く、
オートサロンが始まった当初の、雑然とした活気が色濃く漂っているという点で、
むしろ、そうした企業のブースが集まる一郭が最もオートサロンらしい雰囲気かも。
2013年から加わった北ホールで言えば、ホール11の端あたりがそんな雰囲気で、
各種パーツの輸入・卸販売を手掛けるANY'S INTERNATIONALさんもそこに出展。
同社の公式サイトを見ると今回の出展では6つのブランドの製品を紹介していて、
(試しに挙げてみると「HERBART RICHTER」「EZLIP」「MAGMOD」「TETRAX」等)
一般のカーオーナーよりも、カスタマイザーとの繋がりが強い一社という感じ。
オートサロンへの出展は、関西がメインの同社にとって貴重な機会なのかも。




エニーズさんが出展していたエリアは1~3小間ぐらいのブースが集まっていて、
事務局が用意したユニット式のシステムパネルで組んだブースが並んでいました。
(殆どの展示会でパッケージ化した出展ブースを用意して便宜を図っています)



エニーズさんの場合もパッケージを上手く活用しつつ、デモカーもしっかり展示。
クルマに全く無知なのでネットで調べてみると「BMW 640i グランクーペ」との事。
エニーズさんのような1小間ブースでも、ブース前に1台展示できるスペースがあり、
(と言うより、むしろ1台展示できるスペースにブースが付いているという感じ)
高級車種をカスタマイズした多彩なデモカーがホール内に並んでいる光景は圧巻。
間近で見られる一方、車両をかなり詰め込んでいる上に終日大混雑しているので、
じっくり見るというよりも雰囲気を含めて楽しむ…と割り切った方が賢明かも。




小規模なブースが並んでいて大混雑に埋もれがちな出展風景に目を向けさせる為、
カジュアルコーデに身を包んだ来栖さんが展示車両の傍らで華を添えていました。
コンパニオンさんを起用している小規模ブースは少なく、それなりに効果を発揮。
オートサロンではキャンギャルさん達がお約束の一つである事を踏まえた演出で、
エニーズさんのような展示方法であれば、大人しめのコーデが自然に馴染みます。
来栖さんは、昨年の東京ゲームショウでガチなコスプレ姿だったので(→こちら )、
今回は来栖さんご本人のイメージや雰囲気に近い記録を残せて自己満足でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月下旬にパシフィコ横浜で開催されたシーピープラス2017にて。
大塚歩美さん=ハクバ写真産業ブース。





カメラや交換レンズはもちろん、カメラバッグやストラップといった付帯製品も、
プロ~アマチュアまで様々なレベルで写真に取り組む方々に欠かせないアイテム。
実用性・機能性に加えて、ファッション性もモチベーションを高める大きな要素で、
CP+でも、国内外の主要メーカーや知る人ぞ知るブランドがブースを構えています。


ハクバ写真産業さんは、昭和30年に写真用品の卸売・海外貿易を目的に設立され、
海外メジャーブランドの輸入・販売に加えて自社ブランドの様々な製品でも有名。
ほぼすべての付帯製品を手掛けていて、家電量販店に足を運べば必ず目にする筈。
(ブランド名を挙げると「Lowepro」「GOLLA」「OUTDOOR」あたりが有名かも)
CP+でも、付帯製品のブースとしては最大規模のスペースを確保して存在感を発揮。
家電量販店の店頭に足を踏み入れたような、独特の出展風景で毎回お馴染みです。




出展ブースは、ユニット式のトラスで全体の概観を組んだクローズドな構造ですが、
いわゆる壁面ではなく、トラス以外の部分は空間が抜けている為に意外に開放的で、
白いトラスに明るい照明をふんだんに当てている為、気軽に足を運びやすい雰囲気。
トラスがそのまま、様々な製品を展示する展示台と連動している効率の良い構造で、
空間を随所に設けながら、バッグ類を中心に展示がバランス良く共存していました。



一方、コンパニオンさん達をお見掛けしたのは「BKACKRAPID」の展示コーナー。
ブラックラピッドは「Rストラップ」で有名な米国シアトル生まれの付帯用品ブランド。
より快適に機材が携行できて、素早く撮影体勢に入れる斜め掛け式ストラップで、
その卓越した実用性が認められ、現在では世界40ケ国以上で販売されています。
CP+でもハクバさんが力を入れて紹介している一つで、独立したコーナーを設置。
ストラップを掛けたマネキンも交えながら、様々なデザインの製品が展示されて、
来場者達が気軽に手に取って、実際に装着して使い心地を試す事もできました。




大塚さんともう一人のコンパニオンさんは、このストラップコーナーの専属。
基本的に来場者対応でしたが、時間を区切って撮影タイムも設けられていました。
大塚さんは昨年もこちらのコーナーでお見掛けして、何となく既視感を覚える光景。
ただ、ユニフォームは前回の黄色&黒から、今回は白に変わってイメージを一新。
白が基調色のブースを背景にすると、スタイリッシュ感が明るく際立って見えて、
「BLACK RAPID」の英文字サインと共にきれいな全身姿を残せて自己満足でした。



昨年撮らせて頂いた写真を何故かUPしていなかったので、オマケ的に1枚だけUP。

大塚さんご本人の雰囲気を含めて、昨年と今年のユニフォーム姿の違いが伝わる筈。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。