丹波湖巡礼

テーマ:

イクド・ルシェル巡礼

(神体山と拝殿)



出雲大神宮 ※へ行っておりました!


古代丹波の亀岡盆地には、風が吹くと赤色の小波が立つ美しい湖があったらしく、現地に赴いてみますとそれがよくわかります。周りを山に囲まれており、ほんとに美しい土地です。


『※丹波国 ※風土記』には、大国主が丹波から島根(現出雲)に移されたとの記述があり、これはたぶんそうではないかと思いました。元伊勢(内宮・外宮とも)は丹後にありますし丹波湖を巡る地域は怪しくてたまりません。


細部の文化が土佐神社と似ており、丹波湖を開削して水を流したり、その下流に太秦があったりするので、大国主がその開削の神さまとされていますが、出雲とは秦氏が密接に関わった国であったという結論に達しました。



多度大社に行った時も感じたのですが磐倉と水と木。これらを祀っていたのが国栖(クロス)の方たちで、そのグループの半分が融合を目指し、残りの方たちが徹底的にあがなった。これが歴史の真実ではないか、そう感じ、このイクド・ルシェルの物語は始まります。





大国主命の別名が三穂津彦大神・御蔭大神というのは、非常に納得する伝承であり、陽射しの強い今日みたいな日に神体山が陰を作ってくれるとほんとに”おかげさんで”と感じました。


出雲大神宮の神体山は御蔭山とされていました。



六甲山南麓の御影も神功皇后が影を映した伝承がありますし、伊勢参りもお陰参りと言います。


昨日、日吉大社の八王子山山頂から見えました近江富士(三上山)西麓には天之御影命が祀られています。(※御上神社 ※)




イクド・ルシェル巡礼

(宇賀社の向こう側に滝)



つまり、神さまは山のことなんですね(笑)今さら言うことでもないですが。


御饌(みけ) ※は神体山に投げられますから。





イクド・ルシェル巡礼

(磐倉)



∮ copyright(c)∮ Ygg de Le ciel





※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用

AD